パワースポット

四国お遍路67番札所 【大興寺】|小松尾寺で親しまれる霊場!御朱印や見どころ

四国67番,太興寺

四国67番札所大興寺(だいこうじ)は、香川県三豊市山本町に寺院をかまえるお寺で、地元ではその名よりも、山号にちなんで「小松尾寺」という名称で親しまれています。なお、近傍一帯の集落も「小松尾」として知られています。

かつて真言宗と天台宗両派が同寺で兼学していたという、その来歴が特徴的な大興寺。香川県打ち始めの四国霊場でもあります。

その歴史や御朱印、見どころなどをご紹介していきましょう。

四国88箇所 基礎知識
四国 88 箇所霊場お遍路|基礎知識と正しい参拝方法 四国88ケ所霊場巡礼(遍路)とは、弘法大師が修行された足跡をたどって歩くことです。 四国遍路は、『阿波』『土佐』『伊予』『...

大興寺の歴史

四国67番 大興寺
縁起によると、大興寺のはじまりは天平14年(742)のことです。熊野三所権現鎮護のため、東大寺の末寺として、現在の場所よりも約1キロ北西に建立されました。弘法大師は2度にわたり来訪しており、2度目の来訪である弘仁13年(823)には、嵯峨天皇の勅命を受けて、寺院の再興に努めたという記録が残っています。

しかし、戦国時代の末期には、土佐の武将長宗我部元親の兵火によって寺院のほとんどが焼失、慶長年間(1596〜1615)に再建されたものの再び焼失するなど、波乱の歴史を歩んできました。現存しているのは寛保元年(1741)に再建されたものです。

大興寺は弘法大師の認定をうけているわけですから、当然その宗派は大師が開いた真言宗であるはずです。しかしながら、中世には真言24坊、天台12坊が寺院を連ね、お坊さんたちは真言宗と天台宗のふたつを兼学していたという歴史があります。

そのため、境内にも天台宗の影響が多くみられます。例えば本堂に向かって左側には、弘法大師像と、一緒に天台宗第三祖である智顗を祀る天台大師堂が併設されています。脇侍についても、不動明王像は天台様式で彫られています。

大興寺のご利益

四国67番,太興寺
大興寺のご本尊は薬師如来です。四国霊場ではたびたび登場する如来さまで、西方極楽浄土の教主である阿弥陀如来に対して、東方浄瑠璃会の教主とされています。薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)の別名もあります。

実は7000以上ある巻物のなかで、薬師如来について書かれたものはごくわずか。そのわずかひとにぎりを占める「薬師経」のなかで、薬師如来が12の本願をもって仏の悟りを開いたこと、延命の法や、九つの不慮の死を免れる方法が説かれています。

12の本願のなかの1番目で、薬師如来は人々に仏の悟りを聞かせたいと願い、6番目で、生まれつきの身体の障害や病気を治したいと願い、そして7番目では、人々に襲い掛かるいろいろな病気を治してあげたいという願いを掲げています。これらの本願は人々の関心の的となり、古くより多くの信仰を集めてきました。

さて、人々の病気を治すことだけが薬師如来の目的ではありません。病気を治し、延命させることはあくまで生きるための手段であり、生きるための目的ではないからです。

薬師如来の目的はただひとつ。病気が治った人に仏教に触れる機会が生まれ、本当の幸せを得るためなのです。

せっかくこの世に生を受けた人間でも、病気になったり死んでしまったりしては、仏教を聞いて幸せになることはできません。仏教の教えをひとりでも多くの人に届け、幸せにするために、薬師如来は人々の病気を治しているわけなのですね。

大興寺の御朱印

四国67番,太興寺
天台宗の名残を根強く残す大興寺。御朱印は、境内にある納経所でいただくことができます。まずはご本尊に参拝するのを忘れないようにしましょう。

こちらが、大興寺の御朱印です。揮毫は薬師如来の種字「バイ」に「薬師如来」です。中央の宝印には、蓮台上の種字「バイ」に宝珠光(宝珠型の光背)が描かれています。

端正でかつ、パワーを感じる御朱印ですね。さぞ、ご利益があることでしょう。

大興寺の見どころ

地蔵像

四国67番,太興寺
仁王門に向き合って、地蔵尊が我々を見守るようかのように立っていました。

仁王門

四国67番 大興寺
仁王門へは小さな橋を渡って行きます。

四国67番,大興寺
仁王像です。雄渾なその出で立ちは、かの有名な運慶の作品であると伝えられています。鎌倉初期の作品で像の全長は314センチ、八十八か所のなかでは最大の仁王像です。
四国67番,太興寺
扁額には文永4年(1267)の年号と「従三位藤原朝臣経朝」の裏書きがなされています。

カヤ・クスノキ

弘法大師が種をまいたという樹齢1200年超のカヤ
弘法大師が種をまいたという樹齢1200年超のカヤの木。
四国67番大興寺境内・弘法大師の手植えというクスノキ3854
こちらは弘法大師が手植えされたというクスノキです。

庭園

四国67番,大興寺
仁王門をくぐった右手は、きれいに刈り込んだ植木と岩で、ちょっとした庭園になっています。

石の五重塔

四国67番,大興寺
石段を登って左側にあった石の五重塔です。

鐘楼堂と水子供養地蔵

四国67番,大興寺
境内に入ります。石段を上がってすぐの右手には、鐘楼堂と水子供養地蔵があります。
四国67番,大興寺
水子供養地蔵様の温和な顔立ちが印象的です。
四国67番,大興寺
左手にあるのが手水舎です。お清めをお忘れなく。

本堂

四国67番,太興寺
石段を上がったほぼ正面に本堂があります。軒下にはかわいい水仙の鉢植えが置いてありました。

大師堂

四国67番,太興寺
大師堂の前左側を庫裏門方面から撮影した写真です。祠と石仏が確認できます。
四国67番,太興寺
角塔婆(かくとうば、五輪塔がもととなった供養に用いられる四角柱)が、大師堂と向かい合うように建てられています。
四国67番,太興寺
角塔婆から大師堂の左側の道を撮影しています。歩き遍路さんにとっては、ここから入ると近道だそうですが、作法どおり仁王門から入るようにしましょう。

天台大師堂

四国67番,太興寺
天台宗の名残を感じさせる天台大師堂です。本堂との境目の縁側に、御賓頭盧様が見えます。

金仏地蔵

四国67番,太興寺
池の中心に立つ金仏地蔵です。

まとめ

四国67番,太興寺
四国67番札所、大興寺の歴史や御朱印、見どころについてご紹介しました。

天台宗の名残を残す境内はもちろん、香川県の打ち始めの四国霊場としても知られる大興寺。ぜひ、その雰囲気を存分に味わいながら参拝してみてくださいね。

四国八十八箇所 お遍路
四国八十八箇所霊場お遍路巡り一覧まとめ 四国といえば八十八箇所霊場のお遍路をイメージされる方も多いのではないでしょうか。 お遍路とは、弘法大師の足跡をたどって霊場を巡りま...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの星座や生年月日を元に導き出される 『月と星の占星術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by
Written by
spirituabreath編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)