パワースポット

四国八十八ヶ所霊場3番札所【金泉寺】長寿をもたらす黄金の井戸は必見!

四国3番金泉寺
徳島県板野郡にある四国八十八ヶ所霊場3番札所「金泉寺(こんせんじ)」は、長寿をもたらす黄金の井戸があることでよく知られています。また、源義経が戦勝祈願をして、平家を倒したことなどから、人生の開運祈願に訪れる人が多いお寺です。そんな伝説やエピソードがいっぱいの金泉寺の御朱印や見どころについてご紹介します。

長寿をもたらす黄金の井戸とは?

四国3番・黄金地蔵尊
八角観音堂の右隣に「黄金地蔵尊」と書かれた小さな建物があります。弘仁年間(810年〜824年)、空海(弘法大師)が修法でこの寺を訪れたとき、日照りで苦しむ村人の声を聞きました。大師が地面を掘ると、霊水が湧き出ましたので、「黄金の井戸」といわれるようになりました。今も霊水が湧き出ていますが、この水面に自分の顔がはっきりと写ったら長寿のしるし、ぼんやりとしか写らなかったら短命に終わると言い伝えられています。
四国3番・黄金の井戸

お参りのみなさん、おそるおそるのぞいていました。顔が写ると「あっ、写った、良かった!」と喜ぶ声が響いていました。

井戸の奥には黄金ではないですが、北向き地蔵尊が安置されています。首から上の病に霊験あらたかだそうです。自分の悪いところと同じところを撫でながら、願いをかけると聞き届けてくださるそうですよ。おそらく「黄金の井戸」をお守りするお地蔵様なので、「黄金地蔵尊」と呼ばれているのでしょう。

四国八十八ケ寺霊場の中には、他にも弘法大師が掘ったと伝えられる井戸があります。17番札所井戸寺の「面影の井戸」、39番札所延光寺の「眼洗いの井戸」です。ぜひ訪れてみてください。

金泉寺の見どころ

仁王門

四国3番金泉寺
1996年に完成した朱塗りの三間一戸楼門、入母屋造りです。仁王さんの目は白眼のところが金色になっています。

本堂・ご本尊とご利益

四国3番金泉寺・本堂
仁王門をくぐり、極楽橋を渡ると正面に見えます。ご本尊の釈迦如来坐像と、脇仏に阿弥陀如来坐像、薬師如来坐像が安置されています。

四国3番金泉寺・本尊御影
釈迦如来は、仏教の開祖であるブッダを形に表した最初の仏像です。ブッダの死後500年以上が過ぎたころ、ブッダを慕う仏弟子によって造られました。悟りを開くためのご利益があるとされ、上げた右手は畏れを取り除いてくれ、下げた左手は望むものは何でも与えてくれる意味を表すといいます。そして、脇仏は、人間の心にある暗い心を破る力を持つ阿弥陀如来と、病苦から救い、寿命を延ばしてくれるという薬師如来です。

仏界のビッグな三尊に、心を込めてお願いすればご利益がいただけそうですね。2014年以降開帳されています。

多宝塔

四国3番金泉寺・多宝塔
本堂の裏手にあります。緑の木立に朱色の塔があざやかに映えます。

大師堂

四国3番・大師堂
2008年11月に改築されました。左側の入り口から堂内に靴のままで入ることが出来ます。堂内で弘法大師像を拝見しながらお参りができるありがたい大師堂です。

沙羅の木(さらのき)

四国3番・沙羅の木
大師堂の左側にあります。釈迦が入滅した時に、四方に2本ずつあった沙羅の木が一斉に花を咲かせ、白く変じたという木です。日本ではナツツバキを指し、6月ごろに花をつけるそうですので、その頃にお参りする方はお見逃しのないように。

倶利伽羅竜王(くりからりゅうおう)

四国3番金泉寺・倶利伽羅竜王4335
本堂と大師堂との間にあります。倶利伽羅竜王は、不動明王の化身といわれ、火炎に包まれた竜が剣に巻きつき、剣を呑もうとする形が表されています。人間の迷いや、憎しみや怒りなどの邪悪な心を火炎で焼き尽くそうとしているといわれます。その異様な形象が発する迫力に一瞬たじろぎますが、静かに心を「空」にしてみてはいかがでしょうか。

八角観音堂

四国3番金泉寺
黄金地蔵尊の斜め前にあります。ここに祀られているのは勝運観音と呼ばれる聖観音です。1185年2月、阿波(徳島県)に上陸した源義経が、讃岐(香川県)の屋島に内裏を置いて本拠としていた平家討伐に向かう途中に立ち寄り、戦勝を祈願したといわれています。

