女性の癖で深層心理を見破る!5つのポイントとは

女性の癖で深層心理を見破る!5つのポイントとは

女性は心理状態や深層心理を男性に比べて癖に出ないようにできると言いますが、訓練なしに心理状態が癖や行動に全くでないようにすることは不可能です。

その為意外と簡単に心理が分かってしまう癖もあり、心理状態や心理的特性を当てられて驚く女性もいるのです。そんな女性の心理が読める癖があるのなら知りたいとは思いませんか?


スポンサーリンク


女性の心理が隠されている5つの癖や行動

心理状態で思わずする癖や行動は男性に比べて女性の方が少ないです。その要因はいくつかありますが、最大の違いは脳の作りと意識して直そうとした経験の差です。

しかし逆にそれが別の心理状態が分かる癖や行動を作ることもあるのです。今回はその中でも特に女性に見られる5つの癖をご紹介させていただきます。

①心理状態でまばたきが変わる

まばたきが増えるのは、「緊張・不満・怖れ・驚き」などの感情を「口に出せないとき」の仕草と言われており、分かりやすい変化を軒並み押さえようとすることで逆にここでの変化が起きます。

勿論瞬きの変化の理由なんて心理状態の変化ばかりで起こるものではありませんし、この事は多くの人に知られているので逆に意識することでまばたきが減るという人もいたりします。

もっと良くあるのは目を擦ったり、目頭を押さえて目を瞑ると言った対処法。こうした自然に出来る事が多いためにまばたきの変化と言うのは実に見分けにくい心理状態を表す変化です。

しかし話している相手の女性が逆にこうした癖や行動が多くなってきたときは相手にとって予想外の事が起き、「緊張・不満・怖れ・驚き」などの心理変化が起きている可能性が高いと見抜けます。

あまりに隠そうとすると逆に怪しいと思われる典型という訳ですので気にしてみましょう。

②同じ事をする癖は心理的に好意がある

女性は心理的に好意的だと相手に同調して行動するようになります。勿論同じ趣味を始めてみるとかそういう事ではなく、例えば自分を鏡に映したような姿勢をとっているとか、気が付くと二人して似たような体勢になっているようなちょっとした行動です。

これ実は人間の脳内で、自ら行動する時と他の人が行動するのを見ている状態両方で同じような反応をする神経細胞「ミラーニューロン」と言う働きです。

簡単に言うと「他の人の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように反応をするもの」が人間の脳にはあるのです。これにより他人がしていることを見て、自分のことのように感じる共感能力があると考えられていて、お気に入りの選手の出るスポーツ観戦にやたら熱が入ったり、友人が高い評価をされると嬉しいという事が起こります。

そして行動が似ている人に共感を覚えるように、その逆も同じで共感を感じる人とは自然と自分も同じような癖や行動を取ります。

女性はそのことを感覚で理解していることが多く、男性以上に意識的にも相手と同じような行動を自分も取るようになります。
例えば「夫婦が似てくる」と言うやつです。

これ正確には実は女性が男性に似てくるのです。この事から実は女性の好意と言う心理状態は相手の事を見ていると大体分かってしまうのです。


スポンサーリンク


③相手の「格付け」の心理が分かる癖

女性の心理は癖や行動から分かりにくいものですが、結構意識していないでする癖として聞き返すときの癖でなんと深層心理の中での話している相手の「格付け」が分かります。

この聞き返しの仕方は大きく分けて3タイプ。
「顔を前に出す」か「首を傾げる」か、「待ったく動かず声だけで聞き返すか」です。

自分よりも基本的に人の事を「下に格付ける人」「自分に自信がある人」はまず顔を前に出したり出そうとしたりします。コレは先を促そうとか、もう一度言わせようとした時の行動です。その逆にあるのが首をかしげる聞き返し方。

