占い

血液型別の恋愛傾向で好きな相手にアプローチする4つのポイント

血液型別の恋愛傾向で好きな相手にアプローチする4つのポイント

恋愛において最も大切なことは何かと言うとやはり相手と結ばれることであり、そのためには相手の恋愛傾向を踏まえて行動することが大事。

そこで今回は血液型別にあるとされる恋愛傾向を利用した相手に対する効果的なアプローチのポイントをご紹介いたします。

相手の恋愛傾向に合わせた攻略ポイントに興味ございませんか?

相手は頼りたい派か、頼られたい派か?

血液型別恋愛傾向でまず大きな分かれ道となるのがこの「頼りたい派か、頼られたい派か?」と言うこと。

これが押さえられないと例えば相手が頼りたい派なのに自分が甘えると「ダメな人だ」と評価が下がりますし、頼られたい派の人の前で頑張りすぎると「可愛げがない」と評価が下がります。

どっちでもない自由を求めるタイプというのも厳密に言うと頼りたいか、頼られたいかのどちらかの嗜好を持っており、内心では頼って欲しいとか、自分が困った時は頼りにさせて欲しいと言う気持ちがあります。

それぞれの血液型出見られる傾向ごとに大雑把に分けると

A型は分かりやすい警戒心が強い、慎重派の頼りたい派で年上好き

B型もマイペースで自由が好きと見せかけて、その実態はお母さんがいるから安心して好き勝手する子供のようなもので年上好き

O型は分かりやすい親分肌、姉御肌が多い頼られたい派の年下好き

AB型はあまり他人に興味を持っていないように見えますが、自分を頼ってきてくれる人に甘くなりがちな頼られたい派の年下好きが多いと言えます。

そのため血液型別恋愛傾向でのそれぞれのアプローチポイントは頼りたい派には「格好つける」、頼られたい派には「甘える」が基本方針だと言えます。

相手は理論派か感情派か?

血液型別恋愛傾向で結構如実に出るものの一つが「理論派か感情派か?」ということであり、恋愛で相手を攻略するのにこのことは非常に大事。

これが押さえられないと例えば理論的な人に「あなたの雰囲気が好き」なんて言うと「あぁ、特に好きなところとかないのか」と思われやすくなりますし、感情的な人に具体的に「こういうことが出来るとか流石ですね」とその人を褒めたつもりが「こういうことが出来るのはこの人にとって凄いことなのか」と自分を褒めたのだと思われにくかったりするのです。

これを踏まえてそれぞれの血液型で見られる傾向ごとに大雑把に分けると

A型は物事の形式に拘り、目の前の結果を求める理論派

B型は物事の経験を好み、「やる」ということを求める感情派

O型は物事の最終的な結果に拘るやや革新的な理論派

AB型は物事の変化を好み、「知る」ということを求める感情派が多いと言えます。

そのため血液型別恋愛傾向でのそれぞれのアプローチポイントは、理論派には出来るだけ理論的に物事を話したり、理由や動機をはっきりさせたりすることが、感情派には気持ちや感情を語ったり、行動で見せたりしてあげることが最も相手に効果的な好印象を与える方法になるのです。

もちろん必ず毎回そうだとは限りませんから常にどちらか一方だけではいけませんが、基本方針をそのどちらかにしておいて、相手の反応がよろしくない時逆で攻める形が好ましいです。

相手は集団的か、個人的か?

