ライフ

ショパン名言|繊細な名曲の裏にある情熱を知る5つの言葉

ショパン名言

ピアノの詩人フレデリック・フランソワ・ショパン。

この人物は病弱な芸術家として知られているために繊細なイメージを持たれがちですが、彼の残した名言を見てみると結構感情的と言うか感覚的で情熱的な物も多く、病弱だった彼が如何に精神力で生きてきたのかを感じさせるものが多いです。

そこで今回はそんなショパンの肉体さえも引っ張る精神の強さを教えてくれる名言を5つ御紹介させていただきます。

ショパンの名言に興味はございませんか?

明確な目的意識で行動する強さ

彼は何千人もの人に聴かせるように弾くが、私はただ一人の人に聴かせるために弾く

この名言は、誰かやみんなと言った不特定多数のためという曖昧な基準ではなく、より明確な誰かのためと言う目的を持って行動することの強さと言うものを教えてくれる名言。

少しでも多くの人に受け入れてもらえるように作られたものと、特定の誰かのために作られたもので別にどちらが優れていると言うわけではありませんが、やはり特定の対象のために作られたもののほうがその対象になった人にとっては良いものになりますし、作り手側もそうしたものを作る時のほうが熱が入ると言うものです。

例えば学校の先生の授業よりも、家庭教師の先生の教えのほうが頭に残ることが多いと言われるのは、それが個人にむけての指導であるからと言うだけのことではなく、教える側がどういう結果を出すべきだと明確に意識できることから来る、集中力の高さや責任感の重さなどで熱の入り方が違うからです。

だからこそそうした「ただ一人のため」と言ったような明確な目標を持ち、何かをするということは行動する人に満足の行く結果を生むことも多く、自身の力をつぎ込みたくさせるのです。

このショパンの名言はそうした何かに熱を入れるためのコツを教えてくれる名言でもあると言えます。

自分を追い込む姿勢

自分の耳が許す音だけが音楽である。

この名言は自分に対して高い基準を設けて自分を追い込む姿勢が強さを生むと言った感じの名言。

ショパンは音楽に関わる芸術家ですからこの名言で

「自分の耳が許す音だけが音楽である。」

と表現したわけですが、ようは自分が納得いくだけのものに出来なければそれを成果であるとは認めないと言うことがこの名言で彼が伝えたかったことです。

人間ってどうしても楽な方へ楽な方へと行きたがるもので、何かをする時に「常に最高のもの」「最高なこと」を追求している人ってあんまり多くなく、「それなりのこと」とか「悪くないもの」で妥協し始めてしまうもの。

しかしそうした妥協や諦めをしているとどうしても熱意だとかやる気をなくしていってしまうものですから、そうしたものを失わないためにはそれなりや悪くないと言ったレベルを引き上げる意識をするしかありません。

このように最低基準を高く持ち、自分にとっての成果をだそうと追い込む姿勢こそが時に人に勢いとやって見せると言う執念、そして出来るまでやろうとする気持ちを与えるのです。

いつの間にか自分の「最低ライン」が下がりすぎてしまったものやことはありませんか?

この名言はそうした自分を追い込むことで得られる強い精神と言うのがあることを教えてくれます。

完璧を超える向上心

『最初の完璧』で多くの人は満足できない。だからこそ成功するためにはそれを超える『絶対に完璧』が必要で、限界まで研究されたものは更に高い評価を受ける

この名言は、完璧を超える向上心を持てという感じの名言であり、完璧であると言うことは更に昇華させる事ができるのだという挑戦心に溢れた名言。

最初に完璧だと思われていたものも時代の進みで改良されていくもので、人類がこれまで生み出してきたものの中で「これ以上はない完全なもの」なんて殆どありません。

電波での通信が出来るようになり、これまでと通信速度が段違いになってからも人はもっと効率的でスムーズな通信方法の確立を研究しましたし、ノートパソコンよりも小さなパソコンが出来ると持ち運べるパソコンが登場した時の人は思っていなかったことでしょうが、スマートフォンを人は生み出しました。

このように完璧であると思ったものを超えることは、かならず成功することになるわけですし、どれほど研究してもこれを超えることは出来ないと言われたものは、これまで以上により高い評価を得ることになるわけですが、私たちの殆どは、この「完璧」と言う言葉に弱くそれ以上を目指そうとする気持ちが中々沸いてこないところがあるのも事実で、完璧に挑むにはよほどの熱意を必要とします。

しかし最低でもこの名言を残したショパンはそうした熱意ある人でしたようですし、実際に完璧に挑むことで成功した人は沢山これまでの歴史の中にいます。

この名言はそうした完璧に挑むと言うことが強い熱意を必要とする代わりに成功の鍵となることを教えてくれる名言なのです。

しっかりと毎日意識的に反芻し柔軟な対応が出来るように

毎朝、非常にゆっくりのテンポで練習し、指を柔軟にしなさい。

この名言も良く良く考えてみるとかなりストイックなショパンの面を教えてくれる名言で、しっかりと毎日意識的に反芻し、柔軟な対応が出来るようにならないといけないと言うことを教えてくれる名言。

一見するとゆっくりしたテンポで練習して指を柔軟にしろと言う名言なのだと思うのですが、ゆっくりとしたテンポで練習したら指が柔軟になると言うものでもありませんでして、単純な練習方法についての言葉であるとは思えません。

その為この名言はおそらくそうしたゆっくりとしたテンポで練習することで、自分の指を初めとする体の動きや曲を弾いているときの意識、注意しないといけないことなどをしっかりと毎日反芻することで「フレックスな」幅広い対応が出来るようにしなさい、と言うことが言いたかったのだと考えることができます。

こうした毎日繰り返し自分の体と精神についてを意識できるようにすると言うのはピアノについてだけでなく、何においても非常に大事であり、いつも自分が何気なく出来ていることや、逆になぜ出来ないのかを知ることで人はより高みを目指すことが出来るようになれます。

その為この名言はそうした上を目指すストイックな姿勢を教えてくれる名言であると考えることが出来るのです。

常識と言うものに固執しても価値はあまりない

常識は非常に小さな要素に違いない。常識が私の頭の中にあるアイディアを理解させたりするほど強いものではないのだから

この名言はショパンにとっては常識と言うものはたいした価値がなかったものであり、常識と言うものに固執しても価値があまりないのだと教えてくれる名言。

常識と言うのは組織に所属し、集団の一員として社会を形成している人間にとってはある種必要な意識ですが、それに固執