パワースポット

京都【清水寺】は健康長寿・縁結び・安産のご利益あり!御朱印と見どころ

西国16番・清水寺
清水寺は西国三十三所16番札所。京都の東山連峰の一つ、音羽山の中腹に広がる13万㎡の広大な境内を持つお寺です。

国宝や重要文化財の仏像及び建造物、本堂舞台からの眺め、四季折々の景色が美しいお寺として、世界文化遺産に登録され、毎日多くの参詣者でにぎわっています。

約1200年もの昔、平安時代から貴族や庶民に「清水の観音さん」として親しまれてきました。霊験あらたかな清水寺の魅力、ご利益やパワースポットを紹介しましょう。

清水寺とは

山号:音羽山(おとわさん)
寺号:清水寺(きよみずでら)
宗派:北法相宗(きたほっそうしゅう)
本尊:十一面千手観世音菩薩(じゅういちめんせんじゅかんぜおんぼさつ)
開基:賢心(後の延鎮・えんちん)

西国16番・清水寺
奈良時代後期の774年、奈良興福寺で修行を積んでいた僧賢心は、夢に白衣の老翁が現れ「北へ清泉を求めて行け」というお告げを受けました。そして北へ向かい、京都の音羽山できれいな水が湧き出ているのを発見しました。そこで滝行をしながら千手観音を念じている老仙人、行叡居士(ぎょうえいこじ)と出会いました。行叡居士は賢心に霊木を授けて、「これで千手観音像を彫り、この霊地を守るように」と言い残して消えました。賢心は、老仙人が観音様の化身だと悟り、草庵を結んだのが始まりです。

780年、朝廷の武官坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が、妊娠中の妻に鹿の肉を食べさせようと、音羽山にやってきました。滝の近くで賢心と出会い、霊地での殺生を戒められ、観音の教えを説かれました。帰宅して妻に話すと、妻は、殺生の罪から救われるために家を解体して、観音像を安置するお堂を建てることを提案しました。田村麻呂も賛同してお堂を建設し、音羽の滝にちなんで清水寺と名付けました。

その後田村麻呂は東北地方の蝦夷(えぞ)を討伐する「征夷大将軍」に任命され、手柄を立て、805年に桓武天皇からお寺の敷地を拝領し、天皇公認のお寺として発展しました。

しかし、平安末期の奈良興福寺と京都比叡山延暦寺との勢力争いや、応仁の乱(1467~77年)など9回も火災に遭いました。現在のものは大半が1633年前後、三代将軍徳川家光により再建されたものです。そして、1994年「古都京都の文化財」の一つとして、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。

清水寺の御朱印

西国16番・清水寺・御朱印
本堂の御朱印は「大悲閣」と書かれています。観世音菩薩を安置した仏堂を表します。左上は、西国三十三所開創1300年記念の印です。

清水寺は、洛陽三十三所第12番札所にもなっていますので、「西国」か「洛陽」か、両方かはっきり伝えましょう。本堂の裏の納経所でいただけます。
各300円です。8:00~18:00。

清水寺にはこのほかにも御朱印をいただける所があります。
・阿弥陀堂:「阿弥陀如来」の御朱印。300円。8:00~18:00。
・奥の院:「大悲閣」の御朱印。300円。8:00~18:00。
・不動堂:「不動明王」の御朱印。300円。8:00~17:00。こちらは早く終了しますので、ご注意ください。

清水寺の見どころ

・仁王門(重要文化財)

西国16番・清水寺・仁王門
応仁の乱で焼失し、16世紀はじめに再建されました。入母屋造り(いりもやづくり)、檜皮葺(ひわだぶき)の堂々とした美しい楼門です。
仁王像は鎌倉末期の作で、京都で現存するものの中では最も大きいものです。
西国16番・清水寺・狛犬
仁王門の下の狛犬は左右どちらも口を開いた阿形で、清水寺七不思議の一つです。元は、地主神社(じしゅじんじゃ、後述)に設置されていました。

・鐘楼(重要文化財)

西国16番・清水寺・鐘楼
仁王門をくぐると左手にあります。1607年の再建。牡丹彫刻の懸魚、菊花彫刻の蟇股、四隅の柱の先には獏・象の彫刻が施された桃山建築様式の鐘楼です。

・三重塔(重要文化財)

西国16番・清水寺・三重塔
鐘楼の斜め右にあります。847年に建立されましたが、現在のものは1632年の再建です。三間四方、高さ31mの国内最大級の美しい三重塔で、清水寺のシンボルとなっています。

一重の内陣に、大日如来像、四方の壁に真言八祖像、天井・柱などに密教仏画や飛天、龍などが極彩色で描かれています。

・随求堂(ずいぐどう)

