開運

【赤口】とは?意味や由来や時間について*NGなことや過ごし方

赤口とは
赤口は、暦注の一つである六曜(ろくよう)「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」になります。吉日と言われている「大安」や凶日と言われている「仏滅」を意識する人は多く、「赤口」については馴染みがない人も多いでしょう。赤口についての意味や由来を知ることで、カレンダーの見方が変わるかもしれません。赤口についての吉凶の時間やNGなこと、過ごし方についてご紹介します。







【赤口】とは?意味や時間

赤口は「しゃっこう・しゃっく・じゃっこう・せきぐち」などいくつかの読み方があります。六曜の中では仏滅に続き縁起の悪い日と言われています。別名は「赤舌日(しゃくぜつにち)」と言います。陰陽道の赤舌神(しゃくぜつしん)という神が支配する日です。赤舌神である鬼が邪魔をすることで、交渉や取引がうまくいかなくなると言われています。

鬼神は人々を悩ませたり、惑わせたりする影響を及ぼします。赤口は凶日になりますが、午の刻である11時~13時は鬼神が休むという時間になり吉とされています。この日にどうしても大切な契約や予定があるなら11時~13時の吉の時間帯を利用するとよいでしょう。また、「赤」は火や血をイメージさせることから、災いの意味をもちます。「火の元や刃物に注意すべき日」と言われているので、火事や怪我に注意しましょう。

赤口の入籍・結婚について

入籍や結婚式など人生の節目となる大切な日には、縁起のよい日を選ばれる人も多いでしょう。六曜では「大安」の吉日が人気になり、「仏滅」の凶日は避けられる傾向があります。赤口はお祝い事や新しいことをスタートさせるのに相応しくない日になるので、縁起を気にする場合は避けましょう。

どうしても語呂合わせで入籍日などを決めるときは、六曜が凶日になってしまうこともあります。入籍や結婚式の日取りが他の吉日(一粒万倍日、大明日、天恩日、天赦日など)と重なっている場合は、11時~13時の吉の時間帯にするとよいかもしれません。逆に他の凶日(不成就日、黒日など)と重なっている場合は、凶の要素が強くなるので縁起を気にされる場合は避けるのが望ましいでしょう。

赤口のお祝いについて

内祝いやお祝いなどは縁起を担ぐということで吉日を選ぶのが一般的です。内祝いは仏滅を避けて渡すのがマナーとされています。赤口は凶日であることからおめでたいお祝い事などをするのにはよくない日になります。六曜や縁起を気にされる人の場合は、不快な思いをさせてしまう可能性があるので、できる限り避けるとよいでしょう。

赤口の納車について

納車をする場合は、縁起を気にされる人も多いでしょう。実際にディーラーは「大安」をおすすめすることもあります。赤口の「赤」は、血のイメージになることから、怪我や交通事故など死をイメージさせてしまいます。ネガティブなイメージがあるので、納車日として避けられることが多い傾向です。どうしても赤口を避けられない場合は、吉の時間帯の11時~13時に調整してみましょう。

赤口の引っ越しについて

引っ越しは新生活のスタートの日になります。赤口は新しいことをスタートさせるのに相応しくない日になるので、できる限り避けるのが望ましいでしょう。特に赤が「火」と「血」をイメージさせるので、怪我や火災などの嫌なイメージになってしまいます。どうしてもこの日にしかできない場合は、吉の時間帯である11時~13時の間に荷物だしを行うようにすると凶を緩和することができます。

赤口のお参りの時間

縁起を気にする必要がないので神社の参拝は問題ありませんが、大切な祈願や御祈祷をする際には凶日に当たるので、吉時間帯である11時~13時にするとよいでしょう。暦注の一つである神社の参拝に向いている「神吉日」などと重なっている場合は、神吉日を優先するという選択もあります。

赤口の七五三について

七五三は、数え年で3才、5才、7才になる年に行います。七五三は、日取りを決める際に縁起のよい日として知られている「大安」にすることが多いでしょう。赤口は何事も避けると無難な日であることから、縁起を大切にされている場合は避けることが望ましいでしょう。

赤口の契約について

赤口の日は新しいことをスタートするのに不向きな凶日になるので、大きな契約については避けた方がよいでしょう。日柄をまったく気にしない人の場合問題はないかもしれませんが、縁起を担ぎたい場合には、大安などの吉日に行いましょう。

赤口にNGなこと

赤口は新しく物事をスタートさせることや、お祝い事などと相性が悪いので、縁起を担ぎたい場合は避けて他の日程で調整しましょう。

赤口におすすめな過ごし方

赤口の日は、いつもより慎重に過ごし、火の元や怪我などに注意して過ごしましょう。通常に過ごすのは問題なく、意識し過ぎるとネガティブなイメージを抱いてしまうので、普通に過ごすとよいでしょう。

まとめ

赤口は六曜の中では仏滅に続き縁起が悪いとされる凶日になります。大切なこと、縁起を担ぎたいことはできるだけ避けるようにしましょう。但し、他の吉日が多く重なっている日は緩和されることもあります。気になるようでしたら、他の吉日がないかもチェックするとよいでしょう。

SPIBRE
ABOUT ME
Written By 天愛来(ティアラ)
23年以上の経験と知識を活かし『カウンセリング&セミナー講師』にて活動中。風水・ヌメロロジー・心理学・ヒプノセラピー・霊気など資格取得。スピリチュアル分野である西洋占星術・アロマテラピー・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタルヒーリングで心豊かになれるようにさまざまなアプローチを通して気付き&癒し、知識を提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)