恋愛

食事に誘う時の男性心理を見分ける5つのパターン

男性心理的に考えて、女性を食事に誘うと言う行為は色々なパターンがあり、女性であれば男性から食事に誘われた時、誘ってきた相手の心理が気になることは実に普通のこと。

しかし相手がどういう気持ちなのかを見分けると言うのは中々難しいものであり、双方で誤解が生じることってあるものです。

そこで今回は食事に誘う時の男性心理を見分ける5つのパターンと言うものをご紹介させていただこうと思います。

食事に誘う男性心理に興味ございませんか?

社交辞令を見抜くパターン

男性心理特有のことではなく、男女共通の心理として会話するネタに話題のものや共通の趣味の話しをするのは極普通のこと。

その為男性が女性に対して有名なお店や話題のお店に食事に誘う時、それはただの社交辞令であるという事も別段珍しくはありません。

基本的に食事を共に取ると言う行為自体が信頼や信用の証となると言う無意識が人間にはあり、男性が女性を誘う時には「食事に誘う」=「あなたと仲良くしていきたいです」と言うメッセージであるという訳ですね。

初対面ではほぼこのケースでしょうし、ある程度知り合いと言う仲であったとしても直ぐに具体的な日取りや、お互いの予定の確認に入らない時の9割方はこのパターン。

又唐突に男性が食事に誘う時や、「全然関係無いんだけれども」とか「そういえば」と言って脈絡なくこうした話題を出してきたときは「とりあえず」の話題として振ってきている事が多いです。

こうした時は相手に対してその場で付き合うように話しに乗っかってあげてみるのがお互いの友好を深めるのに役立ちますし、この男性心理を知っておくことで社交辞令的な食事へのお誘いがされた時、相手がこちらとの会話のネタを造ろうとしている心理や友好的になりたい心理を知ることが出来ます。

友情と言う意味での交流を深めたい時のパターン

男性は女性以上に相手との心理的距離を詰める時には、同じ価値観の共有と言うものを求める傾向があり、そんな価値観の共有を求める男性心理から食事に誘うこともあります。

こうした時に一番多いパターンは相手の良く行くお店や自分の知人が働いているお店に誘うと言うパターン。

要するに自分の事を相手に対して知ってもらいたいと言う気持ちがここに出てくるという訳です。

自分が一体どういうものを好み、どういう事をする人なのかを知ってもらいたいと言う気持ちは、男女問わず親しくしている人に対しては抱くことですが、男性の場合は女性以上に自分から進んで好意を持った相手に対してこれを開示して行きたがるところがあり、友好を特に深めていきたい時にこうした形で食事に誘うという訳です。

しかしこのパターン、ここまでは恋愛感情的な意味での好きな相手に対しても抱くような男性心理でもありますから、「今度」とか「いつか」とあんまり具体的な日付を決めたりしない時や、「皆で」とか「あの人とかも誘って」など複数人でもかまわない意思を見せてくるかどうかでどちらのパターンかを見極めるようにすると良いです。

男性の場合は同性の友達感覚と同じと言うほどの異性に対しての友情を余り持ちませんが、だからと言って全ての異性の友人に恋愛感情が伴うという訳でもない事が分かる一つの例として上げられるパターンとも言えます。

恋愛感情が関っている男性心理のパターン

食事に誘う時の男性心理の中でも分かりやすいのがこの恋愛感情から来る食事へのお誘いのパターンでしょう。

あなたのことを好きだから、一緒にいたいから、もっと知りたいから、知ってもらいたいから食事に誘う。

とてもシンプルで分かりやすい理由ですね。

このパターンと友情的な感覚から来ている食事に誘う時との最大の違いは自分が好む店に誘うよりも、あなたが好みそうな店に誘ったり、話題のお店に誘ってくることが多いという事。

ようは格好つけたいとか、あなたに気に入られたいと言う気持ちが強く出るという訳です。

また他にも会話全体の流れの中で、自分の事を沢山話していたか、それともあなたのことを沢山聞いてきたかで大体分かり、前者であるなら大体恋愛感情からのパターンです。

これは殆どの恋愛感情の伴う食事に誘うパターンにおいて男性は女性に対して自分のアピールが多めになってしまうからです。

あなたがその男性に興味があるのなら、こうした傾向が見られたならぜひ男性からの食事の誘いを楽しんでみてはいかがでしょうか?

