ライフ

カルロス・ゴーン名言|成功の秘訣を学べる5つの言葉

Carlos Ghosn visiting Norway
Carlos Ghosn visiting Norway / Elbilforeningen

カルロス・ゴーン。フランスの自動車会社ルノーの取締役会長兼CEOにして、日産自動車の社長兼CEOとして有名ですが、多重国籍を有し、アラビア語とフランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語の5言語に加えて日本語もある程度は話せると言う人物としても知られており、言語や文化についても広く明るい人物です。

そしてこの言語や文化について広く明るいと言うことがカルロス・ゴーンの成功につながった秘訣の一つであると言えます。

そこで今回はカルロス・ゴーンの成功の秘訣を学べるような彼の名言を5つ後紹介したいと思います。

カルロス・ゴーンに学ぶ成功の秘訣に興味ありませんか?

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 【世界名言集】偉人から人生を学ぶ最高のヒントまとめ一覧

視点の多様性の理解

「経営は車の運転と同じで、助手席に座って見ているのと自分が運転するのとでは全然違う。」
カルロス・ゴーンのこの名言は簡単に言えば人の多様性、そしてそれによる視点の多様性があると言うことを言った名言。

「人の気持ちになって考えろ」と誰もが一度は子供のころに教わったことがあると思いますが、これって中々難しいことで自分がなったつもりでいるだけのことが多いです。

それは結局のところ「自分がその人の立場だったら」を考えてしまうからであり、それと「その人がその立場だったら」どう考えたり、どう行動するかを理解するのとは別のことだからです。

そうした国で、人種で、文化で、人それぞれでは違う視点があり、それがあると言うことを理解することこそが真に「相手の気持ちになって考える」ことであり、そうした違う視点があると言うことをしっかりと理解しているだけでも人よりも多くの人に好かれやすくなりますし、違いを理解した上で本当に「相手の気持ちになって考える」ことができたなら多くの力を貸してくれる人が出来ることでしょう。

人は結局のところ一人で出来ることは少ないため、この多くの人の力を貸してもらえると言うことは成功できるかどうかに大きく影響し、この名言で語られた視点の多様性への理解こそがカルロス・ゴーンの成功の秘訣の一つと言えます。

思った答えがもらえないのは自分のせい

「正確な質問をすれば、正確な答えが返ってくる。曖昧な質問をすれば、曖昧な答えしか返ってこない。」
この名言のポイントはこちらのアプローチの仕方しだいで相手のこちらにしてくれることは変わると言うところ。

どうにも要領を得ない答えを返してくる相手に対してイラっっとしたことありませんか?

おそらく誰もが一度ぐらいはこれを体験していると思いますが、それは場合によってはこちらの質問の仕方が悪かった可能性も十分あります。

例えば「夕飯は何が食べたい?」と人に聞いたとき、相手もこの質問をしてきた相手はいったい何が知りたいのかを考えます。

家で何か作るのか?それとも外で何かを食べる選択肢もあるのか?食材の事を聞いてきたのか?具体的な料理を聞いてきたのか?

ざっと思いつくだけでものこ「夕飯は何が食べたい?」と聞いてきたことに対して思いつく疑問はこれだけ考えられますから、それは相手の答えが質問した人の意図とずれることが合っても当たり前。

しかし「夕飯は家で何か作ろうと思うけど、どんな料理が食べたい?」と言う質問ならば選択肢が狭まり、相手の答えが質問した人の欲していた答えに一致する確立が一気に高くなります。

このように相手に不満を抱いたとき、それは相手を自分が思うように誘導できなかった自分側に問題があることってあるのです。

そうした思った答えがもらえないのは自分のせいであると言うことをこの名言は教えてくれます。

行動力を持たせることの大事さ

「「現場力」こそが、企業の生命線なのです。ヒーローである現場の人々を称賛し、勇気づけるのが私の責任と考えます。」
リーダーに求められることって何か?いろいろな答えが返ってくるとは思いますが、カルロス・ゴーンはこの名言で現場で働く人たちのことをやる気にさせることであると言っており、筆者もこの名言には非常に深く共感しました。

自分が下の立場のとき、何かしろと言われてやる気が出る上司・先生・先輩と、そうでない上司・先生・先輩って違った経験はありませんか?またそうしたやる気の出る人から言われたときに出せた結果の方が良いものだった経験はありませんか?

