パワースポット

四国お遍路71番札所 【弥谷寺】|本堂への石段なんと540段!御朱印や見どころ

四国71番、弥谷寺
今回ご紹介する四国71番札所「弥谷寺(いやだにじ)」は、香川県三豊市三野町に境内をもつ四国霊場です。

弥谷寺の本堂を参拝するためには、なんと540もの石段を登らなければなりません。歩き遍路の方には「遍路ころばし」ともいえる、少々厳しい道のりとなるかもしれません。

しかし、本堂をはじめ見どころも多く、三豊平野を一望できる景色も好評です。

そんな、石段のその先にある四国霊場、弥谷寺について、歴史や御朱印、見どころなどをご紹介します。

四国88箇所 基礎知識
四国 88 箇所霊場お遍路|基礎知識と正しい参拝方法 四国88ケ所霊場巡礼(遍路)とは、弘法大師が修行された足跡をたどって歩くことです。 四国遍路は、『阿波』『土佐』『伊予』『...






弥谷寺の歴史

四国71番、弥谷寺
弥谷寺の創建は今から約1300年前。聖武天皇の勅願を受けて、高僧行基が堂宇を建立したのがはじまりです。行基は聖武天皇のおばにあたる光明皇后の両親の菩提を弔うため「大方広仏華厳経」を祀りあげました。

当時の寺院の名称は「蓮華山八国寺」。これは当時、寺院から中国・四国の八国を眺められたことに由来します。弘法大師は7歳から12歳の間、当寺にある「獅子之岩屋」で学問に励んだという記録が残っています。

青年となった大師は大同2(807)年に同地を再訪。その時に蔵王権現のお告げを受けたことから千手観音を安置し、唐から持ち帰った金銅四天王五鈷鈴を奉納、伽藍を再興したと伝えられています。

またこの頃、山名が「剣五山」寺名も「弥谷寺」に改められます。前者は大師が求聞持法を修しているところ、五本の剣が落ちてきたことに由来します。後者は周囲に谷が多かったという、地理的な背景が大きいようです。

戦国時代の「天正の兵火」に伴い、弥谷寺も一時荒廃の道をたどりました。しかし、丸亀藩主京極氏の帰依のもと慶長5(1600)年に復興、現代に続く四国霊場として親しまれています。

弥谷寺のご利益

四国71番、弥谷寺
弥谷寺のご本尊は千手観音菩薩です。みなさんもよくご存知の仏様かと思います。その特徴的なビジュアルから、アニメや漫画のキャラクターとして描かれることもしばしば。

観音菩薩という名が付く仏様には、実に多くの種類があります。他にも、十一面観音菩薩や馬頭観音菩薩が有名ですね。

観音菩薩は、三十三の姿に変化して人々を救うとされています。これは文字通り、三十三通りの変化があるという意味ではありません。観音菩薩はすべての人を救済するため、人の数だけ変化します。つまり、その数は無限であるといえるでしょう。変化観音の考え方が浸透するにつれて、様々な形の観音様が彫像されるようになりました。千手観音もまた、そのうちのひとつというわけです。

千手観音菩薩のご利益
  • 災難の忌避
  • 寿命延命
  • 病気治癒
  • 夫婦円満
  • 恋愛成就

これらは生きている間に得られるご利益、いわば現世利益です。これらに加えて千手観音菩薩には、死後に得られる後世利益もあるといわれます。

弥谷寺の御朱印

四国71番、弥谷寺
540の石段や、弘法大師が幼少期を過ごした「獅子之岩屋」など、見どころあふれる弥谷寺。御朱印は境内にある納経所でいただくことができます。まずはご本尊に参拝するのを忘れないようにしましょう。

こちらが弥谷寺の御朱印です。揮毫は千手観音菩薩の種字である「キリーク」に、観音菩薩を祀るお堂を示す「大悲殿」の文字が書かれています。中央の宝印は蓮台上の火炎宝珠に、こちらも「キリーク」の文字が描かれています。

弥谷寺の見どころ

境内への行き方

四国71番、弥谷寺
弥谷寺の境内に行くには、以下の2つの方法があります。

  1. 仁王門を通り、百八煩悩階段を上がるコース
  2. お寺さん経営のマイクロバスに乗車し、本坊近くまで行くコース

冒頭から述べている540段の階段を登るのは①のコースとなります。

②を用いる場合は片道500円、往復750円の料金がかかりますが、行き帰りも大分楽になります。ご自身の状況、体調に合わせたコースを選んでくださいね。

俳句茶屋

四国71番 弥谷寺
仁王門前に店を構える、弥谷寺の名物です。こちらの店先にお遍路さんが一句をしたためていくことでも有名。店内にも、たくさんの俳句の短冊が飾られていました。

仁王門

四国71番 弥谷寺
俳句茶屋を進み、階段を登ると仁王門がみえます。ここから本堂までの石段が、計540段です。気を引き締めてかかりましょう!

1 2
ABOUT ME
Written by
Written by
spirituabreath編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)