パワースポット

大国主命(オオクニヌシノミコト)|因幡の白うさぎ神話や神社について

オオクニヌシノミコト
日本神話の神様の中でも天照大神に続いて心優しい神様として祭られている神様、大国主命(オオクニヌシノミコト)をご存知でしょうか?

日本神話に興味がない人は全く知らないと言う人もいるかと思いますのが、実はこの神様の神話こそ日本神話にまだ興味がない人が導入として知ってもらいたい神話の神様。

そこで今回はこのオオクニヌシノミコトについて御紹介させていただきます。

オオクニヌシノミコトについて

オオクニヌシノミコトはどんな神様なのかと言いますと「国譲りの神」とも呼ばれる国津神、神様達の住まう世界の「高天原」出身ではなく、人間の世界「葦原中国」出身の神様で実際に私達の身近で力を貸してくれる神様と言った感じの神様達のまとめ役です。

『日本書紀』によると人間の世界に下りてから生まれたスサノオの息子。

『古事記』や『新撰姓氏録』によるとスサノオの六世の孫、あるいは七世の孫などとされている良い血統と生まれ持った強い力だけでなく、スサノオが隠居してしまった後の日本を治めるのにスクナビコナと協力してまじない、医薬などを教えて人間の国を完成させた実績もある神様です。

しかもスサノオに似ずかなり謙虚。

天孫降臨(てんそんこうりん)と言う出来事で高天原からの使者がきて「国を譲れ」と要請された時にも、国のために大きな宮殿(後の出雲大社になるもの)を建てて欲しいと条件を出しただけであっさりと自分は身を引いたとても潔い神様です。

分かりやすく言うならばアマテラスオオミカミが神様達のトップの社長。

オオクニヌシノミコトは社長の親族ながらも現場たたき上げで出世した現場責任者と言った所ですね。

オオクニヌシノミコトが祭られる有名な神社

大国主命について

オオクニヌシノミコトは神話に登場する神様と言うだけでなく、現在でも日本で信仰されている宗教「神道」の神様としても祭られる神様です。

しかもオオクニヌシノミコトは人間の世界で生まれ育ったという所と、とてもえらい神様達の血を引いた神様としての面を持ち、多くの神話に登場し、散々苦労した末に数々の偉業を成し遂げた神様ですから当然美談も多く、神道の神様としてもいくつもの神社の主祭神として祭られています。

その中でも最も有名なところは島根県出雲市にある「出雲大社(いずもおおやしろ、又は、いずもたいしゃ)」です。

オオクニヌシノミコトが日本と言う国を治めた後、天孫降臨(てんそんこうりん)で高天原からの使者がきた時、国を譲る条件として立てさせた大きな宮殿と言うものこそがこの出雲大社であり、伊勢神宮と並ぶ有名な神社として有名ですね。

また神無月(10月)には全国から八百万の神々が集まり神様達による話し合いが行われる場所とも言われていたり、主祭神のオオクニヌシノミコトが沢山の奥さんをもっていたことに因んで縁結びのご利益が強い場所としても有名です。

他にもかなり色々な神社の主祭神として祭られていますがやはりこの出雲大社が古くから語り継がれてきた伝統や規模の大きさからして別格のオオクニヌシと関連深い神社と言えますので興味が沸いた方は是非一度訪れてみて下さい。

オオクニヌシノミコトの神話「因幡の白ウサギ」

オオクニヌシノミコト
オオクニヌシノミコトの出てくる最も有名な日本神話と言えばやはり『因幡の白ウサギ 』でしょう。

この神話の概要を説明すると以下の通り。

オオクニヌシノミコトは兄弟の中では一番パッとしない感じで兄弟たちにいじめられるような損な役周りが多い神ですが心優しく頭も良く、医術に長けた真面目な神様でした。

そんなオオクニヌシノミコト兄弟たちはある日ヤカミヒメと言う美しい神様の話を聞き、その神様に嫁になってもらおうと思い国を出ました。

オオクニヌシノミコトは兄弟たちに遠慮する気持ちもありましたし、自分の評価があまり高くなかったためにあまりこの旅に乗り気ではありませんでしたが兄弟たちがオオクニヌシノミコトを荷物持ちに命じたために仕方なくついていきました。

