占い

自分にとって最もベストな人間関係とは!?心理テスト診断

人間関係 診断

人間個々人にはそれぞれの心理特性において最も適した人間関係の築き方、最も心地よいと感じられる人間関係のあり方が違っており、これは中々自分自身でも理解していないことが多くて、人間関係で悩むと言う人が沢山います。

そこで今回はそんな自分にとって最もベストな人間関係について診断できる心理テストをご用意しました。

あなたが無意識下で本当に望む人間関係と言うものに興味はございませんか?



①最適な人間関係の距離診断

あなたの飼っている愛犬がなんだか元気が無いように思えます。その愛犬の元気が無い様子からあなたが最初に思いつくことはなんですか?

A:結構な年であること

B:怪我や病気かもしれない

C:何か嫌な事があったのかもしれない

D:お腹が空いているだけだろう

この心理テストでは本来自分が無意識に望んでいる人との距離と言うのが診断できます。

Aと答えた方は誰かに寄り添うぐらいの距離にいて欲しいと思うタイプであり、言ってしまうと寂しがり屋。自分の事を何でも分かってくれている人を求める傾向があり、心を許せる親友やパートナーと言う存在を心の底から渇望しています。会社や学校で友達が多くともどころなく虚しさや寂しさを感じてしまったりする人や、表面的な付き合いと言うものが苦手な人が多く、やや甘えん坊な傾向が強いです。

Bと答えた方はそこそこ近い距離に人にいて欲しいと思うタイプで、派手好きだとかムードメーカーとなる人が多いです。誰とでも仲良くなりたいというタイプの人が殆どで、知り合った人と直ぐに友達となりたがります。基本的に集団行動するのが得意な人で、その逆に一人で何かすると言うのに抵抗感がある人や、一人で何かをすると結果や効率が悪くなると言う人が多いです。標準的な日本人タイプとも言えます。

Cと答えた方は1番人との距離をとっておきたいタイプでして、精神的な引き篭もり傾向があります。あまり干渉されたくない、自分も干渉したくないなんて事を考えやすい個人主義。現実で何かするよりも自分の世界に没頭する方が楽しかったり、誰かと何かをしている時よりも一人でやりたいことをしている時に幸せを感じると言う人が殆どです。芸術や音楽など創作関連で力を発揮する人が多いです。

Dと答えた方は最低限の人との繋がりがあれば良いというタイプでマイペースな人が多いです。自分のやりたいこと優先であまり人の事を気にしないのですが、完全に1人っきりになるのは不安を覚える所があり、なんだかんだと言いつつもすべき時には集団行動をするぐらいには仲間意識があったりします。子供のときは孤独耐性が1番高いタイプなのですが大人になるにつれ徐々に孤独耐性が低くなり、老年のころには最も孤独耐性が低いタイプとなるちょっと変わったタイプです。

②どんな人間関係でこそ力を出せるか?

あなたは今夢の中にいます。そんな夢の中あなたは異性になっており、薄暗いバーに一人で来ました。その時最初に注文する1杯目は次ぎの内どれ?

A:ビール

B:カクテル

C:ウイスキー

D:ノンアルコール

この心理テストではどんな人間関係でこそあなたの力と言うか魅力が発揮できると思っているのかを診断する事ができます。

Aと答えた方は仕事などの表面的な人間関係でこそ自分の魅力が生かせると思っています。所謂当たり障りのない会話をしたり、波風を立てないように穏便に済ます力にこそ自信があって、誰とでもそこそこうまくやっていくことが出来ると思っているはずです。その分仲の良い人やパートナーができた時には自分が嫌われてしまわないかなどを他のタイプの人よりも気にする所があります。あまり深く考えすぎるとかえって関係が悪くなることもありますので、近しい人とは自然体でいる事も必要だと覚えておいて下さい。

Bと答えた方は友人関係などの近しい人との人間関係でこそ自分の魅力が活かせると思っています。誰も彼もから好かれるタイプではないけれども、自分には絶対に裏切らないような親友や友達がいるとか、自分のパートナーとは非常にうまくやっていけると思っていたりしませんか?1番人間関係で負うストレスが少なくて済むタイプの人ですが、その分信じていた人に裏切られた時のダメージはどのタイプよりも重くのしかかってくる所には注意です。

Cと答えた方は恋愛感情が伴うような人間関係でこそ自分の魅力は活かせると思っているところがあります。主に異性を意識した言動を心がけていると言う人が多くて、男性ならば男らしさ、女性ならば女らしさと言うものに自信があるタイプ。実際の所恋愛感情が伴う人間関係で良い結果を出せるかどうかは又別の話しではありますが、このタイプの人はこのタイプと言うだけで主に同性からあまり良くない目で見られやすい弱点がある事は覚えておいて下さい。

Dと答えた方は自分は人間関係に発揮できる魅力があまり無いと思っています。やや劣等感が強いと言うか自分の能力は人間関係について活かせないと思ってしまっていると言う人が多いです。実際の所どんなに友達が多くとも、どれほど誰に愛されようともどことなくそれを信じられない所があったりするので人間関係で感じるストレスはかなり高めです。もう少し客観的に自分の人間関係について見る目を持った方が良いかもしれません。



③どんな人間関係の構築が適しているか?

