パワースポット

四国お遍路74番札所 【甲山寺】|大師が幼少を過ごしたゆかりの地!御朱印や見どころ

四国74番、甲山寺
四国74番札所甲山寺(こうやまじ)周辺は、四国八十八か所を開基した弘法大師の故郷であり、幼少期を過ごした場所です。73番札所の出釈迦寺(しゅっしゃかじ)とならび、弘法大師のルーツに深い関わりのある霊場であるといえるでしょう。

そんな甲山寺について、歴史や御朱印、見どころなどをご紹介していきます。

四国88箇所 基礎知識
四国 88 箇所霊場お遍路|基礎知識と正しい参拝方法 四国88ケ所霊場巡礼(遍路)とは、弘法大師が修行された足跡をたどって歩くことです。 四国遍路は、『阿波』『土佐』『伊予』『...

甲山寺の歴史

四国74番、甲山寺
甲山寺周辺は弘法大師の生まれ故郷。幼少期の真魚(弘法大師の幼名)少年は、同地で泥の仏像や草木の小堂を作るなど、活発な子どもであったといわれています。

平安時代初期、仏道に入った弘法大師。75番札所・善通寺と72番札所・曼荼羅寺の間に寺院を建立しようと、霊場を探していました。その道中、甲山のふもとで一人の老人に出会います。

老人は大師に言いました。「私は昔からこの地に住み、人々を救い、仏の教えを広めてきた聖者である。この地に寺を建てれば、未来永劫、私が守護してやろう。」

この教えに感得した大師は早速石を割り、毘沙門天立像を刻み、老人が出てきた山の岩窟に安置しました。これが甲山寺のはじまりです。

その後、嵯峨天皇の勅命を受けた弘法大師は、香川県にある日本最大のため池「満濃池」の修築工事にあたることになります。大師は甲山の岩窟で工事の成功を祈願、薬師如来像を彫り上げ修法しました。すると、大師を慕って数万人の人々が集まり、工事は3か月で完成に至りました。

難工事の成功により金を与えられた大師は、その一部を寺院の建立にあて、薬師如来像を本尊として安置しました。寺院は、山の形が毘沙門天の鎧と兜の形に似ていたことから「甲山寺」と名付けられ、現代まで語り継がれています。

甲山寺のご利益

四国74番、甲山寺
甲山寺のご本尊は薬師如来です。四国霊場でもお馴染みの仏像様ですね。西方極楽浄土の教主である阿弥陀如来に対して、東方浄瑠璃界(現世)の教主とされています。正式名を薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)といい、大医王仏(だいいおうぶつ)などの呼び名もあります。

薬師如来は、如来となる前の菩薩の時代に「十二の大願」を立てました。これは、自身が生きている間に人々の病気を治し、衣食住を満たそうという薬師如来の誓いを言語化したもの。十二の大願のなかでも第七願「徐病安楽」は有名です。薬師如来は、人々の病気を治癒して延命させるのみならず、精神的な苦痛までも取り除くとおっしゃいました。

阿弥陀如来とは異なり現世利益に重きをおいたこと、信仰にあまり難しい宗教行為を必要としなかったことから、薬師如来は古代で最も信仰された仏様ともいわれます。

甲山寺の御朱印

四国74番、甲山寺
弘法大師の人生と深いかかわりのある甲山寺。御朱印は境内にある納経所でいただくことができます。まずはご本尊に参拝するのを忘れないようにしましょう。

こちらが甲山寺の御朱印です。揮毫は薬師如来の種字である「バイ」に「薬師如来」。中央の宝印には、蓮台上の宝珠に、こちらも薬師如来の種字である「バイ」が描かれています。独特な筆跡の揮毫が印象的ですね。

甲山寺の見どころ

山門

四国74番、甲山寺
コンパクトな境内をもつ甲山寺。荘厳な山門が我々を迎え入れてくれます。
四国74番、甲山寺
山門を入った右側には、白い塀に沿って木々が植えられていました。

中門

四国74番、甲山寺
甲山寺には中門もあります。

本堂

四国74番、甲山寺
中門をくぐった正面にあるのが本堂です。甲山の木々を背景とした、風情あるたたずまいです。

中には、満濃池工事の際に祈願された薬師如来が安置されています。伝弘法大師による作品であるといわれ、檜の一本造りで、重厚で力強い姿が印象的です。
四国74番、甲山寺
本堂の左側には、御賓頭盧(おびんずる)さまもいらっしゃいました。

願掛け不動尊

四国74番、甲山寺
本堂から大師堂へ向かう石段の右側にあります。参拝者の願いを叶えるといわれる不動尊です。ぜひともご祈願しておきましょう。

子安地蔵尊

四国74番、甲山寺
大師堂へ向かう石段を上がり切り、右側に祀られています。

昔々、子どもに恵まれなかった女性がひとり。こちらの地蔵にお参りして、前掛けを持って帰ったところ、めでたく子宝に恵まれたそうです。

それ以来、子どもを授かるありがたい地蔵として有名となり、前掛けを持って帰っては、そのお礼に新しい前掛けをと、参拝者が跡を絶たないようです。

なお子安地蔵尊の脇には「ありがたや めぐみもふかきちをわけて いえのよつぎを まもるにほとけ」との歌があります。

大師堂

四国74番、甲山寺
本堂左手の石段を上った先に大師堂があります。中には黒衣をまとった大師像が祀られており、霊場と呼ぶにふさわしい、清浄な空気に満ちています。

毘沙門天尊

四国74番、甲山寺
大師堂の隣にある岩窟には、大師が彫り上げた毘沙門天が安置されています。岩窟の奥行は12mほど。こちらの岩窟から現れた翁の暗示を受けて、弘法大師は甲山寺の基礎を作り上げました。

まとめ

四国74番、甲山寺
四国74番札所、甲山寺についてご紹介しました。

コンパクトな境内ながら、荘厳な雰囲気を十分に感じられる四国霊場です。子安地蔵尊などの見どころもたくさん。弘法大師の幼少期に思いを馳せながら、ぜひとも参拝を楽しんでいただければ幸いです。

四国八十八箇所 お遍路
四国八十八箇所霊場お遍路巡り一覧まとめ 四国といえば八十八箇所霊場のお遍路をイメージされる方も多いのではないでしょうか。 お遍路とは、弘法大師の足跡をたどって霊場を巡りま...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたから発するオーラや生年月日を元に導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by
Written by
spirituabreath編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)