パワースポット

スサノオノミコトとは|神話ヤマタノオロチや神社について

スサノオノミコト

日本神話には太陽を司るアマテラスオオミカミ、月を司るツクヨミノミコトそして建速須佐之男(たけはやすさのお)と言う「三貴神」という偉い神様がいます。

このタケハヤノスサノオと言う神様こそが一般的にスサノオノミコトと呼ばれる方。ちょっと乱暴な所が目立ちますが最高神アマテラスオオミカミ以上に神話に登場する神様で日本神話について知るならこの神様は欠かせない存在と言えるでしょう。

そこで今回はこのスサノオノミコトについて御紹介させていただきます。

スサノオノミコトとは

スサノオノミコト

スサノオノミコトはどんな神様なのかと言いますと太陽を象徴する姉や月を象徴する兄とは違って実は良く分かっていません。

高天原にいる時の荒々しい姿や「猛る(たける)」「速く(はやく)」「荒ぶ(すさぶ)」と言うような言葉で名前が公正されている事からエジプト神話の「セト神(嵐や暴力の神様)」と同じような存在なのではないかと言う説が一般的です。

性格面を見ても実は登場する神話によってかなり性格が異なるというか、神話の流れを辿っていくと成長する姿が描かれると言う特徴を持った神様です。

生まれて直ぐは母に会いたいと泣いたり、姉に挨拶をしに行く時に必要以上に見栄を張ってしまう子供っぽい所があり、暫くすると先程触れた荒々しい面が高天原を追放されるまでは続き、出雲に下りると英雄的な性格となります。

極めつけは人間の世界での現役を退き長年経ってからオオクニヌシノミコトと言う自分の子孫が尋ねてきたときで、自分の娘と良い感じの雰囲気を作り出したら「俺の娘は簡単にやらん!」と試練を課して、オオクニヌシノミコトがそれを乗り越えた後は温かく見守ろうとする顔を見せたりもします。

少し変則的ですが正に男性が成長する過程を描いたそのものな神様こそがスサノオノミコトと言った所ですね。

祭られる神様として見た姿

広く名前が知られているスサノオノミコトは日本神話に登場する神様と言うだけでなく、現在でも日本で信仰されている宗教「神道」の神様としても祭られる神様です。

スサノオを主祭神として祭る神社はいくつもありますがその中でも特にかかわりが深いといえる神社は二つ。

その中の一つが京都府京都市にある「八坂神社(やさかじんじゃ)」です。

この神社は規模が大きく、参拝者数は近年では約100万人と京都府下では伏見稲荷大社に次ぐ2位となっている大きな神社であり、元々は神仏習合(しんぶつしゅうごう)の中で祇園精舎を守護するとされた牛頭天王 (ごずてんのう)とスサノオノミコトが同じ神様であるとされて作られた神社。

しかし神仏分離の考え方が広まってからは今ではこの神社はスサノオノミコトとその妻神である「櫛稲田姫命(クシナダヒメ)」に8人の彼の子供「八柱御子神 (やはしらのみこがみ)」を祭っていると言うスサノオノミコトと大変縁深い神社です。

もう一つの神社は島根県松江市にある八重垣神社(やえがきじんじゃ)です。

島根県と言われてピンと来た方もいると思いますが、スサノオノミコトの神話で最も有名なヤマタノオロチとの戦いの後、スサノオノミコトがクシナダヒメと住んだ場所の跡地に立てられたと言われる神社。

そんな場所であるために「鏡の池」と呼ばれるスサノオノミコトに勧められてヤマタノオロチから身を隠している間、クシナダヒメが鏡代わりに姿を映したと伝えられる「鏡の池」と呼ばれる神池や、スサノオノミコトとクシナダヒメの新婚生活での円満さを現しているともいわれる「夫婦杉」と呼ばれる2本の絡み合う大杉などがあるのが特徴です。

他にもかなり色々な神社の主祭神として祭られていますがやはりこの2つの神社はかなりスサノオノミコトと関連深い神社と言えますので興味が沸いた方は是非一度訪れてみて下さい。

神話「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)」

スサノオノミコト
スサノオノミコトの出てくる最も有名な日本神話と言えばやはり『八岐大蛇(ヤマタノオロチ)退治 』でしょう。

この神話の概要を説明すると以下の通り。

あまりにも乱暴者であり色々な神様たちに迷惑をかけ続けたスサノオノミコトはついに神様達の国から出雲の国へ追い出されてしまいました。

さすがにこれにはくるものがあり、呆然としつつ歩くうちにとても人恋しくなってきた時、ふと彼の横を流れる川に箸が流れてくるのを見つけました。

「これは川の上流には人がいるに違いない」

そう思い川をたどっていくと地上に住んでいる神様「脚摩乳(あしなづち)」とその妻である「手摩乳(てなづち)」が一人娘の美しい娘「櫛稲田姫命(クシナダヒメ)」を囲うようにして泣いている所に出くわします。

