ライフ

ニコラテスラ 名言|天才とは何かを語る5つの言葉とは

ニコラテスラ 名言
エジソンのライバルとも言われた電気技師にして発明家、ニコラテスラ。

8か国語に堪能で、詩作、音楽、哲学にも精通していたという多才な人物であり、一部オカルト方面などでも名前が出てくることもあったりとする正に天才と言われるのに相応しい人物であり、天才とは何かを彼の名言からは感じ取ることができます。

そこで今回は天才とは一体どういうものなのかを教えてくれるニコラテスラの名言を5つ御紹介させていただきます。あなたは天才ってどんな人か考えたことはありますか?



①天才とは未来を見据えることができる人

現在は彼らのものだが、私が動いたからには未来は私たちのものだThe present is theirs; the future, for which I really worked, is mine.

この名言はニコラテスラの予言のような名言であり、天才と言うものは「今」に目を向けるのではなく「未来」の事を考えられる人物の事だと教えてくれます。

彼のこの名言は正に予言であったようでして、直流電流が主流であった当時の電力事業やエジソンと意見を対立させてまでも独力で開発を進めた交流電流方式こそが今では世界的な主流となっている現状があります。

彼に限った事ではありませんが現役での活動中よりも後、極端な話をするなら死後や100年以上たったぐらいの後世でやっと「天才だった」と評価されるようになった人と言うのは実は珍しくなく、天才にはそうではない人にはついていけない事が多いもの。

比較するならニコラテスラのライバルであったエジソンも天才だとされていますが、彼はその考え方や行動の特徴、残した名言から見るに「天才タイプ」では無い人物でしたから、彼は現役時代も長く高く評価された言える訳です。

そうしたつい未来にこそ目が向いてしまう人こそが結果を出せたとき、その人は天才となれるのであるとこの名言は教えてくれます。

②頭の中でどれほど具体的に描けるか

私は、実際の作業を、性急に進める事はない。まずは想像の中で組み立て作業を開始する。頭の中で装置の構造を変え、改良し、操作する。思考の中で試行しようと工場の中で試験しようと、私には関係ない。My method is different. I do not rush into actual work. When I get an idea I start at once building it up in my imagination. I change the construction, make improvements, and operate the device entirely in my mind.

この名言は正に天才とそうでない人を分けていると多くの人が思えるポイントを教えてくれる名言であると同時に、資本を持たない人たちの成功の鍵を教えてくれる名言。

簡単に言ってしまうならばどれほど具体的に物事をイメージできるかどうかこそが天才と言われるかどうかを分けていると言った名言。

やって見なければ分からないことは確かに沢山ありますが、実際試すとなるとどうしてもお金や労力、時間などのなんらかの資本が必要になってきますので、分からないことが少ない人の方が当然有利になるのは当たり前。

しかし実際にやらずとも、似たような経験や理論や知識などをベースに具体的にイメージする能力があれば「やってみなくても分かる」事って出てきて「実際にやってみる」過程を飛ばすことが出来きます。

例えば沖縄に行って暑かった経験から、行ったことがないハワイに行くために必要なものを考えられたり、ホテルの接客の経験が飲食店の接客で活きたりするようのがこれ。

まるで「最初から分かっていた」ように結果を出すと、周りの人はどう思うか?答えは「あの人は天才だ」です。

直ぐに誰もが出来る事ではないのですが、やはりこれもその具体的にイメージすることの重要性を理解し、経験を積めば出来るようになるもので、逆にしようとしなければ磨かれる能力でもなく、できる人を特別視させるポイントになるわけです。

その為この名言は具体的に頭で描ける人が天才であると教える名言なのです。



③直感を大事にする姿勢

直観は、知識を超越する。われわれの脳の中にある、素晴らしい組織に比べれば、論理や計画的な努力は、取るに足らないものになってしまうinstinct is something which transcends knowledge. We have, undoubtedly, certain finer fibers that enable us to perceive truths when logical deduction, or any other willful effort of the brain, is futile.

ニコラテスラは直感をとても大事だとした人物です。

それと言うのも人間の頭の中、つまるところ脳と言うものの機能がとても優れたものだと理解していた人物であったからです。

人間の脳はその機能を誰もが特に意識せず使っていますが、どんな機械よりも実は優れた処理能力を持っているのです。

それこそ計算能力だけでならばパソコンどころか電卓にも劣るところはあるのかもしれませんが、人間がどれほど色々な事を同時にこなし、しようとしたことが瞬時に実行されるかを考えたならばどんなスーパーコンピューターよりも高い処理能力があるのかが分かるでしょう。

例えばあなたは生卵と鉄アレイをそれぞれ右手と左手で持ち上げることができますか?

