パワースポット

四国お遍路41番札所 【龍光寺】|三間のお稲荷さんの伝説!見どころ&御朱印

四国 龍光寺 1
宇和島市はかつて伊達家の納めた10万石の城下町。そこから北東に10㎞ほど離れたところに、三間平野(みまへいや)というところがあります。

今回ご紹介する四国41番龍光寺(りゅうこうじ)は、三間平野にて「三間のお稲荷さん」として親しまれている寺院です。

かつて弘法大師がこの地を訪れ、同寺を開創したわけですが、そのきっかけには、ある人物との出会いがありました。すこし不思議な龍光寺の歴史や見どころ、御朱印の特徴など、ご紹介していきます。

四国88箇所 基礎知識
四国 88 箇所霊場お遍路|基礎知識と正しい参拝方法 四国88ケ所霊場巡礼(遍路)とは、弘法大師が修行された足跡をたどって歩くことです。 四国遍路は、『阿波』『土佐』『伊予』『...






龍光寺の歴史

四国 龍光寺 2
弘法大師が三間の地を訪れたのは大同2年。大師が訪れた先には、稲の束を持った一人の老人が立っていたそうです。

大師に向かって何をするわけでもなく、老人はただひとこと

「われこの地に住み、法教を守護し、諸民を利益せん」

そう言い残し、忽然と、大師のもとから姿を消したといいます。

弘法大師は、彼が五穀大明神の化身であると悟ります。そして、稲荷明神像を彫造して堂宇を建設、安置したそうです。

さらに本地の仏である十一面観世音菩薩、脇侍として不動明王、毘沙門天も彫り上げました。弘法大師は「稲荷山龍光寺」と名付け、同地を四国霊場、総鎮守の寺として開創したのです。

龍光寺のご利益

四国41番龍光寺・本尊御影
龍光寺のご本尊は、十一面観世音菩薩。観世音菩薩は、とりわけ大乗仏教の世界において、重要な意味合いをもつ菩薩です。求道者として救いを求める人々の声を真っ先に聞きつけ、救う相手によって千変万化の相をみせるといわれています。

本堂にはご本尊である十一面観世音菩薩のみならず、脇侍である不動明王・毘沙門天、かつて弘法大師が彫り上げた稲荷明神像も安置されています。

稲荷明神は商売繁盛の神様として、今なお地元の人々に「三間のお稲荷さん」として親しまれています。商売などをされているお遍路の方はぜひ、その恩恵にあやかってみては?

龍光寺の御朱印の特徴

四国41番龍光寺・御朱印
四国霊場の総鎮守の寺として、今なお強い存在感を放つ龍光寺。御朱印は境内の納経所でいただくことができます。まずご本尊にご挨拶するのをお忘れないように。

龍光寺の御朱印について、揮毫は十一面観音の種字「キャ」そして「十一面観音」です。さすが総鎮守の寺というべきか、その力強い筆跡には、並々ならぬパワーを感じます。

ぜひ、御朱印を通してその恩恵を受けていただければと思います。

龍光寺の見どころ

参道

四国41番龍光寺・参道
石の鳥居の先が参道です。右の「長命水」さんの窓には、菅元首相がお遍路をした時の写真が飾られていました。

本堂

四国41番龍光寺・本堂
本堂に祀られている観世音菩薩や脇侍、稲荷大名神は見どころ。さらに10センチほどで黒色の、伝説の竜の玉が奉納されています。

こちらはかつて、同地の庄屋が川原で龍に襲われた際、腰の刀がひとりでに抜けたちまち竜の目をくりぬき、その目がのちに奉納されたものだと言われています。

大師堂

四国41番龍光寺・大師堂
本堂をお参りした後は、大師堂へお参りします。

1 2
ABOUT ME
Written by
Written by
spirituabreath編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)