生き物と言うのは生まれた段階で、その生き物が最も最適な生き方をするように生きようとするものです。

例えばライオンや狼なら群れをつくり、トラや猫なら自分だけの縄張りを作ります。

では人間はどうなのかといいますと、適応能力のあまりの高さからちょっと変わっていて、育つ環境など様々な要因で群れの一員となろうとしやすくなるか、個として自分を確立しようとするかが変わってきます。

これは人間らしく表現しなおすと、集団主義的か、個人主義的かという表現が出来、血液型別でこれを大雑把に分けるとA型とO型は集団主義的人が多く、B型とAB型は個人主義的な人が多いと言われています。

このどちらかであるかと言うのは恋愛において結構重要。

例えば集団主義的な人に「相手の自由を尊重しよう」と思い、お互いのやりたいことをそれぞれを優先させていると「冷たい」と思われやすく、個人主義的な人に「一緒に出来るだけ過ごすことが相手も喜ぶだろう」と思い、一緒に何かをしようとしたり予定を合わせると「めんどくさい奴だ」と思われやすいと言えるのです。

そのため相手の普段からの行動を見て集団主義的なのか個人主義的なのかを判断し、自分が個人主義的で、集団的主義的ならば自分が「ちょっと近いか?」と思うぐらいの距離を、自分が集団主義的で、相手が個人主義的な人ならば自分が「ちょっと遠いか?」と思うぐらいの距離をとるのがうまくいく距離のとり方として基本となります。

相手は変化を望むか嫌うか?

恋愛において「変化」と言うと否定的な意味も、肯定的な意味もあるわけですが、血液型別でこのどっちと思いやすいのかが違うと言われており、このことは恋愛において非常に重要。

物事を悲観的に捉える人は「変化」と言うと「後退する」、あるいは「悪くなる」と捕らえやすく、楽観的な人は「変化」と言うと「前進する」あるいは「良くなる」と捕らえやすいように、変わったと言うことをどう捕らえるかが違うということは良かれとしたことが逆効果になるということ。

例えば変化を否定的に捕らえる人には、相手に好かれるため、あるいは意識してもらうために髪型やファッションを相手の好みに合わせてみたのに、「今までのほうが良い」と言われやすいですが、逆に変化を望む人にはこうした行動は「それも良い」とか「そっちのほうが良い」と言う人が多いです。

逆にいつまでも変わらないようにしようと努力していても変化を好む人からは「つまらない」と思われやすく、興味を失われやすいですし、変化を嫌う人にはこの姿勢こそが好まれます。

このように変化をどう捉えやすいかが恋愛においては結構重要でして血液型別の変化への捕らえ方の傾向を知っておくと恋愛において有利です。

ちなみに大雑把ですがそれぞれ

A型はかなりの保守派であり、現状維持を好むため変化を嫌う

B型は行動派であり、どちらかと言うと「行動=変化が起こる」ということが多いため変化を好む

O型は比較的保守的であり、堅実なことを好むためあまり変化に肯定的ではない

AB型は革新派であり、ストレートに変化を好む

と言う傾向があると言えます。

B型O型についてはそこまで深く考えなくてもいいのですが、問題はA型とAB型。

両極端に位置するために相手の機を引くための行動が、相手の趣向から外れ、裏目に出易いところがあるのを覚えておくと恋愛で多少有利に立ち回れます。

ちなみに大きなお世話かもしれませんが、人間は非常に高い学習能力を持っているために恋愛においても、昔は感動的なことや新鮮だったことでもだんだん「普通なこと」へとなっていくものですから、最低でも現状維持をするためには少しずつお互いにすること、してあげることを向上させていくと非常にお互いが仲良くやっていくことが出来ます。

まとめ

血液型別恋愛傾向で押さえておきたい4つのポイントいかがだったでしょうか?

比較的言われてみると当たり前のことでも、意識しないと考えもしないことが多かったのではないかと思います。

もちろん血液型が一致するからといって必ず今回ご紹介した特徴に当てはまるとも限りませんが、相手を観察し、自分を知ることで応用には使えますので是非参考にしてみてください。

血液型
【血液型のまとめ】性格や特徴・相性・適職など総合的パターン 血液型といえば、それぞれの性格に特徴があり、初対面での話題でも盛り上がる内容の1つです。今回は典型的だけでない血液型の特徴をまとめて...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたのオーラや生年月日を元に導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!