開運

節分&立春の違いは?!2023年の恵方解説&開運な過ごし方やNG

節分 立春
節分は「立春の日の前日」にあたり、2023年の節分の日は2月3日(金)です。節分は、新しい年の運気が始まる変わり目でもあります。豆をまいて厄や邪気を祓い、福を呼び込んで一年健やかに過ごせるようにとの願いが込められています。

そんな節分の日の開運な過ごし方をご紹介します。

節分&立春の違いについて

2023年の節分は2月3日(金)になり、立春は2月4日(土)になります。節分とは「季節の分かれ目」という意味があり、この季節とは「立春・立夏・立秋・立冬」のことを言います。立春は年によって日にちが変わるので、節分も年によって日程が変動します。立春は寒さがピークのときでもあり、立春を過ぎると寒さが和らいできます。

【節分】2023年2月3日

節分は、立春の前の日のことを指します。冬から春への季節の分かれ目の日になり、節分は旧暦の「大晦日」になります。

【立春】2023年2月4日

立春とは、二十四節気(にじゅうしせっき)においての春の始まりの日です。二十四節気は1年を春夏秋冬の4つに分け、それをさらに6つに分けたものの1つになり、一番目に当たるのが立春です。立春は旧暦の「元旦」になります。

2023年の恵方は?

2023年の恵方は「南南東」になります。恵方は、歳徳神(としとくじん)という神様のいる場所を指し、毎年歳徳神のいる場所が異なるため、恵方も変わっていきます。歳徳神は福徳を司る神様になり、一年を守ってくれます。その縁起が良い方位に向かって色々なことを行うと福徳をいただけます。

恵方は十干(じっかん)[甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10の要素の順列]によって決められます。恵方は北東・西南西・南南東・北北西の4つの方角を5年周期で巡っていきます。2023年は丙(ひのえ)で「南南東」です。

【十干と恵方】

甲(きのえ)
己(つちのと)
東北東
乙(きのと)
庚(かのえ)
西南西
丙(ひのえ)
辛(かのと)
南南東
丁(ひのと)
壬(みずのえ)
北北西
戊(つちのえ)
癸(みずのと)
南南東

節分の開運な過ごし方

節分のときの開運な過ごし方についてご紹介します。

恵方を向いて、巻きずしを切らずに無言で食べる

福を巻き込む「恵方巻き(えほうまき)」を、恵方を向いて無言で食べます。無言で食べるのは「福が逃げないように」という意味が込められています。恵方巻きを一本丸かじりで食べるのは、「幸福を一気にいただく」という意味になります。一気に一本「恵方巻き」を食べて、今年の幸運をいただきたいですね。2023年は2月3日に「南南東」を向いて「恵方巻き」の丸かじりをして、一年の幸運をしっかりいただきましょう。最後まで一気に食べきると願い事が叶うと言われています。

豆まき

季節の変わり目である「節分」は、邪気が入りやすいと言われていることから「邪気を祓って福を呼び込む」豆まきをします。鬼がやってくるのが節分の夜と言われているので、節分の夜に豆まきをしましょう。豆まきをする豆は、生の豆を使うと芽が出るので「厄の芽が育つ」ことからNGとされ、炒った豆を神棚にお供えしてから豆まきをしましょう。

① 内側から外に向けて豆をまく
② 窓を開けて豆をまく(鬼を祓う「鬼は外」)
③ 外から家の中に豆をまく(福を呼ぶ「福は内」)
④ 自分の数え年の豆を食べる

まいた豆は邪気のマイナスエネルギーが宿っているので、余った豆を食べましょう。

節分そばを食べる

節分そばは、方位に関係なく節分の日にいただきます。江戸時代には大晦日ではなく、節分を本当の年越しという考え方で、年越しそばを食べていました。細く長いそばは、「細く長く人生を過ごす」という意味が込められています。また、切れやすいこともあって「災いや厄を断ち切る」とも言われています。旧年に嫌なことが多かった人は、節分そばで旧年の厄祓いをしてもいいですね。意識的に行うことで、厄祓いをすることができます。

立春朝搾り

立春の日に作られる祝い酒のことを「立春朝搾り」と言います。節分の夜から一晩中もろみを搾り、春の早朝に搾り終わります。立春の日の朝に搾ったばかりの新酒は、縁起酒とも呼ばれています。生まれたての新酒で春の始まりをお祝いしましょう。

朝日を浴びる

立春の朝日の光を全身に浴びて、パワーチャージをしましょう。陽の気を取り入れて、一年間の幸せを願いましょう。

立春の開運な過ごし方

立春は新しい年になり、運気の切り替わった日でもあります。新しいスタートをどのように過ごせば開運につながるのでしょうか?

ポジティブな気持ちでスタート

立春のスタートはポジティブな気持ちを心掛けて、エネルギー的にも良いスタートを切りましょう。何事もスタートが大切です。どんな気持ちで過ごすかによって、一年間の流れが決まってきます。新たな一年の目標を立てるのも良いでしょう。

「立春大吉」で厄除け

「立春大吉」の文字は左右対称のため、表裏どちらから見ても同じになります。玄関に「立春大吉」のお札を貼っていると、鬼は家に入って振り返り「この家にはまだ入っていない!」と勘違いをして「逆戻り=外に出る」と言われています。除災招福の意味があり、災いを除き、福を招くという意味があります。お札は、二十四節気である2月4日(立春)から2月19日(雨水)までに玄関の高い位置に貼りましょう。お札は全国の社寺でいただけますが、出雲大社が有名で郵送もしていただけます。

立春にやってはいけないこと

春の始まりである「立春」に行うと、運気を下げてしまうことは何でしょうか?NGなことをチェックしてみましょう。

水やシャワーなどを使う

水やシャワーなどを使うことで、良いエネルギーが流れてしまいます。前日にしっかり風呂に入り、立春の日を過ぎてから風呂やシャワーをしましょう。水を使う洗濯なども前日までに済ませておきましょう。

ネガティブな感情はNG

新しい一年のスタートにネガティブな感情でスタートをすると、そのエネルギーを引きずることになってしまいます。スタートは方向性が大切になります。一年のスタートにネガティブな種をまいてスタートすると、ネガティブなものが育ってしまいます。ネガティブな言葉など、人の悪口や批判を言わないように気をつけましょう。どうしても感情のコントロールが難しい人は、感情をニュートラルな状態に切り替えてくれる柑橘系のアロマオイルを使って、香りに助けてもらうと良いでしょう。柑橘系のフレッシュな香りが気分を明るく前向きにしてくれます。

まとめ

節分・立春と新たな一年のスタートだからこそ、一年間の幸運を祈願して良いスタートを切りましょう。開運につながることを意識して取り入れ、良いエネルギーを呼び込みましょう。2023年は2日3日が節分になり、2日4日が立春で新しい年の始まりです。素敵な一年になりますように。

▶︎【立春大吉】読み方やおめでたい縁起*お札の貼り方について
はこちら

▶︎心理テスト【恵方巻き診断】選んだ具でわかるあなたの性格はこちら

ABOUT ME
Written By 天愛来(ティアラ)
23年以上の経験と知識を活かし『カウンセリング&セミナー講師』にて活動中。風水・ヌメロロジー・心理学・ヒプノセラピー・霊気など資格取得。スピリチュアル分野である西洋占星術・アロマテラピー・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタルヒーリングで心豊かになれるようにさまざまなアプローチを通して気付き&癒し、知識を提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)