パワースポット

高野山・奥之院は四国お遍路満願報告の聖地!御朱印と見どころ

高野山
高野山は、和歌山県北部に所在し、「八葉の峰」と呼ばれる1000メートル級の山々に囲まれた、標高約800メートルの高地に開けた盆地です。平安時代のはじめに弘法大師によって開かれました。その地形は、まるで蓮の華が開いたようだといわれています。

高野山 奥の院

殊に「奥之院(おくのいん)」は、現在も弘法大師が瞑想し続けているという信仰があり、四国88ヶ所霊場の巡拝を遂げた人が、満願報告に訪れる聖地ともなっています。
高野山・奥之院とはどのような所なのでしょうか。御朱印や見どころをご紹介します。

高野山とは

高野山・総本山金剛峯寺の入り口
約33万坪の広大な敷地は、かつて「一山境内地(いっさんけいだいち)」といわれ、高野山全体が「金剛峯寺(こんごうぶじ)」という一つのお寺でした。

現在では、主なエリアとして、弘法大師が最初に道場を開いた「壇上伽藍(だんじょうがらん)」と、大師が入定(にゅうじょう)した「奥之院」の二つの聖域、そして、高野山真言宗総本山としての宗務所がある「総本山金剛峯寺」とからなります。

その他、子院が117ヶ寺あり、そのうちの52ヶ寺は宿坊を兼ねています。
東西約6キロ、南北約3キロにわたって、寺院や宿坊、商店、小学校から大学まで備える宗教都市を形成しています。

高野山の歴史

816年(弘仁7年):弘法大師(空海のおくりな)が嵯峨天皇から高野山の地を下賜されて、真言密教の道場として開きました。
819年(弘仁10年):弘法大師は、壇上伽藍の造営を始めましたが、大師が在世中に完成した堂宇はわずかでした。
835年(承和2年)3月21日:弘法大師は62歳のとき、高野山奥之院で入定。その後、大師の甥で弟子となった真然(しんぜん)が約20年をかけて伽藍を整備しました。
994年(正暦5年):落雷による火災のために建物はほとんど焼失し、衰退しました。
1016年(長和5年):この頃から、定誉(じょうよ)によって再建されました。1023年に藤原道長が、平安後期には、白河上皇、鳥羽上皇が参詣し、寺領も増え、最盛期には約2000の堂宇が建ち並びました。
1593年(文禄2年):豊臣秀吉が亡母の菩提をとむらうために青巌寺(現在の総本山金剛峯寺の前身)を建立しました。この頃、戦国大名が出資し、多くの子院が建てられました。
1643年(寛永20年):三代将軍徳川家光が、家康公と秀忠公を祀る徳川家霊台を建立しました。これに続いて、諸大名が子院、霊屋、墓碑、供養塔などを相次いで建立しました。
1869年(明治2年):青巌寺と興山寺が合併し、金剛峯寺と改称されました。
2004年(平成16年):ユネスコ世界遺産に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されました。
2015年(平成27年):高野山開創1200年を迎えました。

こちらは、高野山開創1200年記念のイメージキャラクター「こうやくん」のピンバッジです。
「こうやくん」平成27年開創1200年に向けて平成の高野聖として誕生6272

高野山開創にまつわる伝説

高野山 三鈷の松

弘法大師は、2年間の唐(現在の中国)での留学から帰国するとき、明州の浜で、「伽藍建立の場所を示したまえ」と念じて、法具の三鈷杵(さんこしょ)を投げました。すると、雲に乗り空中を飛んで現在壇上伽藍が建っているあたりに落ちたのです。

大師が三鈷をさがして、大和の宇智郡に入ったとき、黒と白の犬を連れた漁師に会いました。大師はその犬に導かれて紀ノ川を渡り、険しい山中に入りました。すると、そこでその山の主だという一人の女性に出会います。

その女性に導かれてさらに山の中に進んでいくと、静かな大地があり、明州の浜から投げた三鈷杵が松の木にかかっているのを発見したのです。そして、この地こそ道場を開くのにふさわしい所だと感知したという伝説があります。

