ミケランジェロ名言|ルネサンス三大巨匠が神秘的に語りかける!

Michelangelo
Michelangelo / colros

ルネサンスの三大巨匠の一人ミケランジェロ。彼は天才と呼ばれていましたが、ミケランジェロは自分の技術を「天賦の才」とは思わず、当然だと思っていたようです。

当然とは一体どういう事なのか。ミケランジェロはどんな人物なのか。ミケランジェロの名言に興味ありませんか?


スポンサーリンク


ミケランジェロの名言

イタリアの彫刻家であるミケランジェロの通称は「天才芸術家」ですが、ミケランジェロはむしろ「狂気の芸術家」といえるかもしれません。彼が費やしてきた研鑽と発想から読み取れるものであり、ミケランジェロの名言から彼がどんな人物であったかも分かります。

そんな名言を今回は5つご紹介します。

①そうなることが当然の帰結と言った名言

「これほど熟達するまでに、どれほど熱心に取り組まねばならなかったか、人々が知ったなら、さほどすばらしいとは思ってくれまい。」

最初にご紹介するのはこのミケランジェロの名言。

芸術家と言う人たちは自分の仕事の結果意外は全くといっていいほど人目に触れることなく、結果が彼らのすべてと言う職業であると言えます。

ミケランジェロは当然優れた結果を出し、天才と呼ばれましたが、ミケランジェロからすれば「これだけの結果になって当然の事をしてきたのだから」と言う思いがあった事が分かります。確かに天才と言う言葉は良い言葉のように思えますが、今でもクリエイターの方の中には「出来て当然のように言われるのが心外だ、できるまでにどれだけ努力したかが分かっていない」と言う方もいます。

ミケランジェロもまた自分自身は当たり前の結果を出しているだけに過ぎないと言う思いを抱いていたことがこの名言からは見てとることが出来て、彼は自分自身を人が言うほど天才だとは思っていなかったことが分かります。しかしこの名言はそれだけでなく、別の名言でも見え隠れする彼の「狂気」の部分も見ることが出来る名言でもあるのです。

②ミケランジェロ作品完成においての信念の名言

「おおよそ完璧な仕事というものは多くの小さな注意と小さな仕事とが相集って成る。ゆえに大事を完成させるものは細心の注意と努力だ。」

難解な言い回しですが簡単に言い直すなら「物事は小さなものの積み重ねにより形を成しており、完成品を見た時に多くの人にとって素晴らしいものだと感じることが出来たものならば、そこにたどり着く過程が素晴らしいのだ。」と言った感じの名言です。

ミケランジェロの作品はどれも高い完成度から高い評価を受けることになりましたが、その高い完成度の作品を作るまでの細部へのこだわりこそが彼の高い評価の秘密であると言えます。

そしてその小さなことにも拘りの強さは、『システィーナ礼拝堂』の天井画の作成をしているときにいつまで経っても終わらない作業にしびれを切らした依頼主、時のローマ教皇ユリウス二世から直々に「いつ終わるのか?」と言われても「私の作業が終わるときです」と堂々と言ってのけたほどのもの。

決して妥協せず、細かい所にこそ拘るミケランジェロの信念がこの名言からは読み取れますし、それだけの拘りを当時の最高権力者相手にも貫いくミケランジェロの「狂気」が見て取れる名言です。


スポンサーリンク


③ミケランジェロの入れ込みが「狂気」と言える名言

「最大の危険は、目標が高すぎて達成出来ないことではない。目標が低すぎて、その低い目標を達成してしまうことだ。」

ミケランジェロと言う人物は芸術面では華々しいものを残しておりますが、私生活は禁欲的なもので食べ物や飲み物に無関心。楽しむためではなく、単に必要にせまられて食事をとり、服を着たままで靴も履いたままで眠り込むことがよくあったと記録に残っています。こうしたある種「普通ではない所」がミケランジェロにはあり、孤独を好む陰鬱な性格で、人付き合いを避けて引き篭もり、周囲にどう思われようと頓着しない人物だったと言われています。

そしてそんな人物が唯一つ打ち込んだのが彫刻を始めとする芸術分野。寧ろそれだけを楽しみとして、それだけのために生きるところがミケランジェロにはあったようで、この名言で語るように達成できてしまうことが苦痛に感じてしまうほどだったようです。

色々な解釈をこのミケランジェロの名言ははされるのですが、彼の他のものへの関心のなさからこの名言は本当の意味で彼にとっての生きる目的、生きがいがいつかはなくなってしまうような気がして「最大の危険」という表現をした名言なのだと言う解釈もできるのです。

④ミケランジェロの人生観も語ったと言える名言

「余分なものを取り除いていくことにより彫像は完成していく。」

ミケランジェロの名言は当然彫刻を始めとする芸術分野に関して残された名言が多いのですが、そのいくつかの中にはただそうした芸術分野の作品についての話をしただけではないような名言がいくつかあります。

「余分なものを取り除いていくことにより、彫像は完成していく。」と言う名言もまたその一つであり、その他にも

「私は大理石の中に天使を見た。そして天使を自由にするために彫ったのだ」と言う名言や

「真の芸術作品は、神が与える完成の影に他ならない。」

と言う名言などから、ミケランジェロにとっての良い作品を作るコツとは「あるべき形にすること」であると言え、そうした作品の作り方から彼の人生観のどこかに「そういうものだと諦めること」や「なるべくしてなる運命と言うものに従うこと」を強く意識していたのであろう事が分かります。

そんなミケランジェロは言ってしまえば感覚派の極地。弟子がいなかったのもその感覚派であるが故に伝えることができなかったからだとも考えられます。

⑤ミケランジェロの芸術への入れ込みが分かる名言

「美しいものを創作しようとする努力ほど、人間の魂を清めてくれるものはない。」

ミケランジェロはこの名言のほかにも

「私の場合は、美しいこの世を通してでしか、天国へ行く階段が見つからない。」

と言う名言など、一種芸術活動に従事することそのものがミケランジェロにとっては宗教的な意味合いを持ったことだったのではないかと思わせる名言が結構あります。

日本人にはあまり宗教の持つ精神への作用を理解しにくいところがあるかもしれませんが、宗教と言うものは古来より強力な精神に及ぼす作用のあるモノだとして言われてきたものであり、行動原理が宗教によるものであると別の宗教の人などからは正に「狂気」と思える行動を取ることも多いのです。

そしてそんな宗教的な観念もミケランジェロの芸術活動には加えられていたからこそ他の人がマネの出来ない「奇跡」「天才」と言う「人とは違うもの」を多くの人に連想させていたのではないかという事が、この名言からは感じます。

物事は突き詰めることで奇跡となるという言葉もありますが、ミケランジェロこそ正にそれを体現した人という事なのでしょう。


ミケランジェロの名言5ついかがだったでしょうか?ご紹介してきた名言からミケランジェロとは人には理解できない物を理解するまでやり遂げた人。それこそ正に「狂気」の拘りを持った人だと言える事が分かってもらえたと思います。

自分が何かを成せない時、必要なのは「狂気」の拘りなのかもしれません。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い 廃墟
  2. 夢占い ギャンブル
  3. 夢占い はしご
  4. エンジェルナンバー 222
  5. 寝ながら 瞑想

スポンサーリンク