ライフ

北野武(ビートたけし)名言集|映画監督や多彩な才能を持つ天才!

Takeshi Kitano
Takeshi Kitano / Baijg

日本が世界に誇るマルチな才能を持った天才、ビートたけしこと北野武さん。

様々な分野で今も活躍し続けているこの人物は時折語る名言から男の人が憧れるような所謂「男前な人」と思わせるような人物で、男性のありたい姿を見せてくれます。

そこで今回はそんな北野武さんの名言をいくつか取り上げ、北野武さんのどんなところが「男前」と思わせるのかをご紹介したいと思います。「イケメン」ではなく「男前」に憧れる方、是非参考にしてみて下さい。

作法を語った名言

「作法というのは、突き詰めて考えれば、他人への気遣いだ。具体的な細かい作法をいくら知っていても、本当の意味で、他人を気遣う気持ちがなければ、何の意味もない。その反対に、作法なんかよく知らなくても、ちゃんと人を気遣うことができれば、大きく作法を外すことはない。駄目な奴は、この気遣いがまったくできていない。人の気持ちを考えて行動するという発想を、最初から持っていないのだ。」

この名言は作法と言われて思い浮かべることが多いような「上品さ」とか「形式」と言うものよりも、作法には大切なものがあると教えてくれる名言。

世の中にはかなりの数の作法と言うものが存在していて、時にはそれを知らないことで恥をかいたり、怒られることも多いですが、それは作法の原点が結局のところ人への気遣いだから。

作法を知らないで怒られたり恥をかいたりするのは、人への気遣いが出来ないからで、人への気遣いができるのならばそれで充分な事であり、作法からも大きく外れるなんて事はないのです。

作法から大きく外れた事をするのは、この人への気遣いが出来ない、人の気持ちを考える事ができない人で、そうした人をダメなヤツだと、北野武さんはこの名言で語っています。

決して物言いこそこの名言は上品なもの良いではないのですが真理を付いた名言であり、勘違いしたかっこよさをただすような男らしさを感じさせる名言です。

努力について語った名言

「努力ってのは宝くじみたいなものだよ。買っても当たるかどうかはわからないけど、買わなきゃ当たらない」

この名言は良く聞く「努力は必ず報われる」という事を否定するような名言ですが、それゆえに現実味があり、しっかりとした現実を見据えて語られた名言です。

人は一度は「努力が足りない」とか「もっとがんばれ」と言う言葉を言われたことがあると思いますが、言われなくても努力した後の結果に対しても同じ事を言われてやる気をなくしたこともあるでしょう。

本当は殆どの人が、「努力は必ず報われる」なんてことはないと知っているのに、耳障りがよくてこの言葉は未だに良く使われていて、それに嫌気がさした人だって多いはずです。

しかし、北野武さんがこの名言で語ったように、努力と言うのはやったところで必ず報われこそしませんが、やらないと報われる可能性すらないものであるのは事実なのです。

簡単な話「何事もやってみなくちゃ分からない」と言うとてもシンプルなことを伝える名言ですが、その悲観もしないし楽天的にもならない「中庸」なものの見方が実に素晴らしいと言える名言です。

オタクはすごいと語った名言

「世間一般ではアニメオタクとかフィギュアオタクとか、秋葉原をうろついてるやつらを何か差別的に指してるみたいで困るんだけど、ひとつのことにこだわって情熱を傾ける人たちをオタクと呼ぶとしたら、オタクになれるのは実にすごいことだと思うよ」

この名言は北野武さんらしい皮肉が込められた名言であると言える名言です。

一般的にオタクと言われて好印象を持つ人なんて少数だとは思いますが、北野武さんはこの名言で「一つの事に情熱を傾ける人をオタクと呼ぶならオタクは凄い人だ」と擁護するように言っています。

しかしこの名言の本質はオタクがすごいという事だけでは実はありません。

この名言の裏にあるのは、オタクの事を差別的に扱っているような人が、情熱を持って取り組んでいるものがないなら差別的な扱いをしている人以下だ、という事にあります。

北野武さんの名言にはこうした所謂「毒」が入っている事も多いのですが、それ故に感じる格好良さがあり、この名言も情熱を持って取り組むことを賞賛する半面で、それが出来ないのにそれをする人たちを批判するうまさがあるところが名言たる由縁です。

この名言のように時には世論にも「NO」と言える北野武さんの意志の強さ、実に男前だと感じませんか?

成功の秘訣を語った名言

「成功の秘訣は、一番なりたいものじゃなくて、その人にとっては二番目か三番目の、違う仕事に就くこと。自分にはもっとやりたいことがあるんだけど、今すぐにそれをできる能力はないから違うことをやってます。それぐらい自分を客観的に見られるやつのほうが、成功する可能性は高い。」

この名言はよくある成功の秘訣を語った名言ですが、その内容はちょっと他の人はあまり語らないような興味深い名言。

普通に考えて自分の一番得意なものでこそ一番成功するような気もするのですが、北野武さんはこの名言でそうではないと言っています。

その理由は「自分を客観的に見ることができる」ことが成功の秘訣だから。

物事を、自分の事を如何に客観的に見ることができるかという事が成功の秘訣だと語った名言は多いですが、この北野武さんの名言は正に客観的に見て言われたような印象を受けます。

知っている事とできるというのは全く違うことで、客観的に見ることが大事と知っていたとしても自信のあるもの、好きなものを本当に客観的に見れるかと考えてみるとそれはかなり難しいことで、それならばいっそ客観的に見ることが出来る事をする決断ができるほどの冷静さこそが成功の鍵だと北野武さんはこの名言で語っています。

幸せについて語った名言


「変な言い方だけど、自分のために死んでくれる人間が何人いるよりも、そいつのためなら命をかけられるって友達が1人でもいる方が、人間としては幸せだと思う」

この名言は北野武さんが語ったどんな人間こそが幸せか?という事の答え。

死んでくれるとか、命をかけるという物騒な言葉が使われていますが、もっとソフトに表現するなら「自分のために何かしてくれる人がいるよりも、自分が人にしてあげたいと思えるときの方が人は幸せなもの」という事を語った名言です。

一見するとそんな事もないように思える意見なのですが、多くの人は自分のために誰かが何かをしてくれるときって責任や罪悪感など結局ストレスを感じるようなものを感じることも多いもので、その反対に自分が人のために何かしてあげる時の方が気が楽なところってありませんか?

ましてや「命をかけられるほど」の相手に何かをしてあげるのですから寧ろ高揚感や多幸感すら感じることもあるかもしれません。

幸せの定義は人によって様々でしょうが、こうした気持ちの面で考えるならば確かにこの北野武さんの名言で言うように沢山の人のために気を使うぐらいなら、一人のために気を使ってもらうぐらいの方が幸せだとは思いませんか?

そんな事からこの北野武さんの名言は「気持ちが満たされている時が幸せ」と言い切れる北野武さんの「男前」な印象を感じることも出来る名言なのです。

まとめ

北野武の名言5ついかがだったでしょうか?

どの名言に関しても北野武さんを筆者が「イケメン」ではなく「男前」と表現した理由がなんとなく分かってもらえるかと思います。

彼は自分の事を天才だとも努力家だとも殆ど言いわず運が良かった一般人だと言いますがこうした男前なところこそが、北野武さんの評価されるポイントなのでしょう。

偉人 名言
【世界名言集】偉人から人生を学ぶ最高のヒントまとめ一覧 世界の偉人達の名言は、人生に悩んだ時に前に進めるヒントが沢山詰まっています。今回ご紹介するのは大きな功績を残した方たちの名言をまとめ...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたのオーラや生年月日をもとに導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!