勿論相手の男性心理として「誘いに乗る」=「自分に気がある」と思い込まれやすいので、その辺は慎重にした方が良いです。

全く興味が無い場合は下手な優しさよりも気持ちを白黒はっきりさせた方が良いかも知れません。

ちなみにとても会話の上手な人だとこの二つの特徴を感じさせない人もいますが、その場合だと下心満載である事が多く、その場はお茶を濁してしまう方が得策です。

何も特に考えておらず、心地良い会話のペースでいつの間にか具体的な約束をしそうになるときに注意です。

何らかの下心で食事に誘ってくるパターン

食事に誘う 男性心理

食事に誘う時の男性心理の中で女性が1番疑うであろうパターンが恐らくこの下心からのお誘いでしょう。

ようはナンパと言うやつで、相手に余程興味があったり好意を抱いているという訳ではないのであればお断りした方が無難なパターン。

これの場合は社交辞令のパターンの時と非常に良く似ていますが、具体的な日取りや予定を決めようとする会話にそのまま入る事が多く、会話そのものが「直接合う約束を取り付ける」事で殆ど終わった場合がアヤシイです。

具体的には「いつぞやのお礼に」とか「一人では行きにくい店で」と言った感じでまず切り出して、二人で食事に行くのを断り難くしてくる場合が挙げられます。

それでいて時間的に食事をするだけしかできないような時ではなく、ついでに何か出来そうな長めの時間を作ろうとしてくる場合は、恋愛感情から来る食事のお誘いのパターンも多いですが、その恋愛感情の中の半分ぐらいは下心で構成されている可能性が高いので、全くその気が無いのであればお断りしてしまった方が双方のためになるかもしれません。

こうしたことから「性欲に類する期待を持ってしまうのが男性心理」みたいな事を考える人もいると思いますが、そればかりではない事も多いのは覚えておいてあげて欲しいと思います。

謝罪やお礼で食事に誘うパターン

社会人にでもならないとあんまり無いケースなのですが、女性に対しても男性が謝罪やお礼の気持ちだけで食事に誘うこともあります。

男性は女性よりも「食事を奢る」という事に気安い感情を持っている反面、この「食事を奢る」と言う行為で謝罪やお礼とするような心理を持っている人が多く、ある程度気心の知れた友人関係のような心理的距離感の人に対し、食事に誘うと言う方法での謝罪やお礼をしようともします。

年齢が若い時には無意識にでも女性を意識してしまいやすい男性心理から、あんまりこうした事をする人は少ないのですが社会人となり、ただ言葉だけでは足りない時、しかし何かお詫びを渡すと言うほどでも無い時、そんな時に食事に誘いお詫びとすると言うパターンもあるのです。

この時の特徴は当然ですが謝罪の意思や感謝の意思が強く感じられ、誘われた相手の意思を尊重するような形で誘ってきてくれます。

明らかに他の食事に誘ってくるようなパターンとは違い、あんまり誤解することも無いかもしれませんが、それでもこのパターンはあんまり女性が想像しないパターンであると統計が出ているために、男性は何故誤解されるのか分からずにすれ違いやすいです。

男性は女性が「食事を奢る事」への考え方が男性とは違うことを意識しておいて欲しいと思いますし、女性は男性が食事に誘う時、食事を奢る事が女性同士よりも気安く謝罪やお礼をこれで済ますことがある事を覚えておいてあげて欲しいと思います。

まとめ

食事に誘う時の男性心理5つのパターンとそれを見抜くポイントいかがだったでしょうか?

たかが食事に誘うと言う行為でも実はこれだけ意味があり、それぞれが複数の意図をもっていて、確実にどのパターンだとも言えませんが、下心だけで男性が食事に誘う訳ではない事を理解していただけたなら幸いです。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカードを元に導き出される 『神秘のタロットカード』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

ついに令和の時代を迎えました! 

新たな時代が始まるこの機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!