占い

つい見栄を張るのはどんなとき?心理テストでチェック

つい見栄を張るのはどんなとき?心理テストでチェック

自分でも気がつかないうちに見栄を張ることってありませんか?

人は誰でも程度の差こそあれ、見栄を張ることがある生き物で見栄を張ること事態はおかしなことではありませんが、それで損をすることも多いです。

そこで今回はそんな損をしないようにするために自分がつい見栄を張るときの心理をチェックできる心理テストをご用意させていただきました。

自分やあの人がどうして見栄を張ってしまうのかに興味ございませんか?



①つい出る一言で見栄を張る心理が分かる心理テスト

ある時友人からあなたが「~さんに伝えて欲しい」と頼まれていたことを伝え忘れ。それに気がついた頼んだ友人が、「伝えてくれた?」と聞いてきました。さてあなたは第一声はなんと言うでしょう?

A:ごめん、などの謝罪

B:忘れていたわけではない、と言い訳

C:すぐに連絡する、と挽回しようとする

D:え?頼まれたっけ?などととぼける

この心理テストでは自分を守るためのとっさに出る言葉から、見栄を張ってしまう心理状態がわかります。

Aと答えた方は耐えることを選択するタイプであり、ちょっとマゾヒスト気味なところがあります。自分に危害が加えられそうになった時にはそのダメージが最小になるような選択をしやすいと言うことは、ダメージを受けることを容認することでもあり、若干好んでダメージを負おうとするところがあります。その為追い詰められたときほど「平気だ」「大丈夫」と言う見栄を張りやすく、ドつぼにはまってしまいやすいタイプなので注意しましょう。

Bと答えた方は転嫁を選択しやすく、少々人に頼りすぎなところがある若い人に多いタイプ。自分が危険な時は被害を他に逸らそうとするようなタイプであり、ダメージを自分が受けないような立ち回りを得意とします。しかしその分自分で何とかしようと言う気持ちが弱いことが多く、自分に直接関係ないところで見栄を張りやすいということでもあります。「俺の友達が」「私の知り合いは」なんて友人自慢をついしてしまっていませんか?

Cと答えた方は攻撃性が強いタイプであり、ちょっとサディストな傾向があります。自分に危害が加えられそうな時、ダメージを与えようとする何かをなんとかしようと言う心理が強く働きやすく、ダメージを許容しないタイプです。普段から常に見栄を張りやすく、大体の人が強気な姿勢や傲慢な態度をとってしまいがち。見栄を張りすぎると攻撃対象になりかねないことにも注意しましょう。

Dと答えた方は「ダメージは避ける」と言うことを選択肢がちなタイプであり、基本的には見栄を張りません。基本流れに任せて何とかなると言うスタンスをとるために無理をしないタイプですし、見栄を張るとしてもよほど余裕があるときに限るでしょう。マイペースなのはいいことではありますが、集団行動では地味になりがちなところはあります。

②見栄の張り方が分かる心理テスト

あなたは今日、街を一望できる位置に立つ立派なお屋敷に引っ越してきました。しかし一つだけ問題があり、ここにたどり着くまでの道が少々厄介です。その厄介な道は次のうちどんな状態だと思いますか?

A:道自体に特に問題はないがとにかく街から遠い

B:歴史を感じさせる道だが、舗装はされていない

C:そもそも歩きにくいほど雑草が生い茂っている

D:近道するなら階段で、車で来るなら大回りが必要

この心理テストではしてしまいがちな見栄の張り方が分かります。

Aと答えた方は特に意識することなく、ちょっとした見栄を張ってしまうタイプ。人から認めてもらいたいとか、褒められたいと言う欲求がやや強めなタイプです。あまり大きな見栄は張りませんが小さな見栄を良く張ってしまうところがあり、自尊心を保つために見栄を張る必要があると言う目立ちたがりやな傾向があるかもしれません。

Bと答えた方は意識的に見栄を張っていこうとするタイプ。向上心があるとも言えますが、自己犠牲精神が高すぎてマゾヒストっぽくも見えるかもしれません。歴史はあるが舗装はされていないと言うのは自分で積み重ねる意識の現われであり、今の自分を保ったり向上するために無理を好むタイプですから、体を壊したり、精神的に病むことに一番注意が必要かもしれません。

Cと答えた方は見栄を張ることに抵抗がありつつも、見栄を張らざるをえないと思った時見栄を張ってしまうタイプ。所謂自尊心が極端に低い人が多く、見栄を張ること自体は多くありませんが、張るときは大きな見栄を張ってしまうタイプとも言えます。見栄を張るのは良くないことだと普段は控えめにしようとしているのですが、追い詰められたときに大きく出すぎることが多く、勝負どころを見誤りやすいため、慌てた時こそ冷静になったほうがいいです。

Dと答えた方はうまく見栄を張る気持ちをコントロールできるタイプ。見栄を張るということに対しての一長一短を理解しており、時と場合により臨機応変な対応が出来る人が多く、見栄の張りどころも張る大きさもとても上手。ただしそのコントロールが自分が出来る自負が強くなりすぎると常に大きな見栄を張ってしまうタイプにもなりかねませんので、慢心には最も注意したほうがいいです。



③気にしてしまうポイントが分かる心理テスト

今日は暇つぶしに中古品を取り扱っている家具屋さんにきて見ました。そしてぶらぶらしているとよさそうな家具を発見。しかしちょっとだけ気になるところが一つ。それはいったいなんでしょう?