聖域「奥之院」とは

高野山 奥之院の御廟橋手前から
奥之院は、弘法大師が入定した所で、現在も大師が衆生を救うために瞑想を続けておられると信じられている信仰の聖域です。大師の御廟と拝殿にあたる燈籠堂(とうろうどう)があります。「御廟橋(ごびょうばし)」から奥は、写真等撮影禁止のエリアとなっています。

「奥之院」の見どころ

奥之院参道

高野山 奥之院参道
「一の橋」から「中の橋」「御廟橋」までの約2キロの参道は、樹齢約700年の杉の大木が立ち並び、昼でも薄暗く、厳粛な雰囲気を醸し出しています。

その間には、武田信玄・勝頼、上杉謙信・景勝、伊達政宗、石田三成、明智光秀、豊臣家、織田信長、親鸞上人、法然上人などの墓碑や供養塔など、歴史教科書や映画、テレビドラマなどに登場するような人物の供養塔がずらりと並び、歴史好きにはたまらない参道です。
高野山 奥之院 戦国武将

汗かき地蔵

高野山 汗かき地蔵
「中の橋」を渡るとすぐの所に「汗かき地蔵堂」があります。世の中の人々の苦しみを身代わりになって受けてくださるので、いつも汗をかいているそうです。有り難く、親しみがわきます。

姿見の井戸

高野山 姿見の井戸
この井戸をのぞいて、自分の姿が映らなければ3年以内に死ぬという伝説があります。もし、映らなかったらと思うと、のぞくのがちょっと怖いですね。でも勇気を出してのぞいてみてください。

水向け地蔵

高野山 奥の院 水向け地蔵
「御廟橋」の手前に、地蔵菩薩や不動明王、観音菩薩などが並んでいます。御供所(ごくしょ)で水向塔婆を求め、地蔵尊に納めて、水をかけて先祖の冥福を祈ります。

弘法大師伝説の玉川の魚

高野山 奥の院 御廟橋
「御廟橋」の下を流れる川を玉川といいます。昔、この川で子どもたちが魚を獲り、串に刺して焼いていました。そのとき通りかかった弘法大師が子どもたちから魚を分けてもらいました。大師が串を抜き、魚を川へ放すと、魚が生き返って泳ぎだしたという伝説があります。以来この川の魚には串のあと(斑点)があるとのことです。

御廟橋(ごびょうばし)

高野山 御廟橋
御廟橋より奥は聖域です。だれでも参拝できますが、橋を渡る前に、手水舎で手と口を清め、脱帽し、服装を正し、心を清らかにして、合掌・一礼します。弘法大師がお参りする人を迎えにきてくださっていると信じられているからです。帰るときも、見送りにきてくださった大師に合掌・一礼して御廟橋を渡ります。

この橋は36枚の板で作られており、36枚の橋板と橋全体を1枚と数えて金剛界の37尊を表しているそうで、板の裏には梵字が刻まれています。現在は石橋になっています。
昨秋、奥之院をお参りした後、私たちは先達様の案内で、橋の横から少し下りて、橋の下の川に映った梵字を見ることができました。くっきりと見えるのは稀だそうで、とてもラッキーでした。
高野山・奥之院・御廟橋の裏に刻まれた梵字が橋下の水に映る

弥勒石(みろくいし)

御廟橋を渡って左側にあります。格子から手を入れて、中の石を持ち上げられると弥勒菩薩のご縁がいただけるそうです。罪が軽い人には軽く、重い人には重く感じられるそうです。自分の罪の深さを測ってみるのもいいかもしれませんね。

燈籠堂(とうろうどう)

高野山 燈籠堂
弘法大師入定後、高野山第二世真然大徳(しんぜんだいとく)によって建立された燈籠堂には、祈親上人(きしんしょうにん、定誉のこと)や白河上皇らによって献じられ、約1000年燃え続けているという「消えずの火」や、「昭和燈」などが燃え続けています。また多くの人々によって奉納された吊り燈籠が堂内にびっしり並んでいます。

高野山・奥之院・弘法大師御影、瞑想を続ける姿5826
私たちは、お堂を左の方へ回って後ろの大師御廟の前で、線香とろうそくを立て、納め札とお賽銭を入れて、読経し、四国88ヶ所霊場巡拝満願したことを報告しました。感無量でした!