コレは所謂「自分が理解できない」という事を相手に伝えると言う行為からきており、こうした人は人の事を深層心理で基本的に「自分よりも格上」とするような「劣等感がある人」に多いです。

最後の全く癖や仕草を伴わない人は「自分以外にあまり興味のない人」もしくは「特定の話以外に対して興味をそそられない人」に多く、形としての聞き返しをするのが癖になってしまっている事が多いのです。

以上の三つを知っていると相手に対してどういう態度で接すると良いのかが分かるの覚えておいて損はないでしょう。

④相手の顔の左側に注目する事で心理状態がわかる

心理状態を隠すことに長け、女性は結構表情を作ること事態が男性に比べて筋肉が柔らかいためうまくできます。そのため表情に出る癖では心理状態をあまり読み取れないと言われていますが、脳の働きが作り出す癖ばかりはそうもいきません。

その為相手の顔の左側に主に注目です。もし心理状態とは違ったことを口にしていると「顔の左半分がぎこちない」ことがあるのです。本来表情と言うのは左右対称に作られますが、顔の左半分は感覚を司る右脳が管理し中々嘘がつけない部分で本音の心理がでます。

そしてそれとは逆で顔右半分は理論を司る左脳が管理しているので嘘をつこうと思った時には過剰に反応してしまいます。その為完成した表情は「左半分の動きだけがぎこちない」という事が起こるのです。

面白くもない時に笑う愛想笑いや好意のない相手に向ける作り笑いで片方の口だけが上がる表現が漫画なんかでされますが、正にアレ。
普段表情の変化に富んだ人の方がよりはっきり出るので女性の方がこの点では分かりやすいという訳です。

⑤心理を反映する足の癖

物事を考える時は脳で考えて脳から伝達がいって体を動かします。その為、脳から遠い足の動きは嘘をつく事が難しく深層心理が癖として出てしまいやすいものなのです。

採用面接時にイスしかなかったり、ガラスのテーブルにすることも、面接を受ける側の足の動きに注目できるようになっているからなのです。
こうして面接で考慮するぐらいはそれほど目の前の相手への興味や関心といった心理が足の癖や動きである程度計れます。

例えば足を大きく広げて場所をとるように座る人は小心者でプライドが高いとか、足をきっちり揃えて座る人は几帳面で心理的なガードが固い。なんてことも言われますが、それ以上に女性で注目したいのが「最初に座ったとき」の足の向きと、話しながら変化していく動き。

例えばヒザやつま先の向きはどうしても好意を持っている相手の方に向けてしまう性質が人間にはあります。コレは単純な話で本来は足の向きこそが自分の正面を決めることに起因しています。

まず好意を持っている相手には正面から向き合える、向き合いたいと思うので自然と向くのですが、あまり好意を持っていない相手には「逃げる」「避ける」をしやすいよう本能的に逸らしている事があります。

話しながら足の位置を変えようとするのにも注目です。

これ本来は足の向きを変えたり前傾姿勢になろうとしたいのを綺麗な姿勢のために抑えようとして足が動こうとしている事が多く、今話している話題に興味があるかないか、そして相手が話している事にやましいところがないかどうかが実は足の癖として出てくるのです。

女性は男性よりも「見せる意識」を持っている人が多いが故に、上半身を気にするあまり下半身がつい動いている事が多いため足の動きで心理がある程度分かるのですが、足をじっと見るのは非常に失礼なので視界に入ってくる足の動きが多いかどうかだけ気にしましょう。


心理状態がわかりにくいといわれる女性でも出てしまう癖や行動5ついかがだったでしょうか?勿論絶対にあたるものでもありませんし、訓練次第では全て消せます。しかしそれでもちょっとした相手の心理変化を見抜いてコミュニケーションを円滑にするのには役立ちますので参考にして下さい。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い 苦しい
  2. 夢占い 廃墟
  3. 夢占い ギャンブル
  4. 夢占い はしご
  5. エンジェルナンバー 222

スポンサーリンク