A:中古品なのに値段が高い

B:まったく知らないブランド

C:見えにくいところだが大きな傷がある

D:色だけがどうにも気に入らない

この心理テストは自分のどんなところにコンプレックスを持ちやすく、つい気にしてしまうかが分かり、そこからどんな見栄を張りやすいのかが分かります。

Aと答えた方は自分の能力に対するコンプレックスを持ちやすいです。普通の人ぐらいの能力はあっても出来る人と比べてしまい、運動神経が人に劣っているだとか、勉強が出来ないことを気にしたことありませんか?こうした人は仕事上の結果や成績についての見栄を張りやすく、酷くなると人を落とそうとする発言が多くなりがちなので注意しましょう。

Bと答えた方は人間関係に対しての猜疑心が強く、自分の対人関係にコンプレックスを持ちやすいです。自分には友達が少ないことや、恋人がいないことを深刻に捕らえすぎてしまったりしていませんか?こうした人は大体お金に関する見栄を張る傾向が強く、お金で困ることが多いので変な見栄を張って奢り過ぎたり、高級品を買いあさったりしないように注意です。

Cと答えた方は自分の過去を気にしすぎる人が多い、生まれや学歴などにコンプレックスを持ちやすい人が多いです。いつまでも過去を気にしすぎて、あの時こうすれば、ああすればと一人で後悔しすぎていたりはしませんか?こうした人は大体被害妄想に囚われやすく、やたらと自己犠牲したがるところがあり、無理をしたがる傾向が強いので、体には何よりも注意しましょう。

Dと答えた方は自分の見た目にコンプレックスを持つ人が多いです。ぜんぜん気にしなくていいほどのシワや、体重の増加を大げさに悩んでいたりはしませんか?もうお分かりかもしれませんがこうしたタイプの人は若さや男らしさや女らしさに異常なこだわりを持ち、見栄を張りがちです。お金に困ることもありますし、辺にがんばりすぎて人間関係も近寄りがたい人扱いされてしまうこともあるので今一度自分は行き過ぎていないか確認してみてください。

④美化してしまう思い出が分かる心理テスト

本日はあなたの誕生日。そして誕生日プレゼントとして綺麗な造花をいただきました。さて、このいただいた造花、次のうちどこに飾っておきましょう?

A:よく使うテーブルの上

B:窓際

C:ベッドサイド

D:玄関

この心理テストは誰もが美化してしまうところのある過去の中でも特にどんなことを美化しやすいかが分かります。

Aと答えた方は人間関係について美化しやすいところがあります。具体的には昔は友人が多かったとかモテたとか、今では有名な誰々と知り合いだったとか、過去の人間関係について見栄を張ってしまいがち。確かめようもない過去の人間関係について見栄を張りやすいというのは現在の人間関係にそれだけ不安や不満がある証拠でもありますので、こうした見栄を張るというのは人に嫌われる要因となりやすく逆効果。したくなりがちですが、過去の交友関係の話はあまりしないよう心がけましょう。

Bと答えた方は、自分の過去になした結果について美化しがちなところがあります。言い換えるなら「昔はもっと自分の能力は評価されていた」と言うことを主張してしまいがちと言うことです。現状への不満がある人はもちろんのこと、それ以上に将来への不安を抱えている人がこの状態になりやすく、何とかして評価されたいと言う気持ちがこうして現れてしまうのですが、過去に囚われすぎていると余計にチャンスを逃がしやすいので、もう少しだけ今や未来に目を向けてみた方が良いかも知れません。

Cと答えた方は身体的な能力のことを美化しやすいところがあります。具体的には運動神経が良かっただとか、徹夜しても元気だったとか、もっと体力があってみんなと遊べたとかなどの見栄を張ってしまいがち。こうした傾向がある方は自分に「老い」を感じていると言う人が多く、現状の健康上に不安を抱えている人が多いです。案外思い込んでいるだけでまだまだ若さが残っている人も多いので、「今でも元気」と言う方向での見栄の張り方をして気持ちから健康を意識するほうがいいかもしれません。

Dと答えた方は自分の容姿についてを美化しがちなところがあります。具体的には昔は筋肉質だったとか、もっと張りのある肌だったとか、モデルをしてみないかとスカウトされたとか、とにかくモテたとかの過去の自分の容姿について今よりも良かったと見栄を張ってしまいがち。年齢を重ねるごとにこの傾向は当然強くなりがちですが、それ以上に現状に自分おかれた状態に強い不満があればあるほど、人間と言うのは過去の容姿を美化しがちな傾向があり、この答えに行き着いた方は今少々お疲れなのかもしれません。


見栄を張る心理を診断する心理テストいかがだったでしょうか?

もちろんこのテスト結果が絶対にそうだとは限りませんし、コレはテストを受けたその時々で答えが変わる人も多いですから、「その人の心理特性が分かる」と言うよりも「今の心理状態がわかる」と言ったものであることは覚えておいてください。

しかし逆に「今」を知るためには結構効果がありますのでぜひ皆様で楽しみながらやってみてください。

他の心理テストはこちらの記事もご覧ください。
▶︎ 心理や心理テスト一覧まとめ|すぐ活用できて人生が好転する!

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたから発するオーラや生年月日を元に導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)