自分の人生を貫く織田信長5つの名言

自分の人生を貫く織田信長5つの名言

織田信長を知っていますか?戦国時代から安土桃山時代にかけて名を馳せた尾張の戦国大名、織田信長。日本人で知らない人はかなり少数でしょう。

私が知る日本人の中でも織田信長はその信念の強さが特に見られ、日本人を惹き付ける偉人です。そんな織田信長の良い所を感じる名言に興味はございませんか?


スポンサーリンク


信念と改革の男、織田信長の名言5つ

織田信長と言いますと、苛烈なところや残酷なイメージを持った人も少なくないとは思います。しかし彼の残した名言の数々からはそれ以上に信念の強さと改革することの必要性を感じていた人物である事が理解できます。

今回はそんな織田信長の信念を貫く姿が知れる名言を5つ御紹介します。

①戦の功名よりも大事な事

「およそ勝負は時の運によるもの、計画しても必ず勝てるものではない。功名は武士の本意とは言え、そのあり方によるものだ」

数々の華やかな戦を歴史の教科書に残した織田信長ですがこんな名言を残しています。この名言のままでは理解が難しいので分かりやすく言うならばこの名言は「功名をあげるという事は運によるものだ。つまり功名があるのは運が合っただけに過ぎない」と言えます。

散々戦をしてきた織田信長と言う武将の言葉とは思えはしないこの名言ですが織田信長が力を入れていた本当の物は内政だった実は言えます。

戦の勝利は内政をしっかり出来たから、そんな内政を敷くことの出来た考える頭があったからで、戦の功名よりも大事な事があるという信長の信念がここに見られる名言です。

②世間で言われる常識や風習に囚われない

「いつの時代も変わり者が世の中を変える。異端者を受け入れる器量が武将には必要である」

平民の中でも比較的貧しいといわれる出の秀吉を筆頭に、織田信長はかなり変わった家臣を自分の配下に置いています。

家督争いで敵にまわって相当の被害を出した柴田勝家、その計算能力の高さを買われた傾者という今で言うチンピラに近いようなことをしていた前田利家、浪人集団とは名ばかりの山賊上がりの蜂須賀小六。

そのほかにも異例の抜擢を織田信長はしており、「奇貨居くべし」を正に体現した人物です。その織田信長のこの名言は正にそうした改革とそれにかけた信念の強さを感じ取れる名言であり、世間で言われる常識や風習に囚われない方法を模索する方針であったものを教えてくれる名言です。


スポンサーリンク


③最も気を遣った人材登用の基準

「家に貢献してくれるのは「優秀な者」よりも「能力は並の上だが、忠実な者」の方だ」

織田信長は自分自身のしている事が世間で言う常識から外れている事であると理解していたところが随所から読み取れます。

そしてこの名言は織田信長のそんな方針による改革を推し進めるため必要とした人材について語られた名言です。
この名言を解説すると、この場合の家とは組織であり、世間で言う能力の高いといわれる人物よりも、組織のために力を発揮してくれるのは組織の目標に理解を示す人たちだ。といったところです。

織田信長は確かに能力主義者として有名ですが、ただ世間での評価の高い人物や、能力が高いだけの人物ではなく、自分の改革に有用な人物であるかどうかを基準としていたことが分かる名言です。

組織においての改革で一番頭が痛いのはライバルではなく、改革に反対する身内です。改革をすることを強い信念としていた織田信長はその信念を通すために最も気を遣った人材登用の基準が何かをこの名言は教えてくれます。

④人や物の上手い使い方こそ良い結果を出せる

「戦に勝てるかどうかと兵力は必ずしも比例しない。比例するかそうでないかは戦術、つまり自身にかかっているのだ。」

織田信長の有名な戦の一つが今川義元を破った桶狭間の戦い。そんな桶狭間の戦いの時の織田信長が考えていたことが分かる名言を次はご紹介致します。

この名言は多くの戦争で名を上げた人たちが共通で語ることの一つで「人やものの使い方こそが結果を出すことになる」という事を語る名言です。

最初に紹介した名言とは相反する名言のようにも見えますが、この名言は戦に対しての事ばかりでなく人や物の上手い使い方こそ良い結果を出せると言った所にポイントがあり、運によって戦の勝ち負けが決まるものとは言ってもその確立の変動は頭の使い方にある。と織田信長が考えていたことが分かる名言です。

⑤理想を持ち、信念に生きよ。

「理想を持ち、信念に生きよ。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けていると言えよう。そのような者は廃人と同じだ。」

最後に御紹介する織田信長の名言はこれ。正に信念について語られた名言であります。中々過激な名言ですが、その当時の世の中に対して反旗を翻すような改革を進めるほどの織田信長が言ったことですからさもありなんと言った感じの名言です。

実は織田信長は信心深い人物であり、金銭による権力や武力と言う物を持った俗世に塗れた宗教を嫌っていたという話しもあります。織田信長の天下布武は暴を禁じ、戦をやめ、大を保ち、功を定め、民を安んじ、衆を和し、財を豊かにすることの七つによって国を治めるといった意味があります。この名言はそれだけの人であっても自分の改革と言う信念を貫くために多くの人が知る「第六天魔王」となってまで織田信長は道を歩んだことを語る名言です。


織田信長が改革と言う信念を持って生きていたのか理解していただけたでしょうか?

織田信長と言う人物は人を惹き付けるカリスマのある人物であったであろうことがその名言から分かります。自分の人生に信念を持って生きるというのが難しい今の世の中ですが何か一つでも貫いて生きてみたいと言うものです。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い 廃墟

    2017.10.18

  2. 夢占い ギャンブル
  3. 夢占い はしご
  4. エンジェルナンバー 222
  5. 寝ながら 瞑想

スポンサーリンク