パワースポット

【大谷寺(栃木)】の本尊は日本最古の石仏!御朱印と見どころ

大谷寺TOP
坂東三十三観音霊場第19番札所大谷寺(おおやじ)は、栃木県宇都宮市にある大谷石の洞穴に建てられたお寺です。自然の岩壁に彫られた石仏群は、大分県の「西の臼杵摩崖仏(うすきまがいぶつ)」に対して、「東の大谷摩崖仏」として知られ、学術的にも非常に価値が高いものです。

大谷寺は、2018年5月、「地下迷宮の秘密を探る旅~大谷石文化が息づくまち宇都宮~」の一部として日本遺産に認定されました。神秘的な大谷寺の魅力をご紹介します。

大谷寺とは

大谷寺・大谷観音
山号:天開山(てんかいさん)
寺号:大谷寺(おおやじ) 通称大谷観音(おおやかんのん)
宗派:天台宗
本尊:千手観世音菩薩(せんじゅかんぜおんぼさつ)
開基:伝弘法大師

大谷寺の歴史

大谷寺・摩崖仏
寺伝によりますと、平安時代初期の810年に、弘法大師が岩壁に千手観世音菩薩像を彫ったのが始まりと伝えられています。

鎌倉時代初期に坂東三十三観音霊場の一つに定められ、鎌倉幕府の有力御家人であった宇都宮氏の保護により隆盛しました。その後一時衰退しましたが、江戸時代、奥平忠昌が宇都宮城主に再封された1622~1668年間に、天海僧正の弟子伝海によって堂宇が再建されました。

大谷寺の御朱印と見どころ

仁王門

大谷寺・仁王門
阿吽の赤い仁王像が迎えてくれます。

大谷寺・仁王像
力強く、ちょっぴりユーモラスな仁王さんです。

本堂

大谷寺・巨岩の下の本堂
本堂は、大谷石といわれる凝灰岩の洞穴にすっぽりはまり込むように建てられています。まずその奇観に圧倒され、本堂前に立っているだけで、巨大岩のパワーを感じます。

大谷寺・本堂右の岩壁の奉納仏
本堂右手の岩壁にも多くの石仏が奉納されています。

大谷寺・本堂・葵の御紋・鰐口
本堂正面の壁に葵の紋が施されています。

徳川家康の長女亀姫は、奥平信昌の正室で、4男1女をもうけました。1617年、父の家康公が日光に祀られたことから、孫の奥平忠昌が宇都宮城主に再封された時代に、江戸と日光の中継所として、大谷寺を復興する住職伝海を援助したと伝えられています。

銅製の鰐口は、1667年に鋳造されたもので、宇都宮市の有形文化財に指定されています。

大谷寺・本堂・銅製の灯籠
本堂右手にある銅製の灯籠は、1716年に河内郡新里村の住民より寄進されたもので、宇都宮市の有形文化財に指定されています。

この本堂の中に、奈良時代から鎌倉時代にかけて彫られた10体の摩崖仏(自然の岩壁に彫刻された仏像)があります。1954年国指定特別史跡に、そして、1961年国の重要文化財に指定されました。

本尊と9体の摩崖仏

大谷寺・御影
本堂の奥の岩壁に、本尊の千手観世音菩薩立像が浮き彫りにされています。高さは3m89㎝。目や鼻の穏やかな面影、端正な体形、両膝から下へU字型の衣裳表現などから奈良時代後半に作られたものと推測され、日本最古の摩崖仏といわれています。

最新の技術で計測した結果、岩に彫った石像の表面に防水・防腐のための朱を塗り、粘土で細部を整え、接着剤として黒漆を塗り、金箔が貼られていたことがわかりました。なんと当初は金色に輝く仏像だったのです。

千手観音は、合掌している2本の手のほかに、40本の手を持っています。1本の手で25の世界を救うといわれます。40×25で1,000手となるわけです。その千の手と手のひらの目でこの世に存在するすべての人々、生き物を見守り、救ってくださいます。