やる気ある人が出した結果の方が良いものが出来るのは当たり前の話であり、何かをする人にとっても、させる人にとってもやる気がある状態をどれほど作り出せるかは重要なこと。

「やる気を出せ」と無責任に相手任せにする人も今の世の中には多いのですが、そうではなく、やる気にさせることこそが上の者としての仕事であり、下になる人はそうした仕事を果たさないような上の者とはあまり縁を待たないことが成功するためのポイントになります。

この名言はそうした成功するための要因であるものがやる気であり、リーダーはそれを与えられるようになることが必要で、従う側もやる気を与えてくれる人を選んで交流することが成功の秘訣だと教えてくれます。

信頼や安心の大事さ

「リーダーはブランドの価値に極めて注意深くなければなりません。企業経営において、ブランドとは「成長の持続可能性」にほかならないからです。」
この名言はブランドが信用されていると言うことが「成長の持続の可能性」であると語った名言。

企業においても、個人においても成功するのに必要なこととは何かと言えば信頼されること、安心されることであると言え、これなくしてはどんなに良い物を作ろうとも、どんなに良いサービスを提供しようとも誰も相手にはしてくれません。

そしてその信頼や安心感を保障するものの一つが所謂ブランドであり、ブランドの価値を信じてもらえる間は企業が成長し続けることが出来るといっても過言ではないと言えるのです。

それは個人においても信頼や安心感を持ってもらい続けることが、成長し続けることでやがて成功すると言うことにつながることを意味しており、信頼や安心をどれほど人に与えることが出来るかが大事であるとこの名言は教えてくれます。

彼だから任せられる、彼女だから大丈夫。

これもある意味その人が作り上げた自分と言うブランドなので大事にしていきましょう。

人を受け入れる姿勢

「国際的に活躍する人の共通点は、自分とは違う人に興味を持ち、共感し、敬意を払う姿勢があるところだ。」
この名言こそが、この記事の最初にお伝えしたようにカルロス・ゴーンの成功の秘訣は言語や文化について広く明るい事だと筆者が思った理由です。

この名言のポイントは簡単に言えばどれほど他人を受け入れることが出来るかと言うことが、成功できるかにつながると語っているところで、その受け入れることが出来る器が大きければ国際的にも活躍できると言うことを教えてくれます。

ちなみになぜ「自分とは違う人に興味を持ち、共感し、敬意を払う姿勢があるところだ。」を「受け入れること」としたのかと言いますと、相手を受け入れる気持ちがまずなければ、興味を持つことも、共感することも、敬意を払う姿勢をとることも出来ないからと言うわけです。

人間は誰もが自分のことを一番に優先するような脳の仕組みを持っており、自分と他人の間には明確な違いを持っていますから、究極言えば家族であろうと親友であろうと他人です。

そしてその他人を受け入れられる範囲が違いが、人の活動領域の違いそのものになる事が殆どです。

例えば家族も受け入れられなければ部屋に引きこもり、家族以外は受け入れられないとなってきたら不登校、知り合い以上は受け入れがたければ人見知りといった具合です。

そして成功のチャンスはその活動領域が広ければ広いほどめぐり合うことが出来るのは誰にでも分かることでしょう。

そのためどれほど他人のことを受け入れることの出来る器があるかどうかが成功する機会の多さを決めており、他人に興味を持ち、共感し、敬意を払う姿勢をどれだけ多くの人に出来るかと言うことが成功の鍵となるとこのカルロス・ゴーンの名言は教えてくれます

カルロス・ゴーンの名言5ついかがだったでしょうか?

好かれる上司のお手本にしたいような思考を持っている方であり、人間としてもそうありたいと思わせるような名言を彼はいくつも残しており、世界で名前が広く知られているのも納得です。

成功者になりたい方は、ぜひこうした世界中でも高い評価の先駆者の考え方などを参考にして欲しいと思います。

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 【世界名言集】偉人から人生を学ぶ最高のヒントまとめ一覧

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたのオーラや生年月日を元に導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!