正中山法華経寺の御朱印や歴史・見どころ

3438026197_2f7c8a3fe3_z出典:https://www.flickr.com/

千葉県市川市にある正中山法華経寺は鬼子母神が祀られていることでも有名なお寺です。広い境内には国指定重要文化財がいくつもあり、見どころがたくさんあります。御朱印もいただくことができますが、日蓮宗のお寺なので注意が必要です。そんな正中山法華経寺の御朱印と見どころをご紹介します。


スポンサーリンク


見どころ満載!正中山法華経寺の御朱印と見どころ5選

①正中山法華経寺の御朱印について特徴

正中山法華経寺は日蓮宗のお寺です。一見、他のお寺と変わりないように見えますが、御朱印についてはちょっと独特な決まりごとがあります。日蓮宗は御朱印を「御首題」と呼んでいます。
御首題をいただく場合は御首題専用の帳面を用意するのがベターです。御首題をいただく場合、他宗派や神社の御朱印が一緒になった納経帳に書いてもらおうとすると「押すことは出来ません」と断られることが多いです。御首題帳はネット通販でも購入することができるので、事前にお取り寄せしておくと良いでしょう。正中山法華経寺の御首題は4種類あります。

中老日法上人の作の日蓮聖人像が安置されている「祖師堂」の御首題、鬼子母神像を安置する鬼子母神堂がある「本院」の御首題、法華経寺の守護の宇賀徳正神の本社である「宇賀神堂」の御首題、そして十羅刹女、鬼子母尊神、大黒様を安置する罪障消滅の霊場である「刹堂」の御首題です。正中山法華経寺のそれぞれのお堂でいただくことができるので、参拝の後に声をかけてみましょう。御朱印とはちょっと違った雰囲気を持つ御首題の魅力にハマってしまうかもしれません。

②正中山法華経寺の歴史

3664099785_561c0ac1d7_z出典:https://www.flickr.com/

正中山法華経寺は祖師「日蓮」の足跡がみとめられる日蓮宗の霊跡寺院・大本山です。中世、この地は八幡荘谷中郷と呼ばれていて、下総国守護千葉氏の被官である富木常忍と太田乗明が館を構えていました。

彼らの館には持仏堂が建立され、後にそれが寺院となったのが法華経寺の始まりといわれています。1431年頃に今の名前と同じ「法華経寺」と改称したそうです。江戸時代には寺領50石1斗餘の御朱印状を拝領した日蓮宗の大本山で、江戸三大鬼子母神のひとつということで、現在でも多くの参拝者に親しまれています。また、中山の地は日蓮聖人の法難の際の安らぎの地であり、説法の地でもあります。

日蓮聖人御真刻の鬼子母神が安置されている鬼子母神堂は、信仰に厚く、子育て安産、病気平癒の祈願だけでなく、社運隆盛のための参詣の人も多く訪れています。正中山法華経寺は歴史がある分、信仰する人も多く境内のあちこちにその恩恵を受けることができる建物や仏像が並んでいます。

③正中山法華経寺の見どころ


5865566951_6d7b0d372f_m出典:https://www.flickr.com/

正中山法華経寺は境内にあるものすべてが見どころといっても良いのですが、広い境内なので、ポイントを抑えて散策するのにおすすめの見どころをご紹介します。正中山法華経寺には釈迦如来坐像はお釈迦様が悟りを開かれた姿の大仏があります。「中山大仏」として地元の人に親しまれていて、鋳像では千葉県一を誇る大きさなんです。像高は35センチ、膝張279.5センチの法量をもつ大佛像であり、参拝者を優しく包み込むお釈迦様の貴高さを表しています。見上げるだけで穏やかな気持ちになれる大仏様です。

正中山法華経寺の境内でもひときわ目を惹くのが「法華経寺五重塔」です。4284620987_ced09348ff_z出典:https://www.flickr.com/

