パワースポット

四国お遍路38番札所 【金剛福寺】|荘厳な足摺岬!歴史や御朱印&見どころ

四国お遍路38番札所 【金剛福寺】|

四国38番札所の金剛福寺(こんごうふくじ)は、四国最南端の足摺岬にあるお寺で、岬を見下ろす丘の中腹に位置する四国霊場です。

境内には、120,000平方メートルという巨大な道場があり、寺院周辺の自然の壮大さは、お遍路にくる者の心をわしづかみにします。しかしながら、37番札所からは車でも2時間の距離。その道のりはまさしく修行と呼ぶにふさわしい場所です。

そんな、ゆたかな自然に囲まれた四国38番札所、金剛福寺の歴史や御朱印、見どころをご紹介していきましょう。

四国88箇所 基礎知識
四国 88 箇所霊場お遍路|基礎知識と正しい参拝方法 四国88ケ所霊場巡礼(遍路)とは、弘法大師が修行された足跡をたどって歩くことです。 四国遍路は、『阿波』『土佐』『伊予』『...






金剛福寺の歴史

四国38番 金剛福寺
濃緑の樹海に、打ち寄せる荒波。足摺岬のその風景は、どこか浄土を感じさせます。

822年に岬を訪れた弘法大師もまた、インドの観音浄土とされる「補陀落(ふだらく)」の光景を、そこに感じ取ったといいます。その後、大師は嵯峨天皇からの勅命を受け、三面千手観世音菩薩像を自らの手で彫り上げ、開創したそうです。

また「金剛福寺」という名前については、大師が唐から帰国する際、四国霊場を建設するという心意気で投げた法具、五鈷杵(金剛杵)が岬に飛来したこと、観音経の「福聚海無量」に含まれる「福」が、その由来となっています。

金剛福寺のご利益

四国38番 金剛福寺
金剛福寺のご本尊は、木造三面千手観世音菩薩立像です。1342年、暦応5年の作品であるとされています。秘仏であることから、通常は本堂後ろの耐火室に安置されており、通常はその姿を拝むことはできません。

その姿形のインパクトからか、テレビやアニメのキャラクターとしても取り上げられることの多い千手観音菩薩像。仏像のなかでも、みなさんにとって馴染みのあるものではないでしょうか。

千手観音菩薩もまた、その他の菩薩像と同じく宝髻(ほうけい、結ってまとめている髪型)がみられ、きらびやかな服装をしているのが特徴です。「千手」とされる観音菩薩の手は、実際は42本であることが多く、合掌している手を除いた40本で、千手をあらわしています。やはり、千本の手を彫るのは相当に難しいようです。

そんな千手観音菩薩像のご利益は「厄難回避」「延命」「病気平癒」「夫婦円満」などさまざま。この世にいる間に享受できる「現世利益」だけでなく、死後に享受できるとされる「後世利益」をうたっているのも、千手観音菩薩像の特徴です。

金剛福寺の御朱印の特徴

四国38番金剛福寺・御朱印
足摺岬近くの丘の中腹に、荘厳な雰囲気で建つ四国霊場、金剛福寺。御朱印は境内の納経所でいただくことができます。まずご本尊にご挨拶するのをお忘れなく。

こちらの寺院では「千手観音」と書かれた御朱印をいただくことができます。川の流れのごとくなめらかな筆跡。長い道のりを経て、ようやくたどり着くことのできる寺院ですから、ぜひとも、御朱印をいただいて帰っていただければと思います。

金剛福寺の見どころ

仁王門

四国38番 仁王門
こちらには、嵯峨天皇の宸筆で「補陀落東門」と彫られた扁額(へんがく)があります。嵯峨天皇は弘法大師、橘逸勢と並び「三筆」と称され、平安初期の書道家としても高名でした。

本堂

四国38番 本殿
本尊は弘法大師が彫ったとされる木造三面千手観世音菩薩立像。県指定の保護有形文化財です。本堂内に安置されている不動明王・毘沙門天も、土佐清水市指定の有形文化財です。

四国38番 仏像
本堂裏には五智如来、十三仏、千手観音の鋳造仏など、108もの仏像が安置されていますので、そちらも見どころです。

護摩堂

四国38番 護摩堂
本堂手前右にある護摩堂です。

多宝塔

四国38番 多宝塔
護摩堂右の多宝塔は存在感があります。

1 2
ABOUT ME
Written by
Written by
spirituabreath編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)