金箔ははがれてしまっても、1,200年余りもの歳月を経た今も自然の岩肌に存在していることにとても感動しました。

この千手観音は、弘法大師が彫ったという伝承のほかに、最近の研究では、バーミヤンの石仏との共通点が見られることから、アフガニスタンの僧侶が彫ったのではないかという意見も出ているとか。日本のシルクロードといわれるゆえんです。

大谷寺・文化財説明版
本堂から左の脇堂に進むと、岩壁に右から釈迦三尊像、薬師三尊像、阿弥陀三尊像が浮き彫りにされていました。薬師三尊像は平安初期、釈迦三尊像は平安末期、阿弥陀三尊像は鎌倉時代の作と推測されています。

大谷岩陰遺跡(おおやがんいんいせき) 縄文人の人骨を発掘

1965年、本堂の修理工事の時、本堂の地下3mの地層から約11,000年前の屈葬された人骨が、ほぼ完全な形で発見されました。身長154㎝、20代前後の男性だそうです。他にも石器や土器など多数発掘され、古代人が生活していた痕跡があることから、大谷寺の洞穴は、縄文人の横穴式住居だったのではないかと考えられています。

大谷寺・宝物館
宝物館にこの人骨や発掘品が展示されています。

御朱印

大谷寺・御朱印
中央に、千手観音の種字「キリーク」の宝印、「千手大悲殿」の墨書です。「大悲殿」は観音菩薩がいらっしゃる所という意味です。納経料は300円。

弁天堂

大谷寺・弁天堂
前庭には東京上野のしのばずの池を模したといわれる池と弁天堂があります。朱色の橋が緑に映えます。
大谷寺・弁天堂・弁財天
開運・財運の神様で、七福神の紅一点、弁財天が祀られており、その脇に白へびがお仕えしています。白へびにまつわるこんな伝説があります。
大谷寺・弁天堂・白へび
大谷寺の縁起によりますと、昔、この辺りの谷川に毒蛇が棲んでいました。時折毒蛇が毒を流すため、鳥や獣、虫や魚が川の水に触れるとたちまち死んでしまうため、地獄谷と呼ばれていました。人間もこの水に触れると病気になり、最悪の場合は死んでしまいます。穀物も草木も枯れ、人々は苦しんでいました。

810年に弘法大師が東国を巡った折、この話を聞き、人々を救おうと毒蛇が棲む谷に入っていきました。十日余り経って、大師は毒蛇を退治したと告げて立ち去りました。人々が谷の奥に入ってみると、高い岩山に光り輝く千手観音が彫ってあったのです。観音の光明は谷を金色に変えました。人々は大師に感謝し、観音様に帰依し、仏教を信仰するようになりました。こうして大谷寺が始まりました。

大谷寺・白へび
そして、その毒蛇は心を入れ替えて白へびになり弁財天にお仕えしているのです。お参りした後に白へびの頭を軽くさするとご利益があるそうですよ。

庭に点在する石仏や石灯籠

大谷寺石仏 大谷寺庭

おみくじ

大谷寺コラージュ招き猫みくじ
招き猫みくじ、金運みくじ、開運みくじ、恋みくじなどいろいろあります。

名勝 御止山(おとめやま)(国指定文化財)

大谷寺・御止山の案内版
本堂を覆う岩山に連なる山で、「陸の松島」と称賛され、自然の奇岩群と赤松の織り成す景勝地です。江戸時代は日光輪王寺門跡の御用山で、秋に宮様が松茸狩りをされました。

そのため一般の人々が入ることを禁止され、「おとめやま」と呼ばれました。大正天皇がたびたび参詣され、山頂には記念碑が建てられています。庭園の奥に登山道があります。片道15分。

