開運

【龍神】の種類で意味がちがう!?ご利益や神社・縁起について

龍神  種類
天地を自由に動き回り、雨や風をもたらす龍の神様。龍神にはいくつかの種類があり、それぞれのご利益がありますよ。龍神について、またご利益、龍神が祀られているパワースポットなどをご紹介しますね。







龍神とは

神の化身である”龍神”にウロコがあるのは、元来「鯉」が滝を昇るがままに変化し龍となったという言い伝えがあります。

日本書記では、伊邪那美は火の神・加具土神(カグツチ)を生み亡くなってしまいますが、伊邪那岐は物凄い怒りから腰に挿していた十拳剣(トツカノツルギ)を抜いて加具土神の首を切ります。その剣についた血がたくさんの岩に落ち闇御津羽神(くらみつはのかみ)、闇龗神(くらおかみのかみ)が生まれます。龗(おかみ)は龍の古語になります。

龍神の種類一覧とご利益

五行説において、白龍、黒龍、赤龍(紅龍)、青龍、金龍と呼ばれる龍神がいると言われています。龍神は三本爪の龍と、五本爪の龍があります。五本爪の龍は、古代では皇帝しか所有することを許されなかったらしく、”皇帝龍”と呼ばれていますよ。

白龍

「白龍」は、五行説では「金」西方を守護する龍神です。ご利益は、金運や仕事運、結婚運アップ。

黒龍

「黒龍」は、五行説では「水」北方を守護する龍神です。ご利益は、人事円満、夫婦円満、家庭円満、健康運。

青龍

「青龍」は、五行説では「木」東方を守護する龍神です。ご利益は、芸能や芸事などの成長に。

赤龍

「赤龍」は、五行説では「火」南方を守護する龍神です。ご利益は、活力を与えてくれる勝負運。

金龍

「金龍」は、五行説では「土」中央を守護する龍神です。ご利益は、財運、金運。

龍神の置物でパワーアップ

風水では龍神の置物を置くと良いと言われていますよ。願いごとを叶えてくれるといわれ、特に黄金の龍の置物は、財運、金運、出世運などのパワーを発揮する縁起の良いものになります。

玄関に置く場合は、玄関入って右側に飾ります。お部屋に飾る場合は、水と相性が良い、「北」や「東」に置きましょう。また「水」をお供えすることでパワーアップすると言われていますよ。定期的に龍神に水をお供えするといいですね。

龍神が祀られている有名神社

全国の龍神が祀られている有名神社をご紹介しますね。

田無神社(たなしじんじゃ)

東京にある五龍神がお祀りされている田無神社。白、赤、青、黒、金の五龍神ということでさまざまなお願い事にご利益があります。御祭神は、尉殿大権現(じょうどのだいごんげん)で、生命の源である水を司りその姿は金龍神とされています。願望によってカラーを選択できる「五龍神守」、「五龍神塩」がありますよ。

[所在地] 東京都西東京市田無町3-7-4

九頭龍神社(くずりゅうじんじゃ) 

神奈川県の箱根にある九頭龍神社。九つの頭を持った龍である九頭龍大神がお祀りされています。龍神水を汲むことができますよ。また、請願符(水溶紙)にお願い事を書いて龍神水に流すと九頭龍大神に届くと言われていますよ。

[所在地] 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根 九頭龍の森内

戸隠神社(とがくしじんじゃ) 

長野県にある戸隠神社の九頭龍社には9つの頭を持った九頭龍大神(くずりゅうおおかみ)がお祀りされています。雨乞いの神、縁結び、また虫歯の神とも言われていますよ。

[所在地] 長野県長野市戸隠3690

貴船神社(きふねじんじゃ)

 
京都の鞍馬にある貴船神社は、水の神を祀っています。本殿の下にも龍穴があり、全国二千社を数える水神の総本宮になります。ご神水に浸すと文字が浮かび上がる「水占みくじ」がありますよ。

[所在地] 京都府京都市左京区鞍馬貴船町180

上賀茂神社 新宮神社(しんぐうじんじゃ)

京都の上賀茂にある上賀茂神社の摂社、新宮神社。水の神である高龗(たかおかみ)をお祀りしています。第2・第4日曜だけ参拝することができますよ。御朱印は立派な龍神の絵になっています。

[所在地] 京都市北区上賀茂本山339

室生龍穴神社(むろうりゅうけつじんじゃ)

奈良あり龍神伝説が残る室生龍穴神社。龍神の住処と伝わる「吉祥龍穴」があります。祭神は、水の神様である高龗神(たかおかみのかみ)がお祀りされていますよ。

[所在地] 奈良県宇陀市室生1297

春日大社 金龍神社(きんりゅうじんじゃ)

奈良にある春日大社「金龍神社」は金龍大神をお祀りしています。金運財運のパワースポットとして知られていますよ。社殿を一周するお百度参りがあるので、心に決めた願望があるときにはお参りしてみてもいいですね。また四方八方から幸運、財運が舞い込む8角形のお守りがありますよ。

[所在地] 奈良県奈良市春日野町

出雲大社(いずもたいしゃ)

島根県にある出雲大社。一般的には旧暦10月神無月ですが、出雲地方では神在月と呼ばれており、「龍蛇神講大祭」が行われます。出雲に集まる全国の八百万神(やおよろずのかみ)を先導する神使である龍蛇神が祀られています。

旧暦10月10日の夜、稲佐の浜に龍蛇神をお祀りし、神迎祭の奉仕後に龍蛇神を先頭にして出雲大社までご神幸されますよ。

[所在地] 島根県出雲市大社町杵築東195

まとめ

龍神のパワーを頂き開運成就できるといいですね。龍神のエネルギーを感じるには、龍神がお祀りされている神社に参拝するとよりダイレクトに龍神の恩恵を頂くことができるかもしれませんね。

是非、気になる神社があれば参拝し龍神のエネルギーを感じてみましょう。

ABOUT ME
Written by mapy
Written by mapy
20年前よりスピリチュアルなことに興味を持ち、数秘術・心理学・西洋占星術・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタル・風水・アロマテラピーなどを学び資格取得。さまざまなアプローチを通して女性対象にカウンセリングを行っています。今までの経験を活かして多くの方の気付きのきっかけになり、人生がより豊かに楽しくいられるような記事を提供できればと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)