開運

皐月とは?由来や食べ物・春を感じる開運アクションについて

皐月とは
5月は、現代でも五月(さつき)と呼ばれることがあります。皐月(さつき)は旧暦である太陰太陽暦の5月を表す言葉ですが、新暦にすると5月末くらいからになり1ヶ月ズレが生じます。皐月についての由来や食べ物、春を感じる開運アクションについてご紹介します。







皐月とは?由来や意味

皐月とは旧暦(陰暦)の5月のことです。皐月の由来や意味についてご紹介します。

旧暦とは?

現在はグレゴリオ暦である太陽暦を使用していますが、明治5年12月2日までは太陰太陽暦を使用していました。太陰太陽暦は太陰暦と太陽暦を組み合わせたものになります。月の満ち欠けを基本とするのが太陰暦、太陽の周期に基づいたものが太陽暦になります。太陰太陽暦とは、月と太陽を取り入れた暦になります。

和風月名とは?

古来から暦の月に名前を付けられており、旧暦では和風月名(わふうげつめい)と呼ばれています。和風月名は旧暦の季節や行事に合わせたものになります。和風月名は、万葉集や日本書記に登場し、その後の平安時代の貴族が歌詠みに使っていました。

【1月】睦月(むつき)・【2月】如月(きさらぎ)・【3月】弥生(やよい)
【4月】卯月(うづき)・【5月】皐月(さつき)・【6月】水無月(みなづき)
【7月】文月(ふみづき)・【8月】葉月(はづき)・【9月】長月(ながつき)
【10月】神無月(かんなづき)・【11月】霜月(しもつき)・【12月】師走(しわす)

5月の「皐月」は「早月」が語源になり、早苗(さなえ)を植える月になるからと言われています。「皐」には「神に捧げる稲」の意味があります。

皐月の食べ物

皐月(5月)が旬で美味しく頂ける食べ物があります。立春から数えて八十八夜(2022年は5月2日)になると、茶摘みが行われます。春に出てきた新芽を摘んだ、この季節に摘まれるお茶は新茶になります。八十八夜に収穫されたお茶を飲むと一年間無病息災で過ごせると伝えられています。新茶はカテキン(渋味や苦味のもと)やカフェインが少なく、甘味の元であるテアニンやミネラルをたくさん含まれています。

旬の魚介類は、しゃこ、いしもち、きす、とびうお。旬の野菜は、サヤエンドウ、ソラマメ、ニラ、チンゲン菜、ニンニクなど。旬の果物は、イチゴ、ビワ、夏みかん、メロンです。

皐月の開運アクション

春土用が5月4日に明け、立夏になり太陽の日差しも温かく感じられ、少しずつ夏が近づいていく季節です。皐月の時期によい開運アクションについてご紹介します。

菖蒲湯でリラックス

5月は雨季を迎え、季節の変わり目で病気になりやすく「毒月」とも呼ばれています。5月5日の端午の節句では、無病息災を願って湯の中に菖蒲の葉や根を入れた菖蒲湯に入浴する風習があります。菖蒲湯に浸かることで薬草のもつ強い香りにより邪気を祓うことができると言われています。

平安時代の宮廷では菖蒲を軒先に吊るしたり、髪に挿したりすることで厄除けをしていました。古代からの風習を取り入れて、菖蒲湯に浸かり厄を祓いましょう。菖蒲にはテルペンやアザロン、オイゲノールという精油成分が含まれており、精神を安定させリラックス効果があります。薬効を期待する場合は、精油成分は葉よりも根の部分に多く含まれていますので、根の部分を入手すると良いでしょう。

アロマの香りを楽しみながら、血行を促進し、冷え性や肩こり、腰痛にも効果が期待でき、疲労回復させてくれます。

【菖蒲湯】
菖蒲の葉を水洗いしてそのまま丸ごとお風呂に入れます。根の部分を入れる場合は、鍋で根を10~15分ほど煮だしエキスを抽出したものをお風呂に入れましょう。

母の日に感謝の気持ちを伝える

5月の第2日曜日は母の日です。カーネーションは母の日のシンボルですが、カーネーションの花言葉は「女性の愛」。赤いカーネーションは「母の愛」という花言葉です。母親に感謝の気持ちを伝えることで、自分自身も運気を高めることができます。母に感謝の気持ちを伝えることで、母の喜びや嬉しいといった感情が自分にも返ってきて循環していきます。

濡れた傘をお手入れする

梅雨の時期が始まると傘を使う機会が増えてきます。傘のお手入れをきちんとしないと雑菌とカビが繁殖して臭うようになります。濡れたままたたんで放置するのは危険です。雑菌は36~38度が最適生育温度、湿度80%以上で発生しやすい環境になります。使用後の傘は雨を振り払ってタオルなどで拭き取ったり、雨が上がったあとに陰干ししたりして乾燥させましょう。

直射日光は、色やけや繊維を傷めてしまうので、必ず陰干しにしましょう。雨で濡れた傘を傘立てなどに置きっ放しにしていると、雑菌やカビが繁殖し運気もダウンしてしまいます。お気に入りの傘を大切にし、防水スプレーをかけておくとお手入れが随分とラクになります。お手入れを怠って悪臭がする傘は、重曹につけておくと改善されます。

まとめ

季節の変わり目である5月は体調を崩しやすい季節でもあります。開運のために季節のものを食べたり、開運アクションをしたりして良い運気を取り入れていきましょう。

▶︎【暦・カレンダー】についてのまとめページはこちら

ABOUT ME
Written By 天愛来(ティアラ)
23年以上の経験と知識を活かし『カウンセリング&セミナー講師』にて活動中。風水・ヌメロロジー・心理学・ヒプノセラピー・霊気など資格取得。スピリチュアル分野である西洋占星術・アロマテラピー・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタルヒーリングで心豊かになれるようにさまざまなアプローチを通して気付き&癒し、知識を提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)