鎌倉時代から南北朝時代にかけて成立したといわれる『源平盛衰記』(げんぺいじょうすいき)には次のような話が記されています。

元暦2年(1185年)2月18日、源義経が100人余りの軍勢を引き連れて、強風が荒れ狂う中、大阪から船出します。追い風を受けて、通常3日かかる距離を6時間ほどで阿波の海岸にたどり着きました。勝浦と勝宮(すぐるのみや)で敵兵を倒し、阿波から讃岐へ向かう途中にある中山という峠にさしかかりました。

峠の近くに金仙寺(こんせんじ)という観音様をご本尊とする古いお寺がありました。その日は、近所の名主や百姓たちがお寺に集まって、月例の観音講を行っていました。村人たちは講が終わった後、酒宴の準備をしていました。そこへ、「講にかこつけて酒宴を催すなどという悪い習慣はやめろ」と、地元の若者が大勢押し寄せてきて、大人たちと互いにののしり合っていました。

ちょうどそのような時に通りかかった義経たちは、平家の武者が気勢を上げているものと勘違いし、家来たちは弓に矢をつがえ、鬨(とき)の声を上げて金仙寺になだれ込んでいきました。その勢いに驚いた女子供たちが一斉に逃げまどい、若者たちもわれ先にと逃げ去りました。

そこで義経一行はお寺の本堂に上がり込み、村人たちが整えたご馳走やお酒を頂戴します。落ち着いて見てみると、観音様の前には生花やお香、お供え物、お灯明、お経の巻物まで用意されています。義経が「だれか法会の観音経を唱えろ」と言いますと、弁慶がご本尊の前の壇上に立ち上がり、大声で観音経を唱えました。義経は「勝浦と勝宮で勝利し、観音講のご馳走をいただき、さいさきがいいので、平家を討つことまちがいなしだ」と家来たちに勝利の暗示をかけました。(参考資料:完訳『源平盛衰記』7 西津弘美訳 勉誠出版)

その後、義経は屋島の戦い・長門(山口県)の壇ノ浦の戦いでみごとに源氏の勝利へと導きました。このような故事から金泉寺には人生の開運・勝運を願って多くの人々が訪れるそうです。

弁慶の力石

四国3番金泉寺・弁慶の力石
八角観音堂から左手の納経所へ行く途中にあります。「弁慶の力石伝説」として、「源義経は平家追討の命をうけ、讃岐国屋島に向かう途中、金泉寺に立ち寄り、戦勝開運を祈願しました。その時、家来の弁慶が自らの力量を披露するために、巨石を持ち上げたと伝えられています。」と説明書きにあります。かなり大きな石ですので、いくら力持ちの弁慶でも持ち上げられたかどうか疑問ですが…。

金泉寺の御朱印について

四国3番金泉寺・御朱印5449
お参りが済んだら、「弁慶の力石」の先にある納経所で御朱印をいただきましょう。
中央は釈迦如来の種字「バク」と釈尊の墨書き、中央の宝印は菊に流水、中に釈迦如来の「バク」・左に阿弥陀如来の「キリーク」・右に薬師如来の「バイ」の三つの梵字が入っています。右上は奉納の墨書きに四国第三番の朱印、左下に金泉寺の墨書きと朱印。一筆一筆に心が込められ、気品のある御朱印です。

まとめ

四国お遍路3番札所【金泉寺】はいかがでしたでしょうか。弘法大師が掘ったという黄金の井戸伝説や、源義経が戦勝祈願をしたという観音堂など、源平合戦にまつわるエピソードが息づいているお寺です。

他にも、南北朝時代(1336年〜1392年)の南朝の長慶天皇(在位1368年〜1383年)の御陵と伝えられるもの、願いをすべて聞いてくれるという「満願弁財天」などの見どころもあります。パワーをいただけるスポットが数多くあるお寺ですので、時間があったら境内をゆっくり訪ねてみてください。

四国88箇所 基礎知識
四国 88 箇所霊場お遍路|基礎知識と正しい参拝方法 四国88ケ所霊場巡礼(遍路)とは、弘法大師が修行された足跡をたどって歩くことです。 四国遍路は、『阿波』『土佐』『伊予』『...
四国八十八箇所 お遍路
四国八十八箇所霊場お遍路巡り一覧まとめ 四国といえば八十八箇所霊場のお遍路をイメージされる方も多いのではないでしょうか。 お遍路とは、弘法大師の足跡をたどって霊場を巡りま...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたのオーラや生年月日を元に導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by ゆうこ
Written by ゆうこ
卯年、山羊座。元国語教師。趣味は、温泉旅行や食べること。百人一首競技かるたは選手&読手A級。お寺や神社に立つと、幾度もの興亡が繰り返され、再建・再生され、長年月維持し、受け継いできた無数の無名の人々がいたことを思わずにいられません。そういう人々の思いを少しでも伝えられたらと思っています。 共著書:『新渡戸稲造の至言』(新渡戸基金発行)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!