パワースポット

龍とドラゴンの違いに関する神話

龍とドラゴンの認識に見られる違いに関する神話

「龍」と言う日本語を英語で言うと「ドラゴン」になる訳ですが、それって同じものだとどうにも思えない所ありませんか?

事実、西洋のドラゴンと東洋の龍では一般的にイメージされる姿も違えば、持っているイメージもかなり違った物である事が多く、この二つの想像上の生き物と言うのは全く別な物だと考えて良いでしょう。

では一体どんな所が龍とドラゴンは違っているのか?どうして違ったモノであると言えるのか?という事の考察を今回はご紹介してみたいと思います。

龍とドラゴンには、こんな違いがあるという事ご存知でしたか?







龍とドラゴンの見た目の違い

東洋の龍とドラゴンについて一番分かりやすい違いと言ったらやはり見た目です。

簡潔に分かりやすく言うならば、東洋の龍は蛇に手足を生やしたようなイメージです。

しかし厳密に言うと、龍と言う生き物は「9つの生き物の特徴を持つ神そのもの」・「神獣」であると言われています。

角は鹿、頭は駱駝、目は鬼、体は蛇、腹は蜃気楼を作り出すと言われるヘビがキジと交わって出来たと言われる伝説の生物「蜃(しん)」、鱗は鯉、爪は鷹、手足は虎、そして耳は牛。

聞いただけで姿を想像できる人はまずい無いと思いますが、とにかくそんな凄い色々な生き物の特徴を持っているのだと言います。

ドラゴン

ドラゴンは基本描写は完全なる爬虫類と悪魔の合体した姿、そのことは「ドラゴン」と言う名前の由来からも分かると言えます。

肉食恐竜に角と翼を生やした形が、スタンダードな西洋のドラゴンのイメージではないでしょうか?

ドラゴンの語源はギリシャ語の「ドラコーン」、ラテン語の「ドラコ」だとされています。

この意味は「鋭い眼光でにらむもの」であり、もともと基本爬虫類、主にヘビを指す言葉でしたが、「凶悪な印象」を訴えかける言葉なのです。

例えば、角や翼のあるイメージは殆ど悪魔と共通しているイメージですし、神話でも「醜悪な見た目」「恐ろしい相貌」と表現されやすいのも一致している特徴です。

龍とドラゴンの住処の違い

今でこそ小説やアニメ、ゲームの中では東洋文化も西洋文化もごちゃ混ぜになっていますから、ドラゴンも龍も色んな所を住処にしているイメージがあると思います。そもそもは住んでいる場所が全く違う存在になります。

東洋で言う龍と言うのは、基本的に水の中にいて天に時折り昇っていったりもします。
ドラゴンは寧ろ地下の洞窟や山岳地帯にいるとされています。

実は龍とドラゴンは、原型がちょっと事なるところがあるからであると考えられます。

龍の起源は日本でも化石となって発見されることがある、体長約7メートルの大型のワニである「マチカネワニ」の群や泳いでいる姿に見えるさまがあります。

「竜巻」「稲妻」と言った自然現象が合致して「こんなでかい怖い奴いる」と広まり、やがて伝説化したものだと言われております。水辺の爬虫類や魚と言った生物の特徴を多く持っていますから、殆どが水の中や水辺や島に眠っていると言われているわけです。

ドラゴン

ドラゴンもまた元々実在すると言われていましたが、こちらは恐怖のイメージの肥大化が主なようで、インドやアフリカから入ってくる「象をも殺す爬虫類」と言う話が「巨大な爬虫類」へと変わって言ったと考えられます。

実際にキングコブラの毒は『象をも死に至らしめるに足る」とも言われていますから、大きさも巨大な物へとなったのでしょう。

「危険で巨大な爬虫類たちがあげる声」が、洞窟の奥や山の上から聞こえてくると言われるようになったからこそ「ドラゴンと言う化け物は、洞窟や山に生息している」と言われています。

大昔の登山装備では実際に山に入ったら帰ってくるのはとても難しいですし、洞窟の中も天然ガスが充満していたり、沼沢地方の毒虫にやられたりする危険がとても高く、時に死んでしまった事を恐怖をあおっていたのでしょう。

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)