メラビアンの法則とは|就活や面接で使える活用法について

メラビアンの法則とは|就活や面接で使える活用法について

メラビアンの法則と言うものをご存知ですか?この法則は対話の際の相手に与える情報源となる物は何かを調べた実験で得た結果から見つかった法則であり、主にコミュニケーションに役立つ法則であると言われるものです。

その為この法則を知っておくとコミュニケーションにおいて有利になるとも言われており、是非役立てていただくために今回は簡単にではありますが、このメラビアンの法則と言うものについて色々とご紹介させていただきたいと思います。


スポンサーリンク


役立つ「本当の」メラビアンの法則について

①メラビアンの法則概要

まずメラビアンの法則と言うものをもう少しどんなものであるのかを詳しく説明させていただきます。

メラビアンの法則と言うのはアルバート・メラビアンが行った「矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかを判断する実験」で発見された情報について言われるもの。

この研究は本来は好意・反感などの態度や感情をコミュニケーションのどの部分において人が判断しているのかについてを扱う実験であったと言われており、敢えて感情や態度について矛盾したメッセージが発せられた時の人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすを調べたもの。

この実験結果から分かったことは人がコミュニケーションで相手から情報を取得する時頼りにしている情報の割合が、話の内容などと言った言語情報が7%、口調や話し方、言葉の抑揚さなどの聴覚情報が38%、そして相手の態度や身振り手振り、見た目などと言った視覚情報が55%の割合でるという結果です。

この割合から日本では、平野喜久著『天使と悪魔のビジネス用語辞典』で使われた「7-38-55のルール」だとか「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字を取って「3Vの法則」とも言われたりもしています。

ちなみに筆者はこのメラビアンの法則をゴロ合わせで「55、38、7」なので「ゴーゴーサバンナ」と覚えると良いと教わりました。

そしてこのメラビアンの実験結果から得られた事を拡大解釈したものが日本では一時期大流行し、

「話す内容自体よりも話し方のテクニック」そして「話し方のテクニックよりも見た目や態度」こそが対話してコミュニケーションする時には重要となるのだ。

として就職活動の面接対策セミナー、営業セミナー、自己啓発書、話し方教室などで良く使われるようになりました。

しかしこれ、次のところで詳しく触れていきますが必ずしも正しいことではありません。

②メラビアンの法則の本来の考え方

メラビアンの法則はコミュニケーションの時には、「相手の見た目が最も大きな情報源となり、その次が話し方だとかのテクニックで実は話の内容自体はあんまり情報源として相手が活用していないのだ」と言う風に言われる事もありますがこれはちょっと乱暴すぎるというか、拡大解釈と言うレベルのものなのです。

実際にメラビアンが行った実験とのそ結果からメラビアン本人は単に事実のみを伝えたり要望をしたりするコミュニケーションの場合には全く触れておらず、あくまでコミュニケーション全般においてこの法則が適用されるとは言っていないのです。

どういう事なのかと言いますとメラビアンの行った実験はあくまで「矛盾したメッセージが発せられたときの」であるわけですから、メラビアンが言ったことは「相手の言っている事に矛盾を感じたり、どうとでも取れるような話、特に感情の内容については人は相手の言葉そのものよりもそれ以外から得られる情報を頼りに判断している」と言うことだけであるという訳です。

実際に考えてみましょう。

「非常に機嫌が今悪いんだ」

と言われた時、明らかに笑顔でニコニコしながら朗らかに言われた時と、あからさまに怒りをにじませて言われた時、全く同じ内容でも受け取り方は違いますよね?

文章でこれだけ書かれたとしたら全く相手がどんなつもりで言ったのかなんて判断つく人は本人以外いないでしょうから、言葉の内容以外の情報こそが欲しいと思うでしょう。

これメラビアンの法則が働いてると考えられます。

でも例えば自分が相手に何か質問した時はどうでしょう?

「今日は随分と遅かったね?」の返事が「非常に機嫌が今悪いんだ」では相手の話し方などの聴覚情報も、見た目や態度などの視覚情報も対して重要なことではないと思いませんか?

このように場合によっては相手がどんなキッチリした見た目であろうとも、どんな素晴らしい話のテクニックを持っていようとも殆どの人は自分の質問に答えていないような返答が返って来たら相手に良い感情を持つことなんてありえないでしょう。

このようにメラビアンの法則は実際に使おうとしてみたら分かるのですがどんなコミュニケーションの場面でも活かせるのかと言うとそんな事も無いのです。

寧ろ単に事実のみを伝えあったり、どちらかが何かを要望をしたりするコミュニケーションの場合この法則は対して有効に働きません。

その為正に情報のやり取りを主眼においている就職活動などの面接や営業においては実はメラビアンの法則を利用した「見た目が一番重要」あるいは「話の内容よりも喋り方のテクニックが重要」という結論正しいとは言えません。

正しくこのメラビアンの法則を活かすならどうしたら良いかは次で語ります。


スポンサーリンク


③メラビアンの法則の正しい活用法

メラビアンの法則として多くの人が聞いたことがある解釈と言うのはちょっと拡大しすぎた解釈です。

その為メラビアンの法則の何をどう理解するとコミュニケーションで活かすことができるのかと言うことを正しく理解することが必要です。

メラビアンの実験の結果でわかったことは簡単に言えば「どうとでも受け取れる情報を判断する時、言葉の内容以上に相手が情報源とするのは話し方や見た目や態度の方だ」という事ですから、まずそもそも「どうとでも取れる情報」を発信しない方がいいという事が一つ言えます。

