男性の癖や行動で心理が分かる5つのポイントとは

男性の癖や行動で心理が分かる5つのポイントとは

人間には心理状態を抑えても癖や行動と言う形でつい動きに出てしまうことが結構あります。そうした癖や行動パターンからある程度相手の心理状態や、心理的特性を予想する事が可能です。

例えば男性は女性以上に心理が分かる癖が多いので、彼の浮気を見抜くことができるかもしれません。そんな男性の癖を見抜くポイントを知りたくありませんか?


スポンサーリンク


男性の心理が隠されている5つの癖や行動

心理状態で思わずする癖と言うのは結構自覚していても抑えがたいもので、これを押さえ込むには自覚した後に相当訓練をする必要があるのです。

しかし多くの人は寧ろ癖を自覚している事も少なく、心理状態が結構素直に出るものです。今回はその中でも男性に多く見られる5つの癖をご紹介します。

①目に捉える癖が教える心理

女性は男性に比べて視線が敏感だと言われますが、それは女性が敏感なだけでなく、男性の心理状態が視線に出やすく感じやすいからという事でもあるのです。

例えば女性はすれ違った人を無意識で目追ったりすることは殆どありませんが、男性は動くものを反射的に視界に捉えようとする脳の働きが男性は女性に比べて強く、無意識ですれ違った人を目で追います。

他にも「今」意識に上っているものを脳がしっかりと認識するまで視界に捉えようとする働きが男性には多く、捉えている時間も長くなる癖があり、意識が向いている間は視線が固定されがちです。その為男性の心理的に一番意識しているものを知るために有効なのは、脳がつい反応してしまう「何を視界に捉えているのか?」を知ることです。

話していてもどうにも視線が合わない時、目線を上に逸らす時は意識が自分に向いていないことが多く、視線が明らかに変わった時は心理的にも変化が何か起こった時が多くなりますので注意してみて下さい。

②動揺を表す顔を触る癖

男性が口元をよく押さえて考える癖や、しきりに鼻を触る癖を目にしたことはありませんか?あの癖は実は動揺している心理を押さえ込むときに出やすい癖です。

やたらとオーバーリアクションになったり、あまりにも詳細だったり、理路整然と述べられる他愛もない事は嘘である可能性が高い。あれは「ディセプション」という他者に対して意図的に偽りであることを真実であるように信じさせる行動。

この「嘘を本当の事だと信じさせる」行動の一つに、表情に内面の心理が出ないように表情を変えないようにするというものがあります。そして男性はこの表情の変化が起こっていないのかどうか無意識のうちに確認するため顔の周辺を触る癖がある人が多いのです。

女性に比べて男性は成長過程で作る集団の特徴から「心理を隠して相手に接する力」が女性に比べて磨かれていない事が多いです。
その為、大体社会人に成り立て同士ぐらいまでだとどうしても表情の変化を顔に出してしまうのは男性の方。更に残念な事に男性は表情の変化が顔に出ていないかをついつい首から上を触って確認したくなるという訳です。

その為やたらと顔を触っている男性は動揺を抑え、何かを隠そうとしている事が多いので何か隠したいことがあると見ていいですし、

「顔を触る癖が癖になっている」と言う男性は隠し事を良くするタイプの男性であると言えるのです。


スポンサーリンク


③高いプライドが生む口癖

心理が分かるような癖として、考えるなら口癖が結構分かりやすい心理を反映するものです。

例えばプライドが高く、我の強いタイプの男性は「要するに」「つまり」と言う言葉を人の話の返しに何でも使いたがります。

勿論仕事上の立場や、相手の話の内容によっては「要するに」「つまり」と言う言葉を良く使う人もいると思いますが、そうではないプライベートの時ほど気にして欲しいのがこの口癖。

