パワースポット

平塚市【光明寺】(金目観音)は安産祈願のご利益あり!御朱印&見どころ

神奈川県平塚市にある光明寺は、坂東三十三観音霊場第7番札所。北条政子も安産祈願をしたという「お腹ごもりの観音さま」として知られています。

平塚市【光明寺】

金目川のほとりにあり、川沿いには桜並木が続き、春は花見客が多く訪れます。「金目川と観音堂」は平塚八景の一つとされている名所でもあります。そんな光明寺をご紹介しましょう。







光明寺とは・歴史

山号:金目山(かなめざん)
寺号:光明寺(こうみょうじ)
宗派:天台宗(てんだいしゅう)
本尊:聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)
開基:道儀上人(どうぎしょうにん)
創立:702(大宝2)年

光明寺の始まり

寺伝によりますと、702年、現在の大磯町小磯の浜辺で、潮を汲んでいた海女(あま)の桶に約21㎝の金色の観音像が入りました。海女が観音像を家に持ち帰ると、一人の僧が訪れて、「これぞ聖徳太子御作の観音像である」と告げて去りました。そこで海女は観音像を家の奥に祀りました。その後道儀上人が金目の地に一堂を建てて、観音像を安置したのが光明寺の始まりと伝えられています。

金目観音「お腹ごもりの観音さま」とは

天平年間(729~749年)に、行基(ぎょうき)が1.7mの観音像を刻み、その胎内に金色の観音像を納めたと伝えられています。それが金目観音で「お腹ごもりの観音さま」と言われるようになった所以です。

鎌倉時代以後、天台密教寺院として栄えました。源頼朝の帰依が厚く、頼朝の妻北条政子が実朝出産の時、安産祈願をしたことから「安産の観音さま」として崇められるようになったと伝えられています。現在も安産祈願に多くの女性が訪れます。

光明寺の盛衰

室町時代には、足利尊氏や歴代将軍家も祈願所と定め、寺は大いに栄えました。

江戸時代には、三代将軍徳川家光より寺の所領を確定する朱印状を受け、約2,600坪の境内を構えていました。

明治時代の初めには、明治新政府が発令した神仏分離令をきっかけに廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)運動が起こり、寺は荒廃しました。

現在は「かなひの観音さま」と呼ばれて、地元の人々にも親しまれています。「かなひ」は海女が観音像を家内に祀ったことから、あるいは、何事も願いが叶うことから呼ばれるようになったとか。

ご詠歌に「なにごともいまはかなひの観世音二世安楽とたれか祈らむ」と詠われています。

光明寺・山門の前

1.坂東7番光明寺・山門7574

山門の前の道路を隔てて金目川が流れています。

光明寺・仁王門

2.坂東7番光明寺・仁王門7573

八脚門、入母屋造。建立は室町時代末期(16世紀中ごろ)と推定されます。風雨除けの格子で見えにくいですが、関東最古(14世紀ごろの像立と推定)とされる3m弱の阿吽の木造金剛力士像(神奈川県指定重要文化財)が寺を守っています。仁王は、恐ろしい形相で、悪霊や疫病神を退治するといわれています。

仁王門 草鞋

大小のわらじは、足が丈夫でありますようにと健脚の仁王様に願掛けして奉納されたものです。

光明寺・鐘楼(しょうろう)

6.坂東7番光明寺・鐘楼7568

仁王門をくぐると左手にあります。

光明寺・手水場(ちょうずば)

7.坂東7番光明寺・手水場7572
こちらで手と口をすすぎます。

光明寺・水琴窟(すいきんくつ)

8.坂東7番光明寺・水琴窟7580
手水場の隣にあります。竹筒に耳をあてると琴のような響きがかすかに聞こえます。

光明寺・観音像

9.坂東7番光明寺・観音像7571
参道の左手にあります。

光明寺・金目観世音の碑

10.坂東7番光明寺・金目観世音碑7564
本堂の右手前に光明寺についての案内板と奉納された石碑があります。

光明寺・本堂(観音堂)県指定重要文化財

11.坂東7番・光明寺・本堂7586

本堂は、1498(明応7)年に再建されたもので、平塚市最古の建造物です。

12.坂東7番光明寺・本堂7570

間口7間、奥行き八間の宝形造。元禄年間の大修理、昭和58年の解体修理で建立当初の姿が復元されました。

光明寺・本尊

13.坂東7番光明寺・本尊御影7695

本尊は聖観世音菩薩像。観音像の基本形です。観世音菩薩は自らも悟りを求めて修行しながら人々を救済します。のちに生まれた変化観音と区別するために「聖」が冠せられました。

内陣の厨子に納められており、60年に一度寅歳(次回は2022年)に開帳されます。御影(みえい)に「御腹籠像」と書かれており、お腹のあたりがふくらんだ観音像です。安産祈願のご利益があるとされます。

厨子 国指定重要文化財

厨子は唐様で色彩が施され、棟の両端に金の鯱(しゃち)が付けられています。お前立の木造聖観音菩薩像の胎内銘から室町時代の建造と推定され、お前立もともに国指定重要文化財です。

