パワースポット

四国お遍路63番札所 【吉祥寺】|霊場唯一の毘沙門天がご本尊!御朱印や見どころ

四国63番,吉祥寺
東西に走る国道11号線と、JR予讃線に挟まれて存在する四国63番札所、吉祥寺(きちじょうじ)。かつて寺院の大部分を占めていた21の伽藍は、近代化に伴う交通整備のため、狭められることとなりました。

四国霊場においては、本尊を毘沙門天とする唯一の札所であることでも有名な吉祥寺。その歴史や御朱印、見どころなど、ご紹介していきます。

四国88箇所 基礎知識
四国 88 箇所霊場お遍路|基礎知識と正しい参拝方法 四国88ケ所霊場巡礼(遍路)とは、弘法大師が修行された足跡をたどって歩くことです。 四国遍路は、『阿波』『土佐』『伊予』『...

吉祥寺の歴史

四国63番,吉祥寺
吉祥寺の縁起は、弘法大師が同地を訪れた弘仁年間(810-824)にさかのぼります。訪問の際、大師は1本の光を放つ檜を見つけ、その一帯に霊気を感じ取ります。大師はその檜を用いて毘沙門天を彫り上げ、さらに脇侍として吉祥寺天像、善膩師童子像(ぜんにしどうじぞう)を彫像しました。ちなみに善膩師童子は、毘沙門天と吉祥天の子どもとなります。

その後、民が貧しさから救済されるように祈願し、堂宇を建てたことが吉祥寺のはじまりであるといわれています。

開創した当時の寺は、現在から南東にある坂元山にありまして、21坊もの塔頭を有していたと記録が残っています。しかしながら天正13年(1585)、豊臣秀吉による四国攻めの争いに巻き込まれ、全山が焼失することとなりました。

やがて江戸時代の万治2年(1659)に末寺であった檜木寺と合併し、現在の土地に再建。現代まで語り継がれる四国霊場となっています。

吉祥寺のご利益

四国63番,吉祥寺
吉祥寺は、四国霊場のなかで唯一、毘沙門天がご本尊です。

毘沙門天のルーツはインドの前期ヴェーダ時代の神、ヴァイシュラヴァナです。ヴァイシュラヴァナは北方を守護する神様であり、その発音をかたどったものが「毘沙門」というわけです。

インドでは四方を守る神様が存在し、北方のヴァイシュラヴァナ、東方のドリタラーシュトラ、西方のビルーバクシャ、南方のビルーダカが存在します。これらが順に毘沙門天、持国天、広目天、増長天として仏教の世界観にも導入され、四天王として君臨しています。

甲冑を身にまとい、右手に宝塔、左手に宝棒や三叉戟を持った武将のような出で立ちが特徴的です。金運アップ、無病息災など多様なご利益があると考えられており、室町時代には商いの神として恵比寿、大黒と並んで七福神の一尊として認められました。なお江戸時代以降は、勝負事の神様としても信仰を集めることとなります。

吉祥寺の御朱印

四国63番,吉祥寺
近代の道路整備により寺域は縮小したものの、いまだ強い存在感を放つ吉祥寺。御朱印は境内の納経所でいただくことができます。まずご本尊にご挨拶するのを忘れないようにしましょう。

写真が吉祥寺の御朱印です。揮毫は毘沙門天の種字である「ベイ」に「毘沙門天」です。火炎宝珠に彩られた中央部にも、種字である「ベイ」が描かれています。なめらかなようで、どこか強い生命力を感じさせる筆跡ですね。

吉祥寺の見どころ

山門

四国63番、吉祥寺
山門の前には小川が流れています。石橋を渡った先には、まるで狛犬ような「白象」がみなさんをお出迎えしてくれます。

福聚閣

四国63番,吉祥寺
境内、山門を入って右側には「福聚閣(ふくじゅかく)」と呼ばれる建物があります。ちなみに中は空っぽで何もありません。

他では類を見ないオブジェ

四国63番,吉祥寺
山門を入って左側にある「巡りゆく思い」と表されたオブジェがあります。

本堂

四国63番,吉祥寺
本尊である毘沙門天が祀られています。毘沙門天にはさまざまなご利益があると伝えられていますが、吉祥寺では「七難即滅 七福即生」のご利益をもつ神様、そして「米持ち大権現」として信仰されています。

「七難即滅 七福即生」について、「七難」とは太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、早害、盗難。「七福」とは寿命、有福、清廉、威光、人望、愛敬、大量を指します。仁王教の一節であり「あまたの災難を滅ぼし多くの福をもたらす」という転禍為福の考えを反映したものです。

ちなみに、七福神への信仰も以上の「七福」が起源となっています。

大師堂

四国63番,吉祥寺
本堂左、参道の方に向かって建てられています。

水子地蔵と手水舎

四国63番、吉祥寺
山門を入り、本堂に向かう左手にあります。水子地蔵と手水舎は隣り同士に並んでいます。
四国63番、吉祥寺
3体ある水子地蔵のうち2体は、木々に覆われてお顔がよく見えませんでした。
四国63番、吉祥寺
手水舎でのお清めも忘れないようにしましょう。

成就石

四国63番,吉祥寺
手水舎右にある鐘楼堂の前方にあります。高さは1mほどの石で、直径30-40cmほどの穴があります。

金剛杖を持って本堂前から両目を閉じて、一心に願いごとをしながら、杖を穴にくぐらせることで、あらゆる願いを叶えてくれるそうです。

お迎大師像とくぐり吉祥天女

四国63番,吉祥寺
成就石の右側にあります。吉祥天は毘沙門天の妻であるといわれています。くぐり吉祥天女の高さは160㎝ほど。潜り抜けることで「美しさ」と「富」の両方を得られるのだそうです。願ったりかなったりの話ですから、ぜひくぐってみてはいかがでしょうか。

まとめ

四国63番、吉祥寺
四国霊場のなかで唯一、毘沙門天を本尊とする吉祥寺。ご本尊のみならず、オブジェや成就石、くぐり吉祥天女など、他ではなかなか見ることができない、特徴的な境内もイチ押しのポイントです。ぜひとも足を運んでみてくださいね。

四国八十八箇所 お遍路
四国八十八箇所霊場お遍路巡り一覧まとめ 四国といえば八十八箇所霊場のお遍路をイメージされる方も多いのではないでしょうか。 お遍路とは、弘法大師の足跡をたどって霊場を巡りま...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたから発するオーラや生年月日を元に導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by
Written by
spirituabreath編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)