男性は女性に比べて理論的な思考をするといわれており、所謂「オチのない会話」と言うのがどうにも理解できない生き物だと言われます。

しかしプライドの高い人はその「理解できない」という事を知られないようにするために無理やりにでもオチを作ろうとするか、情報はちゃんと理解しているぞ?という事を主張したがるのです。

またこれがあまりにも露骨で人の話を途中で遮ってまで

「要するに~」

「つまりは~」

などと割り込む人は自分の言いたい結論に強引に結びつけることも多く、自己中心的な面がある心理を持っている可能性が高いので、ちょっと付き合うとめんどくさいと言われる人が多いです。

④独り言の表す心理

独り言と言う癖が表す心理はやたらと周りに自己アピールしていたり、孤独を紛らわせるだけと言われる事もあります。しかしそうではない心理状態の時に独り言が多くなる男性も実はいます。

具体的には集団で行動している事が多いタイプの男性。

そうした男性の独り言と言う癖は「精神の安定を図っている」心理状態の時が多いのです。

なぜかと言うと女性よりも脳の構造的に男性にとっては一番聞き慣れてなれていて、一番聞こえやすい声こそが自分の声だからです。

いつもとは違う他の人の声が多い中で「いつもの状態、いつもの事」と思い込み安心するために、あえて自分の声を出して聞いている事もあるのです。

その為こういう状態の人は何かを確認していたり、まるで自分に言い聞かせていたり、あるいは目に入ってくる文字をただ読んでいるだけの事が多いです。

この独り言の多い状態は落ち着きたい心理状態であるため、当然あまりよろしくない心理状態である事が多いです。

その為、普段社交的な人のやたらと独り言が多い時は相当機嫌が悪いこともありますのでそっとしておくのがいいです。

⑤言葉と動作のズレが表す心理

女性は感覚を掴み、繰り返すことによって物事を覚え、男性は理論を知り、その手順をなぞる速度を上げることで物事を覚えると言う脳の特徴があると言います。

例えば同じ反復練習をしていても効果の出方が男女で違って、女性は勉強や運動がある時「突然理解できる」「突然できる」ようになる瞬間と言うのがあるのですが、男性は殆どの人が「少しずつ」です。

女性は何故できるのかを「コツ」と表現することが多く、男性が「経験」と表現することが多いのは実はここに違いがあります。

この違いが「嘘をついている」と言う心理を「言葉と動作のズレ」で教えてくれます。

相手に自分の意見をわかってもらいたいときは、身振り手振りが激しくなりがちです。当然そのときの身ぶりは無意識にしている動作なので、決して言葉とズレることはまずありません。

しかし男性は、「どのタイミングだとズレているのか?」が定義付けられるものではなく、「やったほうが良い」と言う知識はあるので意識して身ぶりを加えるため微妙にそのタイミングがズレ、動きに違和感を感じるのです。

いやゆる経験不足や「コツ」が分かっていないという状態がこの「言葉と動作のズレ」。

ちょっとうまい人はそのズレを感じさせないように全体のテンポを遅くして、自分の本心の部分だけを本来のテンポにする人もいます。

思わずしてしまうような身振り手振りではないかどうかを意識するよりも、なにか動きに違和感を感じたり、あえて乱暴な動きや、全体のテンポがゆっくりとしてきたときがポイント。

そういう時は相手が隠し事や嘘をついている事に起因する心理状態である可能性があるために注意してみましょう。

選挙が近い時期に街頭演説もこれを知っているとちょっと面白く聞けたりもします。


男性の心理が隠されている5つの癖や行動5ついかがだったでしょうか?

結構人の心理状態がわかる癖と言うのは色々言われてはいますが絶対にあたるものでもありませんし、人それぞれでかなり違う心理状態が同じ癖で出ることもあります。

そのため指摘したりせず、自分の頭の中で「こうかもしれない」というぐらいの認識で留めて活用しましょう。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!

その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 四国1番霊山寺
  2. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  3. 夢占い 苦しい
  4. 夢占い 廃墟
  5. 夢占い ギャンブル

スポンサーリンク