どうかしたのかと泣いている理由を尋ねると、

「私たちには元々8人の娘がいたのですが、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)がやってきては、毎年娘たちを一人ずつ食べていき、今回は最後の娘であるこのクシナダヒメが食い殺されてしまう番なのです」

とのこと。

ヤマタノオロチとは何なのかとスサノオノミコトが尋ねてみれば「一つの胴体に8つの頭、8つの尾を持ち、目はホオズキのように真っ赤であり、体にはコケやヒノキ、スギが生え、8つの谷と8つの丘にまたがるほど巨大で、その腹は、いつも血でただれている」化け物であると言います。

たしかに恐ろしい化け物ではあるようですがそんな化け物に美しいクシナダヒメが殺されると言うのが我慢ならず、自分の腕に自信があるスサノオノミコトはこう切り出しました。

「私がヤマタノオロチを退治してやろう!倒すための策もある。ただその見返りにクシナダヒメを私の嫁にくれませんか?」

このスサノオノミコトの突然の提案に老夫婦もクシナダヒメも戸惑いましたが「娘の命が助かるなら」と老夫婦は了承し、クシナダヒメも化け物に殺されるぐらいならとこの話を受けることにしました。

承諾を貰ったスサノオノミコトは早速退治の準備にかかります。

まず嫁になるクシナダヒメの身を守るために彼女を爪櫛の姿に変え髪にさしました。

そして次に老夫婦に、「8回は繰り返し醸造した強い酒を用意して、垣根を作りその垣根に8つの門を作り、門ごとに8つの棚を置き、その棚ごとに酒を置いておくように」と指示をしました。

全ての準備が終わったころ、日も暮れてついにヤマタノオロチがやって来ました。

スサノオノミコトはヤマタノオロチにまずは歓迎の印だとして用意した大量の強い酒を飲むように勧めると気分を良くしたヤマタノオロチは、8つの門にそれぞれの頭を入れて、ガブガブと豪快に酒を飲み始め、酔っ払ってしまいには眠り始めました。

後は眠ってしまったヤマタノオロチをスサノオは「十束剣」で体を切り刻みあっさりと殺してしまいます。

しかし尻尾も切り刻んでやろうとして尻尾に差しかかった時、何かが刃先に当たり剣が折れてしまいました。

何に剣が当たったのかを確認してみるとなんとも神秘的な剣が出てきました。

スサノオノミコト

この剣こそが(くさなぎのけん)、または天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)と呼ばれる剣であり、アマテラスオオミカミにスサノオノミコトは後にこの剣を献上したと伝えられています。

そしてヤマタノオロチを無事退治し、クシナダヒメと結婚することになった彼は「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠(ご)みに 八重垣作る その八重垣を」と言う日本で最初となる和歌を詠み、出雲の国に宮を建てて生活する事にしました。

これがスサノオノミコトに関する最も有名な神話である『八岐大蛇(ヤマタノオロチ)退治 』と言う神話です。

男性のあり方を象徴するため登場したスサノオノミコト

スサノオノミコトについて色々とご紹介してまいりましたが世界中の神話を見てもちょっとこの神様は異質な神様です。

どういうことかと言いますとまず太陽と月と並ぶ兄弟としての立場を持っているところが異質。

当時の空でも太陽や月と並ぶような天体なんてないですし、一般的に言われる嵐や海を象徴する神様であると考えてもがどうしてこの太陽と月の最高神と並ぶ神様なのかが良く分かりません。

またあまりにも人間が成長していく様と同じようにして性格が変わっていくと言う姿が神様としては違和感があります。

他の神話においても日本神話においても神様の性格や性質が変わると言うのは良くある話しですが「神様」なのにここまで「人間と同じ」変化をする神様は他にいません。

誕生から晩年までを神話の中で描かれていると言うのもかなり珍しいことで基本神様とは「完成した存在」とされどんな神様なのかを語る神話で出てきた後は別の神話でも再登場と言うのは主神でもない限りまずありません。

そうした事から読み取れるのはあまりにもスサノオノミコトが人間の男性を象徴するような存在であり、敢えて足された存在であるという事。

はっきりとは言えませんが日本神話が作られた段階から「男性とはこうあるべきだ」と言う考え方が強固となり、男性たるものこのようにあれと言う気持ちが込められて生まれたのがスサノオノミコトなのだと考える事ができます。

こうして考えてみると日本神話がより楽しく見えてくる気がしませんか?

日本神話はとくにこのような違和感を感じる特別扱いされた神様がたまに登場しますので是非一度は色々読んでみてほしいと思います。

まとめ

日本神話のスサノオノミコトについての事をご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

日本神話の中でもトップクラスに有名な英雄的な存在であるスサノオノミコトですが過去や引退後の姿を見るとちょっと違う一面が見えてきますし、どういう神様なのかという事についても「分からない」というロマンがある神様です。

これからも日本神話についてその楽しさを知ってもらうためご紹介させていただきたいと思いますのでまた是非とも見て下さい。

神様 まとめ
神様や神話に関するまとめ 日本全国の神様や世界の神様に関する記事をまとめてみました。 ...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!