多分これを健常者ならできない人なんていないと思うのですが、理論や数値の入力でこれを可能とする機械が人間と同じレベルでやろうとしたならば人間の脳の何万倍と言うサイズの機械が必要になりますし、別のものを持ち上げるには更に必要なデータを処理する機能が必要です。

それぐらいには人間の脳のスペックは高いものでして、時としてその高いスペックの脳が出す答え「直感」は意識的に理論や計算で出そうとした答え以上に多くの要因を加味して答えを出すこともあり、時として他の何よりも正しい答えになることもあるという訳です。

こうしたことからニコラテスラのこの名言は天才は脳とが出す答えである直感を頼りにできる人なのだと教えてくれます。

④直感を大事にする理由の正しい理解

私はエジソンの行う実験の哀れな目撃者のようなものであった。少々の理論や計算だけで彼は労働の90%を削減できただろう。しかし彼は本での学習や数学的な知識を軽視し、自身の発明家としての直感や実践的なアメリカ人的感覚のみを信じていたHis [Thomas Edison] method was inefficient in the extreme, for an immense ground had to be covered to get anything at all unless blind chance intervened and, at first, I was almost a sorry witness of his doings, knowing that just a little theory and calculation would have saved him 90 per cent of the labor. But he had a veritable contempt for book learning and mathematical knowledge, trusting himself entirely to his inventor’s instinct and practical American sense. In view of this, the truly prodigious amount of his actual accomplishments is little short of a miracle.

ニコラテスラは直感と言うものが大事だと述べた人物ですがその理由もしっかりと名言で述べています。

その一つがこのちょっとエジソンに辛口と言うか、エジソンに批判的なこの名言。

多くの天才と呼ばれる人は「なんとなく」とか「大体」などの直感が人よりも当たりやすいという特徴を持っていることが上げられますが、そもそもその直感の当たる精度の高さが人によって生まれつき違うと言う考え方が違うのです。

直感とか思いつきは元を正せば本人の頭の中の経験や、知っている理論や計算に基づいて生まれるものであり、本での学習や数学的な知識がどれほどあるかで直感の当たる精度は変わってきます。

例えば全く料理をした事がない人同士でも知識が全く無い人よりも、料理のレシピや色んな食べ物の味を知っている人の方が美味しい料理を作れるように、人がただ「直感」とだけ言い表しているものの多くはその人のこれまで何をしてきたのかが反映されているのです。

その為このニコラテスラのエジソンへの批判的な言葉である名言は天才が直感を大事にする理由が実は、その人の経験したものの大事な集大成だからなのだと教え、天才は知識や学習が人よりも多い人なのだとも教えてくれます。

⑤実は天才とは特別なものではない

天才とは、1%の直観と99%の徒労であるGenius is 1 percent inspiration and 99 percent vain effort.

この名言はニコラテスラの名言の中でもエジソンの名言と比べられることで圧倒的な知名度を誇る名言の一つで実は天才と言われる人たちは特別なものではないという事を教えてくれます。

直感と徒労で天才が出来ていると言われたところでちょっとピンとはこないと思いますが、「人が天才的だと思う発想をする事ができる理由の大半は、無駄だと思われたりしたことなのだ」と言い換えたならどうでしょうか?

日本語にも「ナントカと天才は紙一重」なんて言葉があるように実は天才になる要因はそうでない人がすることと1%の差しかなく、1%の直感が天才とそうでない人の差でしかないと考えられます。

極端な話1%の直感だけが結果を左右していて、天才なんて他の人とほんの少ししか違わないし、天才もその1%が欠けてしまえば天才ではなくなるのです。

つまり天才は別に特別なものではなく、人とのほんの1%の違いを活かす事ができるだけの人だと表現できます。

こうしたことからこの名言は天才は特別なものではないと教えてくれる名言だと言えるのです。


天才とは一体どういうものなのかを教えてくれるニコラテスラの名言を5ついかがだったでしょうか?

実際本当の意味での天才とは今回ご紹介したような特徴を持つようなタイプであると私も思いますし、天才と呼ばれた人の半分以上はこうした特徴があったであろうと考える事ができるのです。

しかし逆を言うのであれば半分ぐらいは実は天才と言うタイプの人ではないのに人から特別な人「天才だ」なんて言われて成功した人でもあります。

つまり成功するためには実は天才である必要があまり無いという事も言えるので無理に天才を目指す必要も本当はなく、あくまでそういう人もいるんだと思うぐらいの役に立てるつもりで参考にして下さい。

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 【世界名言集】偉人から人生を学ぶ最高のヒントまとめ一覧

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカードを元に導き出される 『神秘のタロットカード』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

ついに令和の時代を迎えました! 

新たな時代が始まるこの機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!