スピリチュアル

ペコちゃんにまつわる5つの都市伝説とは

不二家 飯田橋神楽坂店

ペコちゃんに都市伝説があるって事をご存知の方はいらっしゃいますか?ペコちゃんと言えば洋菓子店やレストランなどをフランチャイズ展開している山崎製パンの子会社である不二家の看板キャラクター。全くもって恐怖とは無縁のようにも感じるこの子に一体何が。ペコちゃんの都市伝説に興味はありませんか?

ミルキーは「ママの味」

ミルキーと言う商品をご存知ですか?当然の事ながら「ミルク」由来のお菓子である事をアピールするためにつけられたキャッチコピーなわけですが、ペコちゃんの都市伝説では本当にペコちゃんにとってはママの味だったのだと言う話しです。

このペコちゃんの都市伝説によるとペコちゃんのモデルとなった女の子は、戦争中の食糧難で苦しんでいました。お腹がすいて泣く娘を不憫に思った母親は、「自分の血」を女の子に与えて少しでもお腹を満たしてあげようと考えました。

それからというもの、女の子はお腹がすくと母親に血をねだるようになりました。それでも女の子のお腹は満たされません。これじゃ全然たりない、たりない、足りない。女の子は母親を殺して体中の血をすすりました。

それを知った不二家の社長が供養のため、美味しいケーキがいっぱい食べられるようにと、ペコちゃんをモデルにしたそうです。「ミルキーはママの味」はそこからきているという都市伝説です。

会心の笑みをペコちゃんが浮かべている理由

続いてのペコちゃんの都市伝説もまた中々過激な都市伝説です。あるところに2人きりで暮らしているお母さんとペコちゃん。しかし、ペコちゃんは少々ドジであったがために毎日毎日お母さんから、行き過ぎた指導、虐待を受けていました。

そんなある日、お母さんはお茶会を開くことにし準備をペコちゃんにやらせていました。当然ペコちゃんは失敗し、お湯をこぼします。怒った母にペコちゃんに熱湯をかけて、ペコちゃんは大火傷をしてしまったのです。

そうしてついにペコちゃんはキレてお母さんに反撃をします。勢いあまってお母さんが死んでしまいましたので証拠を隠すため全部食べてしまいました。積もり積もった恨みが晴れて、証拠も無くなり、一安心。あの笑み実はそんな心からの笑みなんだと言う都市伝説です。

ミルキーをママの味と言うという事は…

怖すぎるペコちゃんの都市伝説はまだまだ続きますがココから先はちょっと恐怖の質が変わります。ペコちゃんはもともと北海道産の牛乳を使ったミルク味でのソフトキャンディ「ミルキー」ように作られたキャラクターであり、母親や子どもたちに親しみやすい可愛いキャラクターをと考え、女の子のキャラクターを使った物がペコちゃんです。

しかしよくよく考えてみると、「牛乳=ママの味」とペコちゃんは言っているわけでして、この子の母親は牛だと言う都市伝説です。より細かく言うならペコちゃんは確かに人間ですが牛が母親だと思い込んでいるのだと言います。とある農場で親をなくしても生活して行くために気が狂うほどがんばっていた少女がいつしかまるで世話をしている牛を大切にするあまり家族と認識。

そして自身の生きる糧の中心となる牛乳を提供してくれる一頭の牛をついにお母さんだと思い出したというある意味怖い都市伝説。そういえばペコちゃんの名前の由来は「子牛」を意味する「ベコ」が由来なのですが、関係あると思いますか?

ペコちゃんは実はある意味危険なキャラクター?

更にちょっと方向性の違う怖さの都市伝説をご紹介します。この都市伝説はミルキーにペコちゃんが使われた理由のところからお話しする必要があります。不二家創業者の藤井林右衛門と息子の誠司が販売するのに目をつけたのは戦前から出していた「フランスキャラメル」のパッケージ。

この商品にはリアルな外国の少女のキャラクターを使用していたのですが、「ミルキー」は「フランスキャラメル」よりも対象年齢を低く設定していたため、単純で分かりやすいデザインを志向した結果生まれたのがペコちゃんだった。と公式見解では言っています。

しかし実は一方でペコちゃんよりも先に存在していた、アメリカのゼネラルフーズ社のオレンジジュース「バーズアイ」のキャラクター「メリーちゃん」とデザインが酷似しているため、こちらのパクリで作成されて、後で言い訳にこの誕生秘話を捏造したと言う都市伝説です。著作権大国のキャラクターに挑戦するとは中々肝が据わっていますね。ペコちゃんが牛ではなくねずみがモチーフだったらもっと危険なキャラクターだったであろう事は想像に難くありません

ペコちゃんにまつわる都市伝説

ペコちゃんにまつわる都市伝説をご紹介してまいりましたが、ここで紹介した都市伝説含めて恐らく皆さんが知っている都市伝説はどれもこれも「不二家のイメージが悪くなる」ような都市伝説ばかりです。

都市伝説をもたれている企業や施設と言うのは世の中に沢山ある訳ですが、ここまで圧倒的に印象を悪くする都市伝説だけがあると言うのはけっこう珍しいことなのです。でもそれもそのはず、こうした都市伝説の数々、不二家の経営難によって「首を切られた者たち」による悪意によって流布された都市伝説であるからです。

そう、最後にご紹介する都市伝説は「こうした怖い都市伝説ばかりがある理由と言う都市伝説」です。バブルの崩壊、期限切れ原料事件と不二家の経営難はけっこう実際あり、職場環境の悪化とリストラは実際起こったと言う話。なるほど確かに企業への妙な恨みを抱えて心象を悪くするために始まった都市伝説と言うのは中々的を射たことなのかもしれません。

以上5つのペコちゃんの都市伝説を5つご紹介してみました。最初に紹介したものがかなりメジャーな都市伝説ですが、実は下の方に行くにつれてちょっと「本当なんじゃないのそれ?」と言う声が多くなっているものとなっています。都市伝説と言うものはこうした本当かもしれないと言うのもまた醍醐味ですね。

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 【都市伝説まとめ】アニメや映画・歴史・有名人・謎にまつわる話

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!