当然兄弟たちの分の全ての荷物を持っているためオオクニヌシノミコトは兄弟たちにおいていかれる格好になりますがこれが後に功を奏します。

先に歩いていたオオクニヌシノミコトの兄弟たちがいよいよヤカミヒメのいる国との境の気多(けた)の岬にさしかかりますと、そこにはなんと皮をはがれて苦しみもがくウサギがいました。

話を聞いてみると海を渡るためサメを騙して渡ったまでは良いものの騙したことがバレ皮をむかれたとのこと。

189326

オオクニヌシの兄弟たちはこの賢いつもりでいい気になったウサギがどうにも目障りに思い、更に苦しみを与えてやろうと「海水につかると痛みがマシになる」と教えウサギに更なる苦痛を与え、更に痛みがマシになるどころかより酷くなると訴えるウサギに風に当たっていれば良くなると更に苦しめるような嘘を教えてさっさとヤカミヒメの元へと向かいます。

より状況が悪化して苦しむウサギの元に今度はオオクニヌシノミコトがやってきます。

オオクニヌシノミコトが話を聞くと確かに悪い事をしたウサギですが反省しているようですし、流石にかわいそうだと思って医術の心得を活かし、ちゃんと真水で体を洗って「蒲の花粉」を体に塗って大人しくしていろと教えてやります。

オオクニヌシノミコト

言われた通りにしてみるとウサギは皮をはがれる前の状態になり、やっと苦痛から介抱されてオオクニヌシノミコトに感謝を告げ彼を称えると、自分が彼の兄弟たちが御執心のヤカミヒメの使いである事とオオクニヌシノミコトを結婚する相手に推薦するという事を伝えてきました。

これが切欠でオオクニヌシノミコトは将来ヤカミヒメを妻に迎えることになります。

オオクニヌシノミコトについての神話『因幡の白兎』の概要はこんなものです。

ちなみにオオクニヌシノミコトの奥さんは最終的に6柱いましてその中の一人との出会いの切欠を描いた物語だと言えますね。

「ヘラクレス」と同じオオクニヌシノミコト

オオクニヌシノミコトと言う神様の特徴をいくつか見てみるとギリシャ神話のヘラクレスと似たような各地で語り継がれていたいくつかの神様がまとめて1柱の神様として扱われていたであろうことが分かります。

まずオオクニヌシノミコトを主役とする神話では場面転換がコロコロ行われていますし、こじつけの様に次々と賢いはずなのに過酷な状況に陥れられたり、試練を与えられます。

ここまではヘラクレスと同じで元々は別の孤立した神話だったものが一つの神話として無理やりまとめられたのであろうケースに良く見られることであり、ここが最初のポイント。

更にオオクニヌシノミコトは何度も呼び名を変えられています。例えばオオクニヌシノミコトはもともと『因幡の白兎』では「オオナムヂ」と呼ばれていますし、スサノオに出会う神話の中では「アシハラノシコオ」と呼ばれます。

他にも「オホクニタマ」「ヤチホコ」「イワオオカミ」などと言った名前を持っており、これらはそもそも別の神様であった可能性が考えられます。

また妻となる神様の人数も6柱と多いですし、司るものも医療、農業、縁結びから商業までを司っておりあまりにも他の大神と比べても役柄が多いのです。

日本の神様の中にはこうした統合された神様と言うのがたまにいますが恐らくオオクニヌシノミコトはその最たる例の神様であると言えます。

まとめ

日本神話のオオクニヌシノミコトについての事をご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

恐らく日本神話の中でもオオクニヌシノミコトが出てくるものは内容を噛み砕くとまるで現代のライトノベルのような更正をしておりまして一番楽しめるのではないかと思います。

神様 まとめ
神様や神話に関するまとめ 日本全国の神様や世界の神様に関する記事をまとめてみました。 ...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!