パワースポット

四国霊場第68番札所【神恵院】第69番札所【観音寺】|境内に2つの霊場!御朱印&見どころ

四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
今回は第68番札所神恵院(じんねいん)と第69番札所(かんのんじ)の二つをご紹介します。

これら二つの四国霊場は、どちらも琴弾公園内、琴弾山の中腹にあります。二つの札所が同じ境内に存在しているという、きわめて珍しい四国霊場として知られています。

共通するところも多いので、今回は歴史や御朱印、見どころなど、一緒に紹介させていただきます。

お参りの作法についてはこちらをごらんください。
▶︎ 四国88箇所霊場お遍路|基礎知識と正しい参拝方法



神恵院と観音寺の歴史

四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
開基したのは法相宗の高僧、日證上人であるといわれています。上人は大宝3年(703)、境内のある琴弾山で修業中、宇佐八幡宮のお告げを受け、はるか遠くの海上で神船と琴を発見したといいます。上人はそれらを琴弾山に引き上げ「琴弾八幡宮」を建立して祀り上げました。

この時、山の中腹に「神宮寺」として建てられたものが、両寺院の起源であるといわれています。琴弾山は仏法流布、神仏習合の霊地として有名となりました。

弘法大師は大同2(807)年、琴弾八幡宮の本地仏である阿弥陀如来像を納めたとき、同寺の第7代住職として入山しています。大師は、かつて日證上人が発見した神船が観音の化身であることを感得し、中金堂、東金堂、西金堂の様式で七堂伽藍を建立しました。この様式は当時奈良にあった興福寺をモデルにしています。

中金堂には、ご本尊である聖観世音菩薩像を彫り上げ安置しました。さらに仏塔を建設して瑠璃、珊瑚など七宝を埋めて、地鎮を実施。寺名を「七宝山・観音寺」に改め、四国霊場としました。

弘法大師巡錫によって、だんだんと四国八十八か所が形成されていきました。一山二霊場の形式はあったものの、当時は琴弾八幡宮が第六十八番札所、観音寺が第六十九番札所として参拝されていました。

しかしながら、明治維新に伴う神仏分離令によって本地仏が移行。琴弾八幡宮は四国霊場から切り離されることとなります。そのため、当時別当であった神恵院が第六十八番札所となり、現在の形式に落ち着きました。

68番神恵院のご利益

四国68番、神恵院
神恵院のご本尊は阿弥陀如来です。いわずと知れた、西方極楽浄土をつかさどる教主ですね。

阿弥陀如来は、かつて法蔵菩薩として修行を行っていた時、全ての人々を救うために四十八の誓いを立てました。なかでも十八願は「阿弥陀仏の本願」と呼ばれており、如来の本心が表わされています。

「どんな人からも苦しみの根源を取り除き、絶対の幸福にする」

阿弥陀如来のこの願いは「他力本願」という、阿弥陀信仰における根本原理につながっています。人々は「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで、極楽浄土へと往生することができるのです。

69番観音寺のご利益

四国69番、観音寺
続いて、観音寺のご本尊についてご紹介します。

観音寺のご本尊は聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。広くには「聖観音菩薩」として知られています。

観音さまにはさまざまな種類があるけれど、なにごとにも原型があるものです。聖観音菩薩とは、いわば全ての観音菩薩の基本となる観音さま。千手観音、馬頭観音、十一面観音、不空羂索観音、如意輪観音とともに六観音のひとつであり、それら五観音に変化するだけでなく、さらに三十三観音などのさまざまな姿に変化して、人々に救いの手を差し伸べるのです。

梵名(サンスクリット語の名称)において聖観音はアーリヤ・アヴァローキテーシュヴァラと呼ばれ、その真言は「オン・アロリキヤ・ソワカ」です。これを唱えることで人々はあらゆる災難から逃れられ、運気を好転させることができます。

また、観音さまの原型だけあって、その外見もシンプル。顔はひとつ、腕は二本で宝冠を被り、蓮華台座に乗った姿が一般的です。左手には蓮華や水瓶(すいびょう)を持ち合わせています。



