占い

【怒るとどうなる診断】あなたはキレると怖いタイプ!?

怒るとどうなる,診断
怒るととてつもなく怖くて周囲を怯えさせてしまう……そんな人って、どこにでも居ますよね。周囲にいると厄介な相手ですが、もしかしたらあなた自身もキレると怖いタイプの傾向があるかもしれません。

実は、怒るとどうなるかは元々の性格だけでなく、普段の行動パターンや周囲の環境が関係しています。今回は、そんな様々な要素からあなたが怒るとどうなるかを診断する心理テストをご紹介します。

【診断テスト】

Q.怒った時のあなたを色で表すなら、次のうち何色だと思いますか?

あまり深く考えず、直感を信じて選んでくださいね。

  • A:青
  • B:黒
  • C:赤
  • D:白






A:青と答えたあなた

青と答えたあなたは、正論で淡々と怒るタイプです。あえて淡々と起こるあなたは、怒った時の怖さ最恐レベルと言えるでしょう。

頭が良く正論で追い詰めてしまうため、怒られた側からすると逃げ道を失ってしまうようです。もし怒られた側が言い訳や嘘などつこうものなら、あなたは話を終わらせてしまうかもしれません。

あなたは元々怒りたがらないタイプですから、あなたが怒ったということは相当です。相手がどんなに言い訳したり嘘をついても、怒られて当然の相手だったのでしょう。ダメなことははっきりと言うことは大切ですから、無理に抑えずに注意してあげて大丈夫ですよ。

B:黒と答えたあなた

黒と答えたあなたは、怒りを溜め込み爆発させるタイプです。怒った時の怖さ以前に、あなたは普段からあまり怒ることがありません。

そんなあなたが怒った時は、今まで溜め込んでいたあらゆる感情を放出するようなカオス状態に……。怒られた相手はもちろんですが、周囲の人や自分さえもコントロールすることができません。

あなたは元々我慢強く、多少のことは自分が我慢することで丸く収めようとしてしまいます。その優しさゆえに、怒りが勝手に爆発してしまうまで怒りを小出しに開放することができないのです。人にだけでなく自分にも優しくして小出しに不満を外に出すことができれば、怒り方も優しくなれそうです。

C:赤と答えたあなた

赤と答えたあなたは、怒りを素直に顔に出すタイプです。カッとなりやすいものの、怒りを発散し、周囲から理解されたと感じればすぐに納まります。

周囲の人には「またか……」「またすぐ収まるだろうな」と捉えられていることでしょう。思ったことはすぐ口にしますが、自分の間違いを指摘されれば認めることができる、謝ることができる人物です。

怒りっぽいあなたですが、白黒はっきりしていて人から好かれるタイプでもあります。正義感が強く、悪いと感じたことは言葉や態度で反発し、自分の持つ正義を貫こうとします。あなたの周りにはそんな熱い心に賛同した人々が集まりますから、多少怒りっぽくても許してもらえるはずです。

D:白と答えたあなた

白と答えたあなたは、怒りも相手も切り捨てるタイプです。あなたが怒った時の怖さはかなり高く、周囲をヒヤヒヤさせている可能性もありそうです。

怒りを外に出すのではなく、怒りたい相手との縁を切るなどでなかったことにしてしまう傾向を持ちます。縁を切れない場合は距離を置くなど、相手との関係を自分の中でリセットしてしまうでしょう。

あなたは自分にとって不利益ばかりの関係を引き伸ばすようなことはしません。自分だけの正しさを持ち、自分自身を信じているあなたですから、不毛な関係にすがり付く必要がないのです。自分にとって良いと思える関係を大切にして、自分の意志を貫くようにしてくださいね。

まとめ

キレると怖いと言っても、あなたの怒りにはもちろん原因があり理由があるはずですよね。あなたが怒った原因が理不尽であったり、一方的であれば強く怒りを表現してしまうのも当然のことです。

しかし、怒り方によってはあなたの言い分が通りづらくなってしまうこともあります。自分の怒りを許しつつも、あなたの意見の正統性と怒りの理由を理解してもらえるよう、冷静さを心掛けてくださいね。

ABOUT ME
Written by Bluestar.
2018年から占い師兼カウンセラーとして活動をはじめる。2020年からは占いや心理学の知識を生かしたライターとしてもお仕事をいただくようになり、いくつかのメディアで心理テストや占い記事を執筆。好きな星はシリウス、好きな花はブルースター、好きな猫は実家の猫ちゃん。心理学と占いという「好き」を仕事にして休日も占いの勉強と心理学の勉強をしてしまうため実質365日休みがない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)