西国16番・清水寺・随求堂
三重塔の斜め左手にあります。1718年の再建。本尊の大随求菩薩(だいずいぐぼさつ)は、人々の願いを求めにしたがって叶えてくれる仏様です。

縁結び、安産、子育ての神仏も祀られており、胎内めぐりが体験できる人気のパワースポットです。

大随求菩薩のお腹を想定した胎内めぐりは、真っ暗な中を数珠を伝って奥へ進み、ほのかに光る梵字の「ハラ」に出会い、その石を回して拝み、さらに前進して再び太陽の光をあびて、喜びを感じるという体験です。料金は100円、体験は9:00~16:00です。

・開山堂(田村堂)(重要文化財)

西国16番・清水寺・開山堂(田村堂)
随求堂の斜め右手にあります。清水寺創建に関わる人物を祀る入母屋造り、檜皮葺の三間堂。1633年ごろの再建。坂上田村麻呂夫妻像、向かって左に行叡と延鎮(賢心)の像が安置されています。

・北総門(重要文化財)と月照信海両上人遺蹟

西国16番・清水寺・清水寺本坊・北総門
開山堂の左手、池の方へ進むと清水寺本坊の北総門があります。門を入ったところに月照上人(げっしょうしょうにん)とその弟の信海上人(しんかいしょうにん)の石碑があります。
西国16番・清水寺・月照信海両上人遺蹟
月照上人は、この奥にある成就院の第24世住職でしたが、幕末に尊王攘夷の思想を持ち、西郷隆盛らと密談したと伝えられています。西郷と月照は安政の大獄で追われる身となり、薩摩に逃れました。しかし、薩摩藩から死刑同様の「日向国送り」を言い渡され、錦江湾に入水自殺します。西郷は生還しましたが、月照は亡くなりました。

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』の前半に登場した眉目秀麗の品格のある僧侶でした。

・梟の手水鉢(ふくろうのちょうずばち)

西国16番・清水寺・梟の手水鉢
轟門(とどろきもん)の入り口左側にあります。こちらで手と口を清めます。この水で口をすすぐと歯痛・頭痛が治まるといわれています。台座に観音菩薩とフクロウが刻まれています。室町時代、フクロウは人間の煩悩を祓う聖鳥とされていたそうです。

・轟門(とどろきもん、中門)(重要文化財)

西国16番・清水寺・轟門
1633年ごろの再建。八脚門の本瓦葺。手前が轟橋(とどろきばし)で、真ん中は板張り、両端が石造りになっています。俗界と本堂との境界となり、この橋を渡ることによって、心身が清められるとされています。

轟門近くのチケット売り場で本堂の拝観券を購入します。大人400円です。

・本堂(国宝)

西国16番・清水寺
音羽山の崖に建てられた木造建築で、「懸造り(かけづくり)」です。現在のものは1633年の再建。正面約36m、側面約30m、棟高18mの巨大な本堂です。
西国16番・清水寺
本堂内部は丸柱によって外陣・内陣・内々陣に分かれています。

西国16番・清水寺・本尊御影
本尊の十一面千手観世音菩薩像は内々陣の厨子の中に安置されています。33年に1回開扉される秘仏で、次回は2033年です。

像高173㎝、光背から台座までの高さは260㎝、檜材の寄木造り(よせぎつくり)、素地仕上げです。眉間の白毫(びゃくごう)に水晶がはめられています。このことから鎌倉中期の作だろうと推定されます。

慈悲、憤怒、大笑いなど頭上の11の表情は、人々の悪行を改めさせ、努力する者を励まし、人々から一切の苦しみを抜き去ってくださることを表しています。

両脇から左右の腕を上方に伸ばして、釈迦如来像の化仏を両手で捧げ持っています。これは「清水型」と呼ばれる独特のものです。正面で合掌する2手のほか、数珠や宝鏡、宝弓などの法具を持つ40手にはそれぞれ25の法力が宿り、40×25で、無量・無限を表す「千」手となります。千本の手でどのような人々をももらさず救済してくださることを表しています。

西国16番・清水寺
「清水の観音さん」は、無病息災、立身出世、良縁などのご利益があるとして人々に信仰されてきました。「千日詣り」などの特別な法会のときには内々陣に入り、献灯ができますが、通常は外陣から、内々陣の厨子前のお前立でそのお姿を思い浮かべてお参りします。
西国16番・清水寺・修復工事
2017年2月から本堂の檜皮葺屋根の葺き替え工事が行われています。お参りはできますが、名物の舞台も含めて覆いがかけられていますので、景観がずいぶん異なります。2020年3月完成のあかつきには、平安時代の宮殿や貴族の邸宅の面影が残る檜皮葺の、優美な屋根が蘇ることでしょう。

