宮沢賢治 名言|人生に悩んだ時に読みたい5つの言葉

宮沢 賢治 名言

岩手県出身の詩人または童話作家として知られる人物、宮沢賢治。

あまり有名なことではないのですが、彼は自身の作品に法華経の教えやキリスト教的な救済信仰を取り込んでおり、彼の残した名言の中には「今を如何に生きるべきなのか?」ということを気がつかせてくれるようなものが数多くあります。

そこで今回はそんな宮沢賢治の名言を5つ御紹介し、人生に悩む方のためになるような記事を書かせていただきました。

今の自分の生き方に疑問を抱いてはいませんか?


スポンサーリンク


宮沢賢治の名言

こちらの記事もぜひご覧ください。
▶︎ 【世界の偉人名言集】人生に悩んだ時に読みたい成功のヒント

①落ち着き笑うことの必要性

「けれどもどうしてももうできないときは落ちついて笑っていなければならん。落ちつき給え」

この宮沢賢治の名言は自分が追い詰められている時にどうしたらいいのかということのヒントをくれる名言。

人って本当に追い詰められた時、どうすると思いますか?

何とかしようと頑張るでしょうか?諦めて全て受け入れようとするでしょうか?

答えはどちらも「NO」でして、本当に追い詰められた人と言うのは頭が真っ白になると言う比喩表現があるように「何も考えられなくなる」のです。

パソコンだってあまりにも沢山の処理をしようとするとフリーズするのと同じで、流石の私たちの脳でも同時に考え処理できることには限界があり、それは仕方のないことなのではありますが、当人が何も考えられなくなろうと現状と言うのは無情なもので待ってはくれません。

だからこそ、何も考えられなくなる前に落ち着いて考えることに順番をつけ、考えることをやめないようにする必要があるのです。

その為には何が効果的かと言いますと笑ってやること。

最初はポーズだけでも虚勢でもかまわないので自分自身に大丈夫だと言い聞かせ、笑ってやれば最低でも何も考えられなくなるよりはマシなことが多く、追い詰められたら笑って落ち着くと言うのは意外と大事なことなのです。

②子供に自慢できると言う基準

「自分が真実から目をそむけて子どもたちに本当のことが、語れるのか」

宮沢賢治は童話を書く人であるために、日ごろの自分の行いも「子供に自慢できるぐらいのもの」を意識していたともいいます。

この宮沢賢治の名言「自分が真実から目をそむけて子どもたちに本当のことが、語れるのか」はそうした気持ちの表れでもあり、自分たちがしていることの評価の基準はそれが子供たちに向かって胸を張って自慢できるかどうかであると言っています。

そう考えた時、自分のいつもの生活ってどうでしょうか?

もちろん完璧だという人は多分多くはないはずで、むしろ完璧だと自分のしていること全てを子供に誇れる人は普通ではないでしょう。現実ってそんなに甘くはないからです。

しかしそれでも、少しだけでも多くの自分のしていることを子供に誇れるようになりたいとは思いませんか?

この宮沢賢治の名言はそうした自分がするべき行動の基準は何を使えばいいのかの例の一つを教えてくれる名言です。


スポンサーリンク


③自分が思った世界だけがそこにはある

「すべてがわたくしの中のみんなであるやうに みんなのおのおののなかのすべてですから」

この宮沢賢治の名言は、子供のころだから理解しやすい所と出来ないところがある名言であり、自分が思っている世界がその人にとっての世界になるということを教えてくれる名言。

子供のころは、「自分が知らない間にまるでトイストーリーのように物は勝手に動いたり、逆に人は人形劇の人形のように全く動いていないのではないか?」と言うような疑問を持ったことはありませんか?

でも大人になると「常識」や「普通」というものを頼りにして、自分が認知できないことや、理解できないものは考えもしないし、物によってはそんなものが存在するはずもないと思うものです。

知らなかったことを後で知って驚いたり、知っているつもりで全く知らなかったというような経験なんて一生するのに、人は結局大人になればなるほど思い込みの中だけで生きています。

それこそ正に「すべてがわたくしの中のみんなであるやうに」です。

そう考えるとみんながそうであるわけですから、自分と人との違いというものに寛容にもなれますし、自分の考えや人生も自分で望んで作っているとは思いませんか?