次の画像の中で1番目を引かれた色を教えて下さい。

A:紫

B:赤

C:オレンジ

D:白

この診断では自分がどんな人間関係構築に適しているのかが診断出来ます。

Aと答えた方は所謂普通の人。浅く広くの傾向の人間関係構築に適正があり、自己主張をするのはそんなに得意ではなくとも、一般的な社交辞令や当たり障りのない会話をするのには特に困らないと言う程度のコミュニケーション能力があると言えます。その半面で特別な親友だったり、恋人や結婚相手といったパートナーを作ると言うのにちょっと踏み出せないような所があるので、そうした人間関係を作るのにはもう少し行動的になった方が良いかもしれません。

Bと答えた方は特定の友人とばかり付き合いを持とうとする人。狭く深くの人間関係構築に適正があり、基本的には受動的なのですが、結構自己主張するのが好きであんまり物怖じしないですし、普通ではないという事こそを好意的に捉える所があるので特定の友人との関係だけを強固にしていくコミュニケーション能力が高いと言えます。その半面で好き嫌いが自分もかなりありますし、相手からもされやすいので偏った人間関係になり所謂「染まりきってしまう」事も少なくないので社会で生きていくにはもう少し広い視野があった方が楽かもしれません。

Cと答えた方は結構珍しいタイプでとても個人主義的な人。この選択肢の中でも1番狭く浅くの人間関係構築に適正があり、本当に限られた数人の人と以外の交流は寧ろ避けるような人が多いです。当然人見知りの人が多いですし、積極的に人間関係を構築するのに魅力が感じれないと言う人が多いので能動的を超えて他人からのアプローチに拒否的と言う人もいます。その分そうした心の壁を乗り越えてきた人とは特別仲良くなれるのですが、これが良くも悪くも働きますので自分にそういう所があるという事だけは自覚した方が良いかもしれません。

Dと答えた方は他人を他人と分類する人。もっと分かりやすく言うならば誰であろうとも自分以外を「他人」だと平等に扱えるタイプ。最も浅く広くの人間関係構築に適正があり、純粋と言うか素直と言うか変な先入観を持つことなく人と接するので、「誰とでもそこそこ仲良くなる」という事が得意と言えます。ただし、もうお気づきの方もいると思いますが、そうなれる理由が結構冷めているという所にあるので、深いお付き合いをするとなると抵抗感があるのです。

④友人の壁診断

以下の中であなたがそうだと思うものを答えて下さい。

①面倒くさいことは後回しにする

②オタクと聞いても良くないイメージはない

③同窓会は絶対に行きたい

④ケンカしても、自分からは謝らない

⑤自分には秘密が沢山ある

⑥意外と根に持つほうだ

⑦一匹狼と言う言葉はカッコイイ

⑧オシャレにはあまり興味がない

⑨意地っ張りな性格だ

⑩1日中、誰とも会話しないで過ごす事がある

さてあなたは一体いくつ該当しましたか?

今回の質問はいくつ該当したかで大体の友人と認識するレベルの壁が診断できます。

そしてその事から自分がどれだけ多くの人と係わり合いを持っているのが心地よく思える程度の人なのかが分かるのです。

0点、10点ならそもそも自分の側に人がいると言うことがNGなレベル。友人と知り合いの壁がかなり高くて分厚いタイプで「友達はいない」なんて自分では言うものの、周りから見るとどう見ても友達が多いとしか見えないような人が大体このタイプです。物事に対する基準からしてハイスタンダードで厳しく、極端な話し「自分の為に命を賭けられるか?」とか「その人のためなら犯罪を犯せるか?」みたいな他の人からすれば親友であろうとまず出来ないだろうレベルの事を要求しているため、友人になるのも結構大変です。

3点以下なら寧ろできるだけ沢山の人と関れていないと安らげないタイプ。好きな人とはべたべたしているのが好きと言うイメージをして下さい。友人と知り合いの壁はあってないようなもので、一回共通の友人を通して遊んだりしたら次から自分の友人でもあると思えてしまうタイプ。とても社交的な人が多く、誰とでも仲良くなろうとする人が殆どで周りからすると心配になるぐらいの無警戒さを見せている事が多いので詐欺の被害や犯罪に巻き込まれたりするのに注意が必要かもしれません。

4点以上6点までなら所謂普通の人タイプ。ワイワイするのは好きだけれどもベタベタはあんまりと言うのをイメージして下さい。知り合いは多く、友人も多いし、親友も何人かいる。しかしそうした人たちと毎日は流石に付き合っていられない。と、こんな感じの人が多いです。誰とでもそこそこ仲良くできるタイプですし、人間関係で受けるストレスも多くはないのですが、所謂「お付き合い」程度の事が殆どマイナスになる為、プラスマイナス0と言った感じです。

7点以上9点までとなってくると自分の特に認めた人とならば関っていても心地よいと思える程度の人。親しい人たちとたまにあっては盛り上がるのが好きぐらいをイメージして下さい。厚みはそんなにないのですが、友達の壁はかなり高く、友人と認められるようになるまでに長い時間か大きな切欠が必要です。でも一度友人と思える人には寧ろ、「いつでもウエルカム」と言う両極端なタイプでもあります。「知り合いは多くとも友人は少ない」と自分で思いやすく、相手に一方的に友人だとか親友だとか思われやすく「どうして俺に頼んでくるんだ?」とか「何で私にこんなに親しげなの?」と思う事で人間関係で結構ストレスを溜める人が多いですが、認めた親友とのひと時ならば過酷な環境下でもそれを精神的なプラスに変えることができる人もいます。


最適な人間関係について診断が出来る心理テストいかがだったでしょうか?

同じ人がやったとしても成長で変化するものでして結構結果がばらつくこともこうしたテストには多く、裏を読んだりするのも簡単なので一致率があんまり高いとはいえないのですが、それでも4つともやれば大体の傾向は分かりますので、是非ともこれらを参考にして自分にとってのベターな人間関係構築に利用していただきたいと思います。

他の心理テストはこちらの記事もご覧ください。
▶︎ 心理や心理テスト一覧まとめ|すぐ活用できて人生が好転する!

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日を元に導き出される『神秘のタロットカード』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

平成もついに終わりを迎えます。

これを機にあなたのこれからの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!