本阿弥光室が両親の菩提を弔うために、加賀藩主前田利光公の援助を受けて建立したものと言われています。塔の総高は約30メートルで近世の五重塔としては標準的な規模ですが、国指定重要文化財となっています。初重の正面は両開きの桟唐戸、両脇には窓枠に等間隔の格子をはめ込んだ連子窓を取り付けた伝統的な形式が守られています。古い中にも歴史を感じる五重塔です。
同じく国指定重要文化財になっている「法華経寺祖師堂」は祖師堂は宗祖日蓮聖人をお祀りするお堂です。最初は鎌倉時代の1325年に上棟した小規模な五間堂でしたが、今は大規模な七間堂で屋根を二つ並べたような比翼入母屋造の形式を持つのが特徴です。国内で比翼入母屋造の屋根を持つお堂は岡山県にある吉備津神社本殿と正中山法華経寺の2ヶ所だけなのだとか。見るだけでも価値を見いだせるお堂になっています。

④正中山法華経寺の鬼子母神

3437770146_3378f43d7c_z出典:https://www.flickr.com/

雑司ヶ谷鬼子母神、入谷鬼子母神と並んで江戸三大鬼子母神とされている正中山法華経寺の鬼子母神は、江戸時代から人気が高く、江戸名所図会にも紹介されています。

また、幸田露伴の名作「五重塔」の中にも、「中山の鬼子母神様の御利益で満足には育ちましたが…」という一節があり、子供を守ってくれる神様なのが分かりますね。正中山法華経寺境内の一番奥、北側に建つ大きな建物が太客殿です。大きな玄関ホールの右側には寺務所があり、お守りや御朱印をいただけるようになっています。鬼子母神堂は本殿正面から延びる廊下の奥にあります。そこへ向かう廊下の両側には中庭が見え、右側には枯山水、左側には季節感ある木々が植えられています。

鬼子母神堂には日蓮聖人御真刻の鬼子母神様の像が安置されています。鬼から改心して神様になった鬼子母神の穏やかな表情を見ることができますよ。また、正中山法華経寺は桜の名所でも知られています。境内には200本の桜の木が植えられていて入口の仁王門をくぐると参道の両脇に桜のトンネルができます。五重塔は桜色の雲の上に顔を出したような光景です。
鬼子母神堂のある太客殿に向かうまでに、美しい光景を眺めながら向かうのも正中山法華経寺ならではの光景でおすすめです。

⑤正中山法華経寺のおすすめ周辺スポット

3940595274_c4ea7decc5_z出典:https://www.flickr.com/

正中山法華経寺の散策が終わったら周辺スポットに足を伸ばしてみるのはいかがでしょうか。ファミリー向けなのは「市川市動植物園」です。名物の類人猿オランウータンを見ることできる他、ミーアキャット、レッサーパンダ、ミニぶたなど珍しい動物と触れ合うことができます。高さ15メートルの鳥かごの中に入って鳥になった気分で鳥を観察することもできます。

ミニ鉄道も子供に人気です。カップルであればしっとりと「葛飾八幡宮」を訪れてみましょう。京都の石清水八幡宮を勧請して建立したと言われ、下総国総鎮守とされた格式の高い神社です。平将門、源頼朝、太田道灌など歴史上の人物とも関係が深い神社なので、歴史好きの人にもおすすめです。毎年9月15日の例祭日から20日まで農具市が開催されています。

友達同士で訪れるなら「ニッケコルトンプラザ」に行ってみましょう。ここはアパレルや生活雑貨などの専門店155店舗とダイエーやトイザらス、映画館が入った複合型ショッピングセンターです。約5万坪の敷地内には、バッティングドームやゴルフセンター、広場など遊びも楽しめる施設が揃っています。1日いても飽きることのないテーマパークのようなスポットです。


正中山法華経寺の御朱印と見どころはいかがでしたか。鬼子母神が祀られている正中山法華経寺は参拝した人の子供を見守ってくれると定評です。日蓮宗のお寺なので御朱印をいただく時には気を付けなければいけませんが、とても厳かな「御首題」をいただけるのは正中山法華経寺だけです。紹介したもの以外にも国指定重要文化財があるので、寺好きや歴史好きにはたまらないスポットになりそうです。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!

その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 四国1番霊山寺
  2. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  3. 夢占い 苦しい
  4. 夢占い 廃墟
  5. 夢占い ギャンブル

スポンサーリンク