この名言はそんな自分が思った世界だけがそこにはあるということを教えてくれ、自分の人生は自分が思ったようになることを教えてくれます。

④自分のことを考えていますか?

「誰が誰よりどうだとか 誰の仕事がどうしたとか そんなことを言っているひまがあるか?」

この名言は多くの大人に本当に耳が痛い思いをさせる名言であり、自分の考え方を見直させてくれる名言。

何事も力がつけばつくほどに自分を鍛えたり磨くのってとても大変なことであり、時として自分を上に上げることよりも誰かを下に持ってくることを考えてしまうもの。

相対的に自分と相手との距離が変わるという意味ではどちらも同じことですし、子供の頃はまだしも成人するぐらいには自分を鍛えることよりも、その方がずっと少ない労力で出来てしまうようになるため誰もが楽をしようとするとそうなりがちです。

でもそれって結局自分の自力を上げれてはいないわけであり、誰かと比べないで見た時や、自力が必要になってきた時に必ず後悔する結果が待っています。

例えば一生日本で暮らすというなら「普通の日本人よりも英語が出来る」と言うのはすごいことですが、アメリカで暮らすことになれば「ネイティブと同じぐらいの英語力がある」レベルで当たり前として扱われますから「普通の日本人より英語が出来る」レベルではお話になりません。

だからこそ、例え楽ではなくとも、中々結果がでなくとも、まだ自分自身を上げることのできる余地がある以上は人は自分のことを誰かと比べず鍛えたり磨くことがとても大事。

今の自分のあり方を疑問に思った方はこの名言「誰が誰よりどうだとか 誰の仕事がどうしたとか そんなことを言っているひまがあるか?」を自分に問いかけてみてください。

⑤今の自分を大切にする

「我々ができることは、今を生きることだけだ。過去には戻れないし、未来があるかどうかも定かではない」

この名言は「今」に全力を尽くす姿勢を持てという名言。

人間は誰もが余力を持とうとするもので、そのことは決して悪いことではありませんが、余力を余しすぎて「今」手を抜きすぎてしまうことって大人になればなるほどあるもの。

進学先、就職先、就職した後、老後の心配、更には自分が死んだ後の心配。

人間は生まれて死ぬまで先の不安要素を抱えて生きていくものですが、先の心配をどれほど前倒しでクリアしようとも、次の不安や心配と言うのはなくなりません。

それで今を楽しんでいられますか?

過去についても同じことです。

やり直しが聞かない以上あの時はこうすれば良かった、このときはああするべきだったといくら考えてみたところでそれを「今」に活かせないのならば意味は全くありません。

そう考えると、結局のところ人生とは今という一瞬の時間の積み重ねで出来ており、来ていない未来も過ぎた過去にも直接干渉することは出来ず、自分の意思で変えることが出来るのは今しかありませんから「今」ってかなり重要だとは思いませんか?

過去を反省することも大事です。先のことに備えることも大事です。でも今を全力で出来なければ何も変えられないと思いませんか?

この名言はそうした今の自分を大切にすることの大事さを教えてくれる名言です。


宮沢賢治の名言5ついかがだったでしょうか?

人が生きるための方法なんて今の世の中は少なくなく、自分たちが生きる上で何が必要なのか?どう生きることが良いのかに迷うこともあるかと思いますが、結局のところ「自分がどうありたいか?」と言うことこそが最も重要で、今を如何に生きるべきなのか?の答えはそこにあります。

この記事がそんな自分がどうありたいかを考えるための参考になったなら幸いです。

こちらの記事もぜひご覧ください。
▶︎ 【世界の偉人名言集】人生に悩んだ時に読みたい成功のヒント

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!

その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  2. 夢占い 苦しい
  3. 夢占い 廃墟
  4. 夢占い ギャンブル
  5. 夢占い はしご

スポンサーリンク