パワースポット

四国お遍路35番札所 【清滝寺】|厄除け薬師如来像が圧巻!御朱印&見どころ

四国お遍路35番札所 【清滝寺】
四国35番札所の清滝寺(きよたきじ)は、高知市北部、醫王山(いおうざん)にかまえる寺院です。醫王山とは、かつてその地にて、多くの難病が治癒されたことからつけられた名前。

また醫王山中腹は、「土佐和紙」「手すき障子紙」といった、高知県の有名な紙どころでもあります。ここ清滝寺は、和紙という産業を通してその存在を確かにした寺院でもあります。

それでは、清滝寺の歴史や御朱印、見どころなどをご紹介していきましょう。

お参りの作法についてはこちらをごらんください。
▶︎ 四国88箇所霊場お遍路|基礎知識と正しい参拝方法



「みつまた」とともに歩んできた札所

四国35番 清滝寺 参道
縁起によると、清滝寺の発足は養老7年。かの行基菩薩が行脚したところ、清滝寺の地に霊気を感じ、薬師如来像を彫刻したといいます。その像を本尊として堂舎を建て「影山密院・繹木寺」として開山されました。

弘仁年間には弘法大師も来訪。本堂から300mも上方の岩に壇を築き、「一七日(7日間)の修法」を行ったといいます。満願の日、大師が金剛杖で壇を突くと、あれよあれよと岩から清水があふれ出し、鏡のような池になったそうです。そのことから「清滝寺」と改称され、現在にいたる霊場にも認定されました。

四国35番 清滝寺 みつまた
この地域に生息する「みつまた」とは、冬に葉を落とす落葉性の低木で枝が3つに分かれていることから「みつまた」と呼ばれています。その樹皮は和紙の原材料として用いられています。弘法大使の興した水は、人々の田畑を潤すだけでなく、みつまたをさらし、和紙を漉くための源泉として、同地の和紙産業に大きな役割を果たしたわけなのですね。

清滝寺のご利益

四国35番清滝寺・本尊御影
本尊は、行基によってつくられました。154㎝の薬師如来像は、県の重要文化財にも指定されています。

薬師如来は、如来となる前の菩薩の時代にたてた「十二の大願」のなかで「病気の災いを除き安楽を与える」という誓いをたて、実行。そのことから、医薬を司る仏として「医王」という別名ももちます。

四国35番 清滝寺 薬師如来像
また「厄除け薬師如来像」もまた、清滝寺のご利益として有名です。その大きさは、なんと15m。本堂の屋根よりも高く、清滝寺のまさにシンボルです。台座の中では88段の「戒壇巡り」が可能で、厄除けの効果があるといわれています。

「厄除け薬師如来像」の足元には入ることができます。

四国35番 清滝寺 厄除け薬師如来像a


清滝寺の御朱印の特徴

四国35番清滝寺・御朱印
山の中腹にそびえ、厄除け薬師如来像の効果もあってか、ひときわその存在感を放つ清滝寺。御朱印は境内の納経所でいただくことができます。まずご本尊にご挨拶するのをお忘れなく。

清滝寺では、本尊である「薬師如来」の墨描きをいただくことができます。その名称によるところなのか、その筆跡は力強くも、しなやかな水の流れをどこかに感じさせます。

清滝寺の見どころ

厄除け薬師如来像

四国35番 清滝寺 薬師如来像
清滝寺のシンボルでもある薬師如来像は、本堂と大師堂の間にそびえ立っています。その出で立ちは「医王」という名称さながら、寺院に踏み入れる私たちを、やさしく迎え入れてくれているようです。昭和8年より建立。製紙会社からの寄贈というのがまた、和紙とのつながりを感じさせます。

本堂

四国35番 清滝寺 本堂
本堂は厄除け薬師如来像向かって右側にあります。

大師堂

四国35番 清滝寺 本堂と大師堂
本堂と大師堂は繋がっていて、こうして見るととても迫力がありますね。右手前が本堂で奥に見えるのが大師堂です。

四国35番 清滝寺 大師堂
大師堂の横に、ひっそりとおびんずるさんが鎮座していました。
四国35番 清滝寺 おびんずるさま

天井画

山門(仁王門)の天井には、龍の画が描かれています。こちらは1900年(明治33年)、高知の画家、久保南窓によって描かれたもの。「八方にらみの龍」と呼ばれ、どこから見ても、龍と目が合ってしまうという不思議な作品です。

干支恵方盤

四国35番 清滝寺 12支干支方位盤
本堂の天井には、年期の入った12支の干支方位盤がありました。とても縁起が良さそうです。

高岳親王逆修塔(たかおかしんのうぎゃくしゅうとう)

高岳親王は平城天皇の第三皇子で、弘法大師の弟子となった真如です。
寺院の南西に位置しています。逆修塔は、生前に自分を供養するための塔であり、現在では「不入の山」つまり入山禁止とされています。

瀧と池

四国35番 瀧と池
本堂の右斜面に流れているのが小さな瀧と池です。瀧と言えるほどの立派な感じではありませんでしたが、苔や緑に囲まれた水子地蔵尊が印象的でした。

奥の院の閼伽井(弘法大師が五穀豊穣を祈願して一七の修法をし、満願の日に金剛杖をつくと清水が湧き出て池になったという)を水源とするといわれていますが定かではありません。現在は人工の瀧だそうです。

まとめ

四国35番 清滝寺 景色
清滝寺の歴史、御朱印や見どころはいかがでしたか。弘法大師による金剛杖から、その繁栄が始まった清滝寺。本堂の右斜面には、当時から続くといわれている滝と池もあります。ダイナミックながらもどこか美しい景観に、ぜひ癒されてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もご覧ください。
四国八十八箇所霊場お遍路巡り一覧まとめ

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by
Written by
spirituabreath編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!