・清水の舞台

西国16番・清水寺
清水寺の代名詞となっている本堂から張り出した舞台は、高さ13mで、4階建てビルに相当します。釘を1本も使わずに、樹齢400年以上の長さ約12m、周囲約2mのケヤキ18本の柱を並べ、縦横に何本もの貫(ぬき)を通して組まれています。日本古来の伝統工法です。下から見ると迫力があります。

西国16番・清水寺
ここから「清水の舞台から飛び降りる」ということわざが生まれました。覚悟をして物事を実行するという意味です。

西国16番・清水寺・境内から
この舞台からの眺めが素晴らしく大勢の人が訪れますが、実はこの舞台は観音さまに芸能を奉納するための舞台なのです。雅楽や能、狂言、歌舞伎などが奉納されてきました。現在も特別な法会のときにはこの舞台で奉納が行われます。

・地主神社(じしゅじんじゃ)

西国16番・清水寺・境内社・地主神社
本堂の左手にあります。神仏融合時代は清水寺の鎮守社でした。大国主命(おおくにぬしのみこと)をお祀りしていることから、縁結びの神様として人気を集めています。

本殿の前に、恋占いの石が10m間隔で二つあります。片方の石からもう片方の石へと目を閉じて歩くと恋が叶うそうですよ。石は縄文時代の石だそうです。

西国16番・清水寺

この神社がある場所は、蓬莱山(ほうらいさん)といい、健康長寿のご利益があるとされています。

本殿・拝殿・総門は1633年の再建です。明治の神仏分離令により、清水寺から独立しましたが、世界文化遺産「古都京都の文化財」の清水寺の一部として登録されています。
ここにあった狛犬が、現在仁王門の前に設置されています。

縁結び守り、恋愛守り、健康守り、勝守り、福銭守りなどあります。境内は9:00~17:00。

・阿弥陀堂(重要文化財)

西国16番・清水寺内・阿弥陀堂
本堂を東に抜けて、「音羽の滝」への石段を下りないで右手に進みます。
※この石段は一方通行のため、一度下りると本堂の納経所や阿弥陀堂、奥の院に行くためには、轟門から再入場しなければなりません。半券があれば再入場できます。

地蔵堂、釈迦堂と並んでいます。1631年の再建。本尊は阿弥陀如来坐像。浄土宗の開祖、法然上人が最初に念仏道場とした場所です。「法然上人二十五霊場第十三番札所」となっており、御朱印がいただけます。

・奥の院(重要文化財)

西国16番・清水寺内・阿弥陀堂
阿弥陀堂の右手、「音羽の瀧」の真上に建つ懸造りです。1633年の再建。本尊は千手観音坐像(重要文化財)です。御朱印がいただけます。

・濡れ手観音(ぬれてかんのん)

西国16番・清水寺・ぬれて観世音
奥の院の裏にある池の中に設置されています。音羽の滝の水源から湧き出る金色水(こんじきすい)をかけると、煩悩・罪障が洗い流されるご利益があります。

・子安塔(こやすとう)(重要文化財)

西国16番・清水寺・子安塔
奥の院から道なりに進み、小ぶりの三重塔を目指して小高い丘に上りましょう。

聖武天皇・光明皇后の祈願所と伝えられている檜皮葺の三重塔で、内部には子安観音(千手観音)が祀られています。安産にご利益があるとして信仰されてきました。現在のものは1500年に建立されたものです。
西国16番・清水寺・子安塔から
この丘からの本堂の眺めは素晴らしく、シンボルの三重塔や懸造りの柱組みもよく見えるビューポイントです。この辺りは人も少ないのでほっとできる所です。

・音羽の滝

西国16番・清水寺・音羽の滝
子安塔から来た道を少し戻りますが、「音羽の滝」の表示を目指して進みます。「清水寺」名称の由来となった滝で、「金色水(こんじきすい)」と呼ばれ、最も人気のあるスポットです。

三筋の水が流れ落ちており、向かって左が「学問成就」、中央が「恋愛成就(縁結び)」、右が「延命長寿」のご利益があるといわれています。
ただし、飲み方に注意があります。どれか一つを選んで、一口だけ飲みます。三つとも飲んだり、何口も飲んだりするとご利益が薄れるそうですよ。
滝の後ろにひしゃくを殺菌する機械がありますから安心して飲めます。

滝の下の不動堂に不動明王が祀られていますので、滝前の「滝の堂」で御朱印がいただけます。

・「アテルイ モレの碑」

西国16番・清水寺・アテルイ・モレの碑
音羽の滝から本堂の崖下の迫力ある柱組みを見ながら、仁王門の方へ進む途中に「阿弖流為 母禮 之碑(アテルイ モレ のひ)」があります。

