心理テスト

【気分転換診断】あなたにピッタリなリフレッシュ法とは?

気分転換,診断
なんだかちょっと、調子が出ない。そんなとき、あなたはリフレッシュを必要としているのかもしれません。自分に合った気分転換の仕方がわかれば、ストレスに上手に対応できるのではないでしょうか。潜在意識から、あなたが求めている気分転換法を探ってみませんか。

気分転換診断では、あなたに合ったリフレッシュ法がわかります。

“【診断テスト】”

想像してください。

部屋を掃除していたら、古いアルバムが出てきました。子どもの頃の写真を眺めていると、当時のことを鮮明に思い出していきます。心の中だけ、タイムスリップしてしまったように。

一度だけ子どもの頃に戻れるとしたら、あなたは何をしたいと思いますか。

あまり深く考えず、直感で選んでみてくださいね。

  • A:秘密基地作り
  • B:タイムカプセルを埋める
  • C:やりたかった習い事をする
  • D:冒険する






A:秘密基地作りと答えたあなた

Aと答えたあなたにピッタリの気分転換法は、「あえて何もしない」です。

「秘密基地作り」を選んだあなたは、人間関係のもやもやを抱えているのかもしれません。

ストレスの大半は、人間関係にあるものです。あなたのストレスの根本の原因は、無意識に人と自分を比べてしまっていることにありそうです。

意図的に、ひとりの時間を作ってみましょう。家の中で、あなたが一番好きな場所はどこですか。そこで何もせず、くつろぎましょう。できたら、スマホは短時間でもお休みすると効果的。

人との関わり合いを極力なくして、自分だけの時間を楽しんでください。何もしない時間は、頭を空っぽにしてくれます。「明日できることは明日やろう」くらいの気持ちでOK。

何もしない時間を楽しんで、リフレッシュしてみてくださいね。

B:タイムカプセルを埋めると答えたあなた

Bと答えたあなたにピッタリの気分転換法は、「体を動かす」です。

「タイムカプセルを埋める」を選んだあなたは、やる気が出ないことにストレスを感じているのかもしれません。

タイムカプセルは、過去、現在、未来をつなぐ象徴。未来へ向かって現在行動をしたいのに、なぜかやる気スイッチが見つからない……。あなたのストレスの根本の原因は、失敗への恐れがありそうです。恐れは、心の中のもやもやを作り出します。

体を動かして、汗を流してスッキリしましょう。運動には、ため込んだストレスを汗と一緒に外側へと流す効果があります。何も考えず、ただ体を動かして、ネガティブなものを外に出しちゃいましょう。家の中でもできるエクササイズはたくさんあります。大切なのは、体を動かすことです!

楽しんで運動をして、リフレッシュをしてみてくださいね。

C:やりたかった習い事をすると答えたあなた

Cと答えたあなたにピッタリの気分転換法は、「掃除をする」です。

「やりたかった習い事をする」を選んだあなたは、やりたいことがやれないストレスを抱えているのかもしれません。

あなたのストレスの根本の原因は、心の中のもやもやにあるのかも。だから、思うように行動できないジレンマを抱えているのでしょう。

心の中をお掃除しちゃいましょう。まずは、部屋のお掃除が効果的。掃除は、「動く瞑想」の一種です。あなたにヒーリング的な効果をもたらしてくれるでしょう。

オススメは、1日1箇所だけ丁寧に掃除することです。引き出しの中、キッチン、玄関、トイレ……。完璧にやろうとしなくてOK。仕上げにお気に入りのアロマスプレーをする、新しいインテリアを飾るなど、掃除に楽しさを見出せるといいですね。ひとつ片付け終わるごとに、心の中がスッキリとリフレッシュするはずです。

ぜひ、掃除を楽しみながら気分転換してみてくださいね。

D:冒険すると答えたあなた

Dと答えたあなたにピッタリの気分転換法は、「新しい趣味を作る」です。

「冒険する」を選んだあなたは、新しいことをやりたくてウズウズしているようです。

ですが、完璧主義が災いして、なかなかスタートが切れないのかもしれません。あなたは無意識に、何かはじめるときには自分自身に高いハードルを課しているのかも。「きちんと準備をして」「完璧なスタートを切ろう」なんて、思っていませんか。

あなたにとって最高の気分転換になるのは、気軽にはじめられる楽しいこと。行き詰まったときに全く別の楽しいことをすると、気持ちもほぐれていくものです。

「どんなことをしたら良いかわからない」なんて方は、子どもの頃好きだったことを思い出してみてください。そこに、最高のヒントが隠れているようです。

ぜひ、新しい趣味を見つけてリフレッシュしてみてくださいね。

まとめ

気分転換と一言で言っても、さまざまな方法があります。自分のストレスの原因を探りながら、そのとき合うと思う方法を複合的に試すのも良いでしょう。

何をして良いかわからないときは、子どもの頃のことを思い出してみてください。

「子どもの頃にやりたかったこと」を全部書き出してみて、それを眺めてみるのもオススメ。そこから、何か大切なことが見えてくるはずです。

たくさんリフレッシュして、明日に備えてくださいね。

ABOUT ME
Written by 白井 美杷
自然とアウトドアが好きなライター。ナチュラルな生活を心がけています。夜空や夕陽を眺めるのが好き。元気になっていただけるような記事をお届けできたら嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)