観音三十三応現身(おうげんしん)立像 市指定重要文化財

観音菩薩は教えを説く相手や場所に応じて33の姿に変わるとされます。それらの姿を象った像が須弥壇(しゅみだん)の脇壇に並んでいます。室町時代初期の造立と推定されます。外陣(げじん)から格子越しに拝観できます。

聖徳太子像

外陣に祀られています。本尊の胎内に納められている観音像が聖徳太子の作という縁起によります。

本堂は、靴を脱いで、スリッパに履き替え、外陣に上がってお参りできます。一番のパワースポットですので、ゆっくりお参りください。

光明寺・歓喜堂(かんきどう)

14.坂東7番光明寺・歓喜堂(伝足利氏の持仏大聖歓喜天を祀る)7585

本堂の左にあります。足利氏の持仏と伝えられる大聖歓喜天が安置されています。秘仏で非公開ですが、夫婦円満、子授け、除病除厄などあらゆる願いが叶えられるといわれています。堂内には弁財天、毘沙門天、大黒天等が祀られています。

光明寺・文殊・普賢菩薩堂(もんじゅ・ふげんぼさつどう)

15.坂東7番光明寺・文殊・普賢堂7566

本堂の左手にあります。釈迦如来の脇侍として知られる文殊菩薩と普賢菩薩が祀られています。

文殊菩薩は、いろいろな菩薩の中で最も智恵の勝れた菩薩で、受験合格にご利益があります。また、卯年生まれの守り本尊です。

普賢菩薩は、延命菩薩とも言われ、衆生の命を伸ばす徳を持ちます。巳年生まれの守り本尊です。

光明寺・阿弥陀堂への道に

16.坂東7番光明寺・阿弥陀堂への道に白い彼岸花7582

水琴窟の右手奥に阿弥陀堂があります。その参道に白い彼岸花が咲いていました。心がやすらぎます。

光明寺・御朱印

17.坂東7番光明寺・御朱印7684

こちらが光明寺の御朱印です。中央の墨書は力強く「大悲殿」と書かれています。観音菩薩を安置する建物という意味です。納経所でいただけます。納経料は500円。

坂東観音霊場の公式ページより
令和2年4月1日より
納経帳 ご朱印 500円
白衣(宝印のみ) 300円
に改定させていただきます。

納経所は、帰路仁王門に向かって左手にあります。

18.坂東7番光明寺・本坊・納経所への門7584

拝観時間・アクセス

住所:神奈川県平塚市南金目896 ☎0463-58-0127
拝観時間:8時~17時(11~2月は8時30分~16時30分) 拝観無料

  • 小田急小田原線「秦野駅」下車。
    神奈川中央交通バス「平塚駅北口行」で「金目駅」(約20分)下車。徒歩2分。
  • JR東海道線「平塚駅」下車。
    北口バス乗り場より、8番線「秦野駅行」または、2番線「広川経由東海大学行」で
    「金目駅」(約25分)下車。徒歩1分。

まとめ

金目観音の光明寺はいかがでしたでしょうか。

平塚といえば夏の七夕まつりが有名です。メイン会場となるJR平塚駅周辺からは少し離れますが、光明寺は市内にありながらも静かな境内です。

何事も願いを叶えてくれる「かなひの観音」「腹ごもり観音」とは珍しい呼び名で、地元の人々にも愛されてきた観音様と言えましょう。60年に一度寅年に御開帳となる2022年、金目川の沿岸に桜が咲くころにぜひ訪ねてみたいですね。

坂東32番札所
坂東三十三観音霊場巡り一覧まとめ 坂東三十三観音霊場は鎌倉時代に開設されました。源頼朝は観音信仰が篤く、西国三十三観音巡りが坂東まで広がったとも言われています。 ...
ABOUT ME
Written by ゆうこ
Written by ゆうこ
卯年、山羊座。元国語教師。趣味は、温泉旅行や食べること。百人一首競技かるたは選手&読手A級。お寺や神社に立つと、幾度もの興亡が繰り返され、再建・再生され、長年月維持し、受け継いできた無数の無名の人々がいたことを思わずにいられません。そういう人々の思いを少しでも伝えられたらと思っています。 共著書:『新渡戸稲造の至言』(新渡戸基金発行)

POSTED COMMENT

  1. アバター きりん より:

    光明寺の金目観音様22年に御開帳とのこと親戚が近くにいますので忘れずに行ってみたいです。仁王様のお顔良く見てみます。私には優しく見てほしいです。
    いつもながらの観察力に敬服します。私も参拝するときはもっと興味を持つようにします。有難うございます。

    • アバター Written by より:

      コメントありがとうございます。光明寺の近くにご親戚がいらっしゃるとのこと。2022年の寅年御開帳が行きやすいですね。
      きっと桜並木と金目観音のコラボレーション素敵だと思います。そうなると大勢の人が訪れることでしょう。
      それまでにコロナが幾分なりとも収束していることを祈るばかりです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)