1mほどの石碑ですが、よく見ると東北地方の地図が刻まれています。坂上田村麻呂が征夷大将軍となって、東北の蝦夷(えぞ)を討伐した時の蝦夷軍の総大将アテルイとモレの記念碑です。

・十一重石塔と鳥

西国16番・清水寺・十一重石塔の上
「アテルイ モレの碑」から出口に向かい、仁王門の左手にあります。塔の先の九輪の上にサギのような鳥が止まっていました。その超然とした姿にしばらく見とれてしまいました。

アクセス、拝観時間、拝観料金

清水寺:京都市東山区清水1丁目294 ☎075-551-1234

JR京都駅から市バス利用:「五条坂下」下車、徒歩10分。
206系統「東山通北大路バスターミナル」行き
100系統「清水寺・祇園・銀閣寺」行き
※これらのバスは頻繁にきます。他にもルートはあります。

通常の拝観時間:6:00開門 18:00閉門
その他夜間特別拝観、季節や行事、土・日・祝日など閉門時間が延びることがあります。
納経時間は8:00からです。

拝観料金:大人400円(一部施設、本堂・舞台)

まとめ

西国16番・清水寺
清水寺はいかがでしたでしょうか。広大なお寺も魅力的ですが、道の両側にお店が立ち並ぶ門前の清水坂、八坂の塔が遠望できる情緒あふれる三年坂(産寧坂)・二年坂(二寧坂)、清水焼の工房やショップが並ぶ茶わん坂など周辺にも人気のスポットがあります。

平安時代の清少納言の『枕草子』に「さわがしきもの」として「十八日に、清水にこもりあひたる」とあります。十八日は観音の縁日の日で、大勢の人でにぎわう様子が思い浮かびます。

また、平安時代後期の説話集『今昔物語集』の巻第11に「田村将軍、初めて清水寺を立てる語(こと)」があります。お寺に伝わる縁起とニュアンスが違いますが、清水寺創建の事情が詳しく記されています。

今や年末の風物詩になっている「今年の漢字」は、12月12日の漢字の日にその年の世相を表す漢字一字が選ばれます。2017年は「北」でした。日本漢字能力検定協会の一般公募で最も多かった漢字を、清水寺の貫主(かんす)が大きな和紙に太筆で書きます。さて、2018年は何という漢字になるでしょうか。

まだまだ紹介しきれないものがたくさんあります。観光客や修学旅行生も多く訪れるお寺です。人の多いのがいやな方は、早朝の静かな清水寺を訪れてみてはいかがでしょうか。

日本全国パワースポット
日本全国都道府県の神聖なパワースポット一覧 日本全国には様々な神様に守られているパワースポットや自然の神秘的な力が集まるパワースポットが沢山あります。そんな様々なパワースポット...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by ゆうこ
Written by ゆうこ
卯年、山羊座。元国語教師。趣味は、温泉旅行や食べること。百人一首競技かるたは選手&読手A級。お寺や神社に立つと、幾度もの興亡が繰り返され、再建・再生され、長年月維持し、受け継いできた無数の無名の人々がいたことを思わずにいられません。そういう人々の思いを少しでも伝えられたらと思っています。 共著書:『新渡戸稲造の至言』(新渡戸基金発行)

POSTED COMMENT

  1. アバター 鈴木政雄 より:

    清水寺広すぎて見どころを見逃した所をあなた様の記事で感じました、残念です。又工事中の為見晴らしあまりよくえませんでしたが、音羽の滝小学生など多く混雑していましたが飲みました、(何のご利益か考えずに)
    神社は縁結びに縁がないので熱心に拝みませんでした。工事完成したら又参拝できればと思っています。
    参道を歩きながら、小学生時代に修学旅行で来てから何回か参拝しているのですが、ご本尊様に対してあまり興味持っていなかったようです。あなた様の記事で又目が覚めました。
    それから坂東33観音の清水寺、江戸33観音の上の清水寺は規模が小さいですが、それぞれ有難くお参りしました。いつもながらご丁寧な記事有難く拝読しました。

    • アバター Written by より:

      いつもご訪問いただきましてありがとうございます。
      坂東33観音、江戸33観音の清水寺にもすでにお参りされたとのこと。京都の清水寺の系列だと思います。
      本堂の修復が終わったら是非再度お参りなさってください。確かに音羽の滝はいつも行列ですね。早朝6時から開門していますので、早めに行くと静かでいいかもしれません。参道のお店はまだあいてないでしょうが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!