68番神恵院の御朱印

四国68番、神恵院
境内を同じくする68番札所の神恵院と、69番札所の観音寺。御朱印は境内の納経所でいただくことができます。まずはご本尊に参拝するのを忘れないようにしましょう。

まずは神恵院の御朱印からご紹介しましょう。揮毫は「阿弥陀如来」。中央の宝印には、火炎宝珠に阿弥陀如来の種字である「キリーク」が描かれています。

69番観音寺の御朱印

四国69番、観音寺
続いて観音寺の御朱印です。揮毫は観世音菩薩を祀るお堂を意味する「大悲殿」の文字が描かれています。中央の宝印は、火炎宝珠に聖観世音菩薩の種字である「サ」です。

隣り同士の四国霊場で、筆跡や揮毫にこれほどの違いが出るのも興味深いですね。

神恵院と観音寺の見どころ

仁王門

四国68番,神恵院,四国69番,観音寺

手水・宝物館

四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
仁王門をくぐり、石段を上がって左に進むと手水があります。お清めを忘れないようにしましょう。
四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
手水の隣にある宝物館には「仏涅槃像」(厨子入り、平安〜鎌倉時代作)や、絵画「琴弾宮絵縁起」(絹本著色、鎌倉時代作)、「不動二童子像」(絹本著色、室町時代作)など、国の重要文化財が数多く収蔵されています。

釈迦涅槃像は、釈迦の臨終横臥(おうが)の姿を彫ったものです。仏涅槃図は数多く存在しているものの、実際に「仏涅槃像」として彫刻されているものは数少なく、歴史的価値があるといえます。檜材の寄木白木造りで全長は74cmです。

また「琴弾宮絵縁起」は、日證上人による開基の由来を描いた大和絵です。これらの収蔵品は、寺の縁日である1月と8月の16日に拝観することができます。

納経所

四国68番,神恵院,四国69番,観音寺

鐘楼堂と梧桐庵

四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
石段を上がって右に進むと、鐘楼堂があります。
四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
その奥にあるのは梧桐庵(ごどうあん)です。平成27年にリニューアルしたお土産屋で、各種巡拝用品、飲み物・お食事類など、ラインナップも豊富です。

神恵院・本堂

四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
写真の白っぽい建物の中に入ると階段があり、そこを上ると本堂です。
四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
本堂は2002年に新しく建立されたもので、コンクリートと白木が合わさった近代的なつくりとなっています。
四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
香炉と上の天蓋です。中には採色を施した絵が描かれていました。

神恵院・大師堂

四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
本堂下の左手に、神恵院の大師堂があります。
四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
大師堂の左には、建物続きで「十王堂」がありました。

観音寺・本堂

四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
続いて、観音寺の本堂に移ります。こちらは神恵院とは異なり古くから残っているもので、壁には「常州下妻庄」「貞和三年」など、南北朝時代のものとされる落書きも散見されます。これらは遍路文化を読み解く資料として重宝されています。
四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
本堂の左側の縁側に、御賓頭盧様がいらっしゃいました。

観音寺・大師堂

四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
大師堂です。
四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
「弘法」の下の扁額の文字は薄くなっており、判読不可能でした。

巍々園

四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
境内にある岩石や流水を活かした回遊式の庭園です。「ぎぎえん」と読みます。昭和51年の災害によって大半が破壊されてしまったものの、現在は初夏につつじの花、秋には見事な紅葉が私たちを楽しませてくれます。

愛染堂

四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
観音寺の大師堂右横から続きます。
四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
愛染堂の右横には五仏が鎮座し、石段があります。

まとめ

四国68番,神恵院,四国69番,観音寺
今回は、68番札所の神恵院と、69番札所の観音寺についてご紹介させていただきました。

二つの霊場が同じ境内にあるという珍しさもさることながら、霊場のある琴弾公園内は自然も豊かで、地元民でも賑わうスポットです。

公園内の自然も楽しみながら、ぜひ、参拝を楽しんでいただければ幸いです。

こちらの記事もご覧ください。
四国八十八箇所霊場お遍路巡り一覧まとめ

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたのオーラや生年月日をもとに導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by
Written by
spirituabreath編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!