大人な恋愛の名言集|愛の本質が一言で心に響く偉人の短い言葉

恋愛 名言

恋愛には常に悩みがつきもの。片思い中にはどんなアプローチをすればいいのか、両想いで付き合っていても何かうまくいかなくて悩んでしまう何てことも。。。

そんな時は過去の偉人が愛の本質について語る一言に耳を傾けるのも、悩みを解決できる1つの方法です。短文に凝縮された恋愛のポイントを理解して、より充実した幸せをつかみましょう!恋愛に関する名言集をヒントに大人な恋愛を目指してみませんか?


スポンサーリンク


過去偉人から恋愛に関するヒントになる名言5つ

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 恋愛が上手くいく方法まとめ一覧

①ウィリアム・シェイクスピアの恋愛に関する名言

「ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ」

最も優れた英文学の作家とも言われているこの方はこんな名言を残しています。ハムレット、ロミオとジュリエットなどの作品を見たら分かりますが人間の心を掴むことに彼はとても長けていました。この名言の裏には、激しい感情というものは一回外に出すと長続きしないものだ、だからプラスの感情は溜め込み小出しにすることによって長く続けた方良い。と言う考えがあります。

例えば何か嫌な事があったとき言ってきた相手と喧嘩して怒鳴りあったりした時よりも、我慢した時の方が怒りと言う感情が自身の心に残った経験はありませんか?それと同じ事がプラスの感情、恋愛感情でも働くのです。相手に対する好きだと言う気持ちを全力でぶつけ過ぎるとうまくいきそうになった時に気持ちが冷めてしまうこともあります。それは相手も同じなのでお互いに出し惜しみをするように仕向けてイイ感じ、で終わらないようにする。これが彼の言う恋愛に関する名言の内容です。

②アインシュタインの恋愛に関する名言

「他人のために尽くす人生こそ、価値ある人生だ」

20世紀最大の物理学者とも、現代物理学の父とも呼ばれるこの方はこんな名言を残しています。元々恋愛に関して言われたことではありませんがその名言の根底にある思想は両思いになるための大きなヒントが隠されています。

その思想とは「人に喜んで貰えることが自分の喜び」と思える人間になりたい。と言うものです。好きになった相手には当然何かしてあげたくなるものですが、その後に思わず見返りを求めてしまうことはありませんか?「コレだけの事をしたのだから私を優先してくれるだろう」「こんなに尽くしたのだから好きになってくれるだろう」と言った恋愛に関する感情的な見返りを求めていると一生懸命になりすぎて重い人とか怖い人と相手に思われてしまうことがあります。

相手が喜んでくれたらそれで良い、けれども自分が無理をしすぎる事はしない。そういう風に思える人は自然と相手から好かれます。恋愛関係においては相手を疑う心と言うものがどうしても付き物なので見返りを求める気持ちはかなりバレます。自分が何かして相手に喜んでもらえたらそれが見返り、そう思う人になることで相手に癒してくれる人と思われる。これが彼の言った名言に隠れた恋愛のヒントです。

スポンサーリンク

③ディエゴ・ファブリの恋愛に関する名言

「愛とは相手に変わることを要求せず、相手のありのままを受け入れることだ」

イタリアの劇作家であり小説家であったこの方はこんな言葉を残しています。大きなポイントとして挙げられるのは恋愛で上手くいくかどうかは相手のあるがままを自分が受け入れられるかどうかにあるというところです。人と言うのは大なり小なり我侭な生き物です。

男性は仲良くなるとわがままになりやすいものです。そうなると起こるのが幻滅。もちろん自分が好意を寄せた相手なわけですから多少の事でいきなり付き合いを変えるという事はあまりないと思いますが自分の内心ではこういう思いが沸いて来ます。

「こういう人だと思ってたのに」「こういう所さえなければ」

しかしそれは自分の態度に少しずつ出てきていて相手に伝わります。その時相手が自分の事をとても好意的に見てくれていたら話は別かもしれませんが、大体相手が思う事は「めんどくさいヤツ」と思われてしまいます。自分のありのままを受け入れてくれる人が自分を愛してくれる人、そういう人にこそ愛を抱く、相手に寄り添うことこれが彼の名言から得ることの出来る恋愛のヒントです。

④ゲーテの恋愛に関する名言

「人生で一番楽しい瞬間は、誰にも分からない二人だけの言葉で、誰にも分からない二人だけの秘密や楽しみを共に語り合っているときである」

ドイツが世界に誇る文豪であったこの方はこんな言葉を残しています。簡単に言うと、相手にとっての特別になり、相手も自分にとっての特別になろう。人と言うのはそういう特別な人との時間を何よりも楽しいと感じる。という名言です。

詩人としても有名である彼は恋愛に関しても数々の名言を残していますが今回この名言を紹介したのは両思いになるのにとても大事なポイントがあるからです。それは二人だけの特別を作るというところです。難しいことでなくてもいいのです。相手が特定のアーティストが好きならば同じ曲を聞いてみたりして会話をする、相手が最近始めた趣味を自分もやってみる、そんな事だって構いません。そうしたきっかけから相手と自分しか出来ない会話と言うものは生まれ、そうした会話はお互いを特別にしてくれます。特別とお互いが思う関係から両思いの関係までは後一歩です。行き過ぎるとただの友達になってしまうこともありますので、そうならないように、少しずつ興味を自分へと誘導して思いをかなえましょう。

⑤ニーチェの恋愛に関する名言

「男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びの中で最も危険なものであるからだ」

ドイツを代表するといっても良い哲学者であるこの方はこんな言葉を残しています。遊びと表現されていますがこの言葉の中での遊びとは自分が望んでする楽しいこと、と言う意味です。分かりやすく言うとドキドキを味わうことと楽しいことをすることが好きだ。男性が女性を愛するときはドキドキする時間と楽しい時間を求めた結果だという事です。

もし自分が相手のために尽くす女だとしたら男性はドキドキを味わうことが出来ず物足りなく感じ、わがままな女だったとしたら自分の楽しい時間を持てず不満を感じます。尽くしすぎるのもわがまますぎるのももちろん問題ですが男性は愛されるよりも愛したいと思う生き物であるとも言われており、男性に興味関心を抱かせ相手に追ってくるように仕向ける。これが彼の言う恋愛に関する名言の内容です。


過去の名言から恋愛に関するヒントを紹介させていただきましたがいかがでしょうか?恋愛で行き着く問題は個人差があるでしょうし、何がヒントになるかも個人差があると思いますが恋愛とは人類の歴史と同じ歴史があるのでたまには視点を変えて過去の名言を恋愛の参考にしてみるのも良いかも知れません。

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 恋愛が上手くいく方法まとめ一覧

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い 苦しい
  2. 夢占い 廃墟
  3. 夢占い ギャンブル
  4. 夢占い はしご
  5. エンジェルナンバー 222

スポンサーリンク