血液型

【血液型別】機嫌が悪い時はどうなる?!行動パターン&まとめ

血液型,機嫌が悪い
できる限り人には優しくしようと心がけていても、機嫌が悪くなってしまう時ってありますよね。機嫌が悪い時は、どんなに優しい人物であっても、自分本位になってしまうものです。

血液型によっては、機嫌が悪い時にどのような態度をするかに違いが出ますから、機嫌の悪さにも個性が出てきます。血液型ごとの違いを理解しておけば、自分が機嫌が悪くなる時だけでなく、相手の機嫌が悪い時にどうしたら良いかも分かってきます。

今回は、血液型ごとに機嫌が悪いときのパターンとその対処法をご紹介します。







【A型】機嫌が悪い時の行動パターン

A型が機嫌が悪い時の行動パターンは、無言になることです。

A型の人は、神経質な人物です。小さなことにも気が付くため、人間関係でストレスを抱えやすいタイプです。機嫌が悪くなると、誰にも合わせずピリピリしてしまうようになるでしょう。黙り始めたら、注意が必要です。

【A型】機嫌が悪い時の対処法

A型が機嫌が悪い時の対処法は、話を聞いてあげることが大切です。

A型の人は、不満を抱えこみやすい性質を持っています。A型の人が黙り込んでしまったらストレスを抱えているサインですから、話を聞き出してあげましょう。話しているうちに機嫌が直ります。

【B型】機嫌が悪い時の行動パターン

B型が機嫌が悪い時の行動パターンは、わがままになることです。

B型の人は、マイペースな人物です。元々周りに合わせることが苦手ですが、普段は努力を重ねています。そんなB型の人だからこそ、機嫌が悪くなると周りに合わせたり気を遣ったりすることができなくなってしまいますから、わがままになるでしょう。

【B型】機嫌が悪い時の対処法

B型が機嫌が悪い時の対処法は、甘やかしてあげることが大切です。

B型の人は、不機嫌になると子供っぽい一面を覗かせます。わがままな振る舞いに「幼稚だな」と呆れてしまっても、子供扱いをするように甘やかしてあげましょう。すぐに機嫌を直してくれるはずですよ。

【O型】機嫌が悪い時の行動パターン

O型が機嫌が悪い時の行動パターンは、大雑把になることです。

O型の人は、おおらかな人物です。おおらかでどのようなことでも受け入れるO型ですが、不機嫌になると元々の性質が悪く現れてしまいます。極端に大雑把になったら、O型の相手の機嫌が悪くなっている証拠です。

【O型】機嫌が悪い時の対処法

O型が機嫌が悪い時の対処法は、優しくしてあげることが大切です。

O型の人は、誰に対しても優しくしようとします。自分ばかりが優しくして、相手から優しくしてもらえないことを不満に思っていることもあります。優しく関わってあげることで、機嫌を直してくれるでしょう。

【AB型】機嫌が悪い時の行動パターン

AB型が機嫌が悪い時の行動パターンは、気まぐれになることです。

AB型の人は、二面性の激しい人物です。普段は相手に合わせたり親切に振る舞ったりしていても、クールな一面を隠し持っているタイプです。機嫌が悪い時は人に気遣うことが嫌になり、急に冷たくなってしまうなど気まぐれな態度をとってしまいます。

【AB型】機嫌が悪い時の対処法

AB型が機嫌が悪い時の対処法は、そっとしておくことが大切です。

AB型の人は、自分の時間を大切にする傾向を持ちます。機嫌が悪い時は無理に話をしようとするのではなく、放置してあげることが正解です。一人で自分の機嫌を直して戻ってきてくれるはずですよ。

まとめ

機嫌が悪い時は、なんらかの問題を抱えている時でもあります。自分が機嫌が悪くなってしまった時は、まず自分が抱えている問題を解決することを優先しましょう。相手の機嫌が悪い場合は、相手がどんな問題を抱えているのかを考えてあげると、機嫌を直す方法が分かるはずですよ。

血液型問わず、普段から自分にも相手にも優しくできるように心掛けて、自分も相手も機嫌良くいられるように対策を練って良い環境を整えてあげることが大切ですよ。

▶︎血液型のまとめ一覧ページはこちら




ABOUT ME
Written by Bluestar.
2018年から占い師兼カウンセラーとして活動をはじめる。2020年からは占いや心理学の知識を生かしたライターとしてもお仕事をいただくようになり、いくつかのメディアで心理テストや占い記事を執筆。好きな星はシリウス、好きな花はブルースター、好きな猫は実家の猫ちゃん。心理学と占いという「好き」を仕事にして休日も占いの勉強と心理学の勉強をしてしまうため実質365日休みがない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)