ライフ

世界最高の経営学者ピーター・ドラッカー5つの格言

Bøger(!)
Bøger(!) / angermann

ピーター・ドラッカーと言う人物をご存知でしょうか?

ピータードラッカーのいくつかの格言と名前ぐらいは結構な数の人がご存知だと思います。

しかしピータードラッカーについて知らない人、ピーター・ドラッカーの格言にもっと深く知りたい人、それらを簡単に知りたくはありませんか?

「一人の力で成功することは絶対にない。一人の力が他人の協力を得たとき、初めて事業は成功する。」

この格言、今でこそ当たり前のように思えますがそんな考え方は主流ではなかったのです。ではどういう考え方が主流だったのかと言うと「一人の凄い人の支配」と言うものです。政治、経済、宗教、その他ありとあらゆる分野において「トップの能力がどれほど高いか」が成功するか否かのポイント。

そんな考え方が当たり前だったという事は学校で学んだ歴史を思い出してもらったら分かるでしょうし、それまでの企業の経営形態であるワンマン社長を思い浮かべてくれたら良いです。しかしピーター・ドラッカーは「他人からの協力をどれほど得ることが出来るか」こそが成功のポイントだと言いました。凄い人には黙ってついていくわけではない、人間一人一人には自我があり考えがあるのだから、協力を得られるような人が結果的に凄い人になるのだという訳です。

例えばあなたが一人から100万円借りるのは難しいかもしれませんが、あなたには1000人の知り合いがいます。一人一人から千円借りると同じ結果が得られますが、1人から100万円意地でも借りる方が成功しそうですか?どれほどすごい人でも10人分の働きを1人ですることは出来ない、凄い一人が支配している世の中でピーター・ドラッカーはそれをこの格言で言ったのです。

「人間は「自分でなければできない」と錯覚していることが多すぎる。」

続いてこの格言を紹介します。絶対の指導者や支配者がいる世の中でピータードラッカーは、自分が特別だと思っている人は勘違いなヤツだと言ったのです。確かに物事によっては他の人には出来ない事もあるでしょう。人生でそんな場面を誰もが経験してきたと思いますがそれはあくまで「今」他の人には出来ないだけであってずっとそうだと言う事はないのです。

例えとして豊臣秀吉と徳川家康があげられます。秀吉は自分が特別だと思っていたという事は彼のしてきた政策や戦の仕方から見て取れます。その為彼が死んだ後、直ぐに政権は徳川家に移ります。

家康は家臣こそが一番の宝と言い、戦で負けを重ねましたが、後続を決め、システムを作り、自分がいなくなった後も問題が起こらないように勤めてきました。どちらの統治が長かったかは知っていますね?誰しも自分が特別でありたいとは思っているでしょう。

しかしそれが錯覚である事を知らなければ事業と言うのは成功しない。ピーター・ドラッカーのこの格言はそう言った事を教えてくれます。

「過去のリーダーの仕事は「命じること」だが、未来のリーダーの仕事は「聞くこと」が重要になる。」

ピーター・ドラッカーの一人が支配する世界に対する批判の格言はまだ続きます。今までは言う支配者に従うのが当たり前だったけれど、これからは人の意見を聞くことが出来るリーダーが必要だとピーター・ドラッカーは言います。確かに絶対的な一人で100人分の働きをすることが出来る人がいればその人の命令に他の人が従う方が良い結果になるでしょう。

しかし最初の格言で紹介したようにそんな人間はいません。回りの意見や考え方を聞いて選んだり纏めたりする方がより良い結果を生み出せるのです。自分だけで考えてもうまくいかなかったことが人に話してみたらあっさりと解決してしまうことを誰もが経験した事があると思います。同じ人間である以上、誰であろうとそこに大きな差はないのです。だからこそ他人に意見を聞くことの出来るリーダーこそが事業を成功させるとピーター・ドラッカーはこの格言で表しています。

「経営者は、その企業の将来について、もっと時間と思索を割くべきである。」

今よりも先の事を考えろ、子供の頃から多くの人が言われてきたと思いますが経営者と言う立場になると未来を考える余裕がなくなってしまうのだとピーター・ドラッカーは言いました。確かに経済状態が良いときならば今を見ていれば良いでしょう。

しかし変化が激しい世の中ではどうでしょう。答えは日本のバブル崩壊を見たら分かりますがもっと簡単に例を上げましょう。全ての飲食店が軒並み売り上げが下がる中、食材費と人件費を削っていくと客は不満を覚えどんどん来なくなります。すると売り上げは落ちていくので自転車操業を超えて火の車操業の出来上がりです。

自分の今だけでなくこのままで未来はどうなるか、それに対してどうして行くべきかを考えなければ事業なんてやっていけないとピーター・ドラッカーはこの格言で述べています。

「これからは、誰もが自らをマネジメントしなければならない。自らを最も貢献できる場所に置き、成長していかなければならない。」

この格言こそがピーター・ドラッカーが有名になった切欠であるといっても良いでしょう。これからの経営と言うものは一人の人間による支配ではなく、事業をマネジメントをしていくものだと言う考え方こそ彼の持論です。企業経営は時代と共に大規模になり複雑化しました。

それに伴って経営管理の扱う範囲がたいへん広くなるのは当たり前です。一つ一つの分野も科学の進歩と社会の変革により専門性が強くなりました。そんな変化が社会に起こっているのに事業のあり方が過去と同じで良いわけが無い。

一人でなんとかする、一人で何とか出来る時代は終わったのです。一人一人が力を出し合いそれを取りまとめ管理することこそがこれからの企業には必要な事です。この格言に込められたそんな事こそがピータードラッカーを経営学者として広く知らしめたものだと言えるでしょう。

まとめ

ピーター・ドラッカーの格言は今では当たり前のように言われている事ばかりです。

しかし自分を経営者、人生を会社として置き換えて考えてみたとき、この格言を見返すときっと思うところがあるはずです。

そんな人間が陥ってしまいがちな事に格言を残したからこそピーター・ドラッカーは有名になったのです。

偉人 名言
【世界名言集】偉人から人生を学ぶ最高のヒントまとめ一覧 世界の偉人達の名言は、人生に悩んだ時に前に進めるヒントが沢山詰まっています。今回ご紹介するのは大きな功績を残した方たちの名言をまとめ...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたのオーラや生年月日をもとに導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by
Written by
spirituabreath編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!