例えば面接において面接される方が曖昧な表現や抽象的な事を述べる場合を考えてみましょう。

この場合、採用しようとしている側に緊張からの表情のこわばりが、「コイツ心にもない事を言っている」と思われることもあるでしょうし、キッチリと畏まった格好でさえ「見た目を取り繕っているだけ」と受け取られる可能性も充分あります。

絶対にプラスに働くことはないかというとそんなこともありませんが、採用する側は利益もかかってくる訳ですし、基本的に上から見下ろす立場なのでまず「粗探し」をされる可能性の方が高いです。

その為どうとでも捉えることの出来そうな言葉は、言葉の内容以外の事で良くない方へその言葉を判断されると言うリスクを負うという事になります。

営業においてはもっと危険です。

大した業界や商品についての知識もなく、自信満々な態度、話し方のテクニックで話そうとも、見栄えする格好や身振り手振りをしたとしても、相手の欲しい情報や相手にとっての有益な情報を的確に提供できなければドンドン悪い印象だけを与えます。

ここまで読んだら分かってもらえると思いますが、つまりメラビアンの法則が働く状態と言うものが既にリスクを背負う可能性があるあまり宜しくない状態なのです。

キッチリした見た目に整えましょう、はきはきと分かりやすい話し方をしましょう。

これらも確かに大事な事ですが、別にメラビアンの法則とは全く関係なしに相手に与える印象を良くするためにただ必要な事だとも言えます。

メラビアンの法則を活かすもうひとつのポイントの一つは「言葉そのものと言った言語情報」、「話し方などの聴覚情報」そして「見た目や態度と言った視覚情報」はそれぞれ別の情報源とされている事が分かっているのでそれらをキッチリと一致させることで相手によりすんなりとこちらの伝えたい情報を送り込むことが出来るという事。

例えば「笑った顔なのに怒っている雰囲気」の人っていますよね?

こうした人って本当は何が伝えたいのかはっきり断言することは不可能です。

「一生懸命怒らないようにしているけれども怒りがあふれ出てしまっている」のかもしれませんし、「この不一致こそが怖いだろうと思ってやっている」のかもしれません。

でも怒った顔で怒った態度で怒られたら誤解のしようがありません。確実に相手はあなたに怒りを伝えたいと誰もが理解するでしょう。

誤解されないように明確な言語情報を提供しようと思っていても完全にはうまくいかない事もあるでしょうし、相手の持っている情報と自分が話す情報の差異があるのならばどうしても矛盾を感じられてしまい疑われることもあるでしょう。

だからそうした時のために自分の相手に与える「言葉そのものと言った言語情報」、「話し方などの聴覚情報」そして「見た目や態度と言った視覚情報」の3つを一致させるようにしておけば相手が考える必要のある選択肢が減り、情報発信する側の伝えたい情報が伝わりやすくなるという訳です。

高いスーツを着て「庶民の味方です」と言った政治家が5000円のランチを食べていたら相手のやる気を疑うのは間違いなく良くない方にメラビアンの法則が働いています。

庶民派の政治家だと伝えたいならば、控えめなお値段のスーツを着てせめて1000円のランチにした方が良いでしょう。

④もっと具体的なメラビアンの法則の使い方

ここではメラビアンの法則の具体的な使い方を説明します。

まずは自分の対応が長くなる面接やプレゼンの時の場合です。

この場合は明確に相手が欲しい答えを持っていますので、まずは視覚情報も聴覚情報も全ては一旦後回しで、言語情報を分かりやすく簡潔に、出来るだけ具体的に準備する事です。

欲を言うなら予想や仮定は用いることなく、もし入れるならばそれに至ったデータや事実の裏づけまであった方が好ましいです。

この言語情報で相手に矛盾や解釈の自由を感じさせてしまった時や、あまりにも理解するのが難解な時はここで始めて視覚情報や聴覚情報が役立ちます。

プレゼンなんかですと出来れば先に言語情報のみで説明するぐらいのつもりで資料を作り、その後で誤解を減らすためのパワーポイント作成などをする方が本来はおすすめです。

話し方のテクニックや身振り手振りの仕方なんかは経験を積んで「らしさ」と言うのを身につけるしかありませんので練習と実戦で鍛え上げるのが最もおすすめ。

いきなり大舞台にたって始めてプレゼンをやらされることなんて現実ではまずありませんから初めから聴覚・視覚情報を別に学ぶ必要性は余程の場合でなければありません。

寧ろ話し方のテクニックや態度の演技を練習する時間は言語情報の精査に使った方が良いです。

このようにほとんどが情報のやり取りが目的な面接やプレゼンではあんまりメラビアンの法則そのものを活かす所はありませんが、唯一メラビアンの法則が効果を発揮してくれるタイミングと言えるのが決意表明をするときや、意気込みを語る時にあります。

それこそ言葉の内容なんてどうとでも受け取れるものにしか出来ませんし、確実にこの時ばかりは情報発信者の感情こそを知りたいと思う時ですから言語・聴覚・視覚情報の3つの情報源を全て一致させる意識を持って、それこそ演じきるつもりでやりましょう。


メラビアンの法則についての使い方4ついかがだったでしょうか?

メラビアンの法則については結構誤解されたまま広がってしまったと言うものですから始めて知ったことがある方も居るかもしれませんが、誤解することなく使わないとちょっと恥をかく所もあるので是非しっかりと把握しなおして実用化の検討をしてみて下さい。

この記事を全部呼んでみたらある程度は分かると思いますが、この法則に関しては正しい知識を知っているだけでも非常に有意義となりますので、就職活動や面接と言わずコミュニケーションの際にはちょっと意識してみて下さい。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い 廃墟

    2017.10.18

  2. 夢占い ギャンブル
  3. 夢占い はしご
  4. エンジェルナンバー 222
  5. 寝ながら 瞑想

スポンサーリンク