大谷寺近辺の見どころ

高さ27mの平和観音

平和観音
大谷寺の前の大谷石砕石場跡が公園になっています。そこに太平洋戦争の戦没者の供養と世界平和を祈って、1948~1954年、6年の歳月をかけて、巨大な観音像が制作されました。
平和観音 東京芸術大学飛田朝次郎教授と大谷の石工たちがすべて手彫りで完成させたもので、1956年に日光輪王寺門跡菅原大僧正によって開眼供養が行われました。左側の階段を登ると展望所があり、御止山や大谷寺、大谷の町なみが眺められます。

大谷資料館

大谷寺の隣に、地下30mの砕石場跡を利用して作られた資料館があります。古代の地下迷宮のような幻想的な空間の中で、大谷石の歴史や文化を学ぶことができます。映画「るろうに剣心・京都大火編」の一部が撮影されたそうです。

大谷寺のアクセス・拝観時間・拝観料

大谷寺・外の参拝所
・大谷寺住所:〒321-0345 栃木県宇都宮市大谷町1198 ☎ 028-652-0128
・アクセス:JR宇都宮駅西口から関東バス「大谷立岩行き」で30分、「大谷観音前」下車、徒歩3分 (大谷資料館は、「資料館入り口」で下車)
・拝観時間:4~9月 8:30~17:00  10~3月 9:00~16:30  受付は20分前に終了
・休業日:12~3月の木曜日 12月21~31日
・拝観料:大人400円

まとめ

大谷石の細工品を売る店
大谷寺はいかがでしたでしょうか。

大谷石は、約2,000万年前の海底火山の噴火により噴出した火山灰が堆積して生成された凝灰岩です。古くは栃木県の薬師寺(大和時代創建)や国分寺(奈良時代創建)の柱の礎石に用いられていました。柔らかく加工しやすいことから、外壁や土蔵などの建材として重宝され、今も宇都宮の町の多くの建造物に用いられており、「大谷石文化が息づくまち宇都宮」の日本遺産認定の要素となっています。

約11,000年前の縄文人がこの洞穴でどのような生活を営んでいたのか、また、本尊の千手観音が金色に輝いていたという約1,200年前の姿を思い浮かべながら、洞穴の中のお堂という神秘的な空間を体験してみてはいかがでしょうか。

きっと大谷石が放つパワーをいただけることでしょう。

坂東32番札所
坂東三十三観音霊場巡り一覧まとめ 坂東三十三観音霊場は鎌倉時代に開設されました。源頼朝は観音信仰が篤く、西国三十三観音巡りが坂東まで広がったとも言われています。 ...
日本全国パワースポット
日本全国都道府県の神聖なパワースポット一覧 日本全国には様々な神様に守られているパワースポットや自然の神秘的な力が集まるパワースポットが沢山あります。そんな様々なパワースポット...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by ゆうこ
Written by ゆうこ
卯年、山羊座。元国語教師。趣味は、温泉旅行や食べること。百人一首競技かるたは選手&読手A級。お寺や神社に立つと、幾度もの興亡が繰り返され、再建・再生され、長年月維持し、受け継いできた無数の無名の人々がいたことを思わずにいられません。そういう人々の思いを少しでも伝えられたらと思っています。 共著書:『新渡戸稲造の至言』(新渡戸基金発行)

POSTED COMMENT

  1. アバター きりん より:

    大谷寺の洞窟に彫った石仏凄いですね、他のお寺にも直接彫った石仏も見ましたがこのお寺のは特別迫力ありますね。しかも本堂がすっぽり洞窟に入ってるなんて不思議、日本のシルクロード?面白いですね、まだ発掘すれば何かが?

    • アバター Written by より:

      ご訪問ありがとうございます。確かに大谷寺は発掘すればまだまだ出てきそうな雰囲気がありますね。自然の為せるわざの凄さ、不思議さ、それをうまく活用した古代人の知恵にも驚きです。また、そこに石仏を彫り、お堂を建て、代々さまざまな人々が再建を繰り返して今に伝えてくれたことに、ただただ畏敬の念を抱くばかりです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!