そこからさらに右へまわって、階段を下り、最も大師に近づける「地下法場」へと足を運びました。ここにも数多くの燈籠や小さな身代わり大師が奉納されていました。

一番奥に祭壇があり、大師の肖像が見えました。さらにその奥のほの暗い中に、今も瞑想しておられる大師の姿を拝見できました。祭壇には大きな数珠と五鈷杵(ごこしょ)が置かれており、それらに触れて大師の恩徳がいただけるように、ご宝号「南無大師遍照金剛」を7回称えました。しばし神秘的で幽妙な世界に浸りました。

御供所(ごくしょ)、嘗試地蔵(あじみじぞう)、納経所

高野山・奥之院・弘法大師に届けられる生身供
「御供所」とは弘法大師の食事「生身供(しょうしんぐ)」を作る所です。今も瞑想を続けておられる大師のために、午前6時と10時半の1日2回、食事が奥之院の燈籠堂へと運ばれます。1200年間毎日続けられてきたそうです。驚きです!

高野山・奥之院・弘法大師に届けられる生身供
ちょうど10時半の食事が運ばれるところを拝見できました。日曜日でしたので、参拝客が多く、人気スターの出待ちのようにみんなカメラを構えて今か今かと待っていました。「生身供」が御供所から運び出されると、出入り口にいらっしゃる「嘗試地蔵(あじみじぞう)」様に毒見をしていただき、3人の僧侶によっておごそかな足取りで、燈籠堂へと運ばれていきました。なんだか不思議な感じがしました。

「奥之院」の御朱印・御影について

高野山・奥之院・御朱印5453
「御供所」の並びに納経所があります。奥之院へのお参りがすんだら、そこで納経帳に御朱印をいただけます(300円)。墨書は達筆すぎて読めませんが中央は「弘法大師」でしょうか。右上と左下に「高野山奥之院」の朱印、中央は蓮台に梵字の朱印です。呪文のような御朱印です。笈ずるにも御朱印がいただけます(200円)。
弘法大師の御影は白黒200円、カラー300円です。入定された時のお姿のようです。

笈ずる・中央上は「奥之院」の御朱印、右下は「四国20番鶴林寺」、左下は「四国39番延光寺」6861
私は、満願報告の記念として、笈ずる(おいずる)にも御朱印をいただきました。中央上の御朱印が高野山奥之院の御朱印です。右下は四国20番鶴林寺の鶴の御朱印、左下は四国39番延光寺の亀の御朱印です。長寿のシンボル鶴と亀に奥之院の御朱印をいただき、この上ないパワーアップです。

高野山の見どころ

高野山にはたくさんの国宝・重要文化財の素晴らしい建造物や仏像があります。ぜひ足を伸ばしてください。

総本山金剛峯寺(拝観料500円)

高野山・金剛峯寺・大主殿
1593年に豊臣秀吉が建立した青巌寺と、興山寺が1869年に合併して金剛峯寺と改称されました。現在は、高野山真言宗の総本山で座主がお住まいになっています。大主殿、別殿、新別殿など多数の建造物があります。新別殿でお茶とお煎餅のお接待をいただきながら、僧侶の法話を聞くことができました。

高野山・金剛峯寺・蟠龍庭
日本最大の石庭「蟠龍庭(ばんりゅうてい)」や、豊臣秀次が自刃した「柳の間」など見どころが多くあります。

高野山・金剛峯寺・大主殿御朱印5452
大主殿の納経所で御朱印をいただけます。

壇上伽藍(だんじょうがらん)

弘法大師が道場として開いた地で、奥之院とともに高野山の二大聖地とされています。
高野山 壇上伽藍
19の建造物が建ち並ぶエリアです。

高野山・壇上伽藍・根本大塔

曼荼羅の世界を立体的に表現した根本大塔(拝観料200円)は日本最初の多宝塔様式といわれています。根本大塔で頂いた御朱印はこちらになります。

高野山・壇上伽藍・根本大塔・御朱印5454

薬師如来を本尊とし、重要な行事が執り行われる高野山の総本堂である金堂(拝観料200円)高野山・壇上伽藍・金堂

金堂の御朱印も頂きました。
高野山・壇上伽藍・金堂・御朱印5455

伝説の「三鈷の松」もあります。この松葉は三つに分かれていて、身につけていると金運を招くとして人気がありますよ。
高野山 三鈷の松

また、伽藍入り口から東塔付近までの道は、「蛇腹路(じゃばらみち)」と呼ばれています。
高野山・壇上伽藍・蛇腹道
壇上伽藍を頭として現在の蓮花院までを「東西に龍の臥せるがごとく」と弘法大師が言ったそうで、その龍のお腹にあたる小道です。紅葉が見事な蛇腹路でした。

霊宝館(入館料600円)

高野山 霊宝館
高野山内に伝えられる仏像や仏画など、国宝23件、重要文化財143件のほか5万点以上の文化財が収蔵されています。

徳川家霊台(拝観料200円)

高野山 徳川家霊台
1643年(寛永20年)三代将軍徳川家光によって建立された家康公と秀忠公の霊廟です。

まとめ

高野山・奥之院はいかがでしたでしょうか。
私は、2016年11月、四国88ヶ所霊場巡拝の逆打ち(88番から反時計まわりに巡拝すること)の満願所である1番「霊山寺」をお参りした翌朝、高野山に満願報告に行きました。旅行会社が企画するツアーのお世話になりましたので、先達様の案内で参道の説明を聞きながら、厳粛な気持ちで奥之院のお参りができたことは幸せでした。

紅葉シーズンの日曜日とあって、一般の観光客や外国人観光客の団体も大勢訪れていました。抜けるような青空と真っ赤な紅葉と暖かな光りが堂塔に映えて崇高な気分を味わうことができました。

昼食の高野豆腐や胡麻豆腐を使った精進料理もヘルシーでおいしくいただきました。精進料理の代表選手高野豆腐はこの地の僧侶の知恵から生まれたものだそうです。

季節を変えて、宿坊に泊まってひとつひとつゆっくりと堂塔や仏像を拝見したいという思いがつのったお参りでした。皆さんも訪ねてみてはいかがでしょうか。

四国八十八箇所 お遍路
四国八十八箇所霊場お遍路巡り一覧まとめ 四国といえば八十八箇所霊場のお遍路をイメージされる方も多いのではないでしょうか。 お遍路とは、弘法大師の足跡をたどって霊場を巡りま...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたのオーラや生年月日をもとに導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by ゆうこ
Written by ゆうこ
卯年、山羊座。元国語教師。趣味は、温泉旅行や食べること。百人一首競技かるたは選手&読手A級。お寺や神社に立つと、幾度もの興亡が繰り返され、再建・再生され、長年月維持し、受け継いできた無数の無名の人々がいたことを思わずにいられません。そういう人々の思いを少しでも伝えられたらと思っています。 共著書:『新渡戸稲造の至言』(新渡戸基金発行)

POSTED COMMENT

  1. アバター 鈴木政雄 より:

    いつもながら素晴らしい記事を拝読し何度も読み返しました。
    高野山厳粛な気持ちになりますね、私もお大師様の食事行列見ました。
    かなり大規模な境内ですね、全部拝観してませんので、又参拝したいと思います。
    御朱印も他のお寺で頂けるのですね。次は私もいただきたいです。
    次もいろいろな旅記事を楽しみにしております。

    • spbreath spbreath より:

      ご訪問ありがとうございます。高野山は広大で、見どころもたくさんありますので、何度も訪れたくなりますね。
      今回は、奥之院中心に紹介しましたが、金剛峯寺、壇上伽藍の他にも、霊宝館や徳川家霊台、苅萱堂、女人堂など気になるところがたくさんあります。御朱印をいただけるところもいろいろあるようです。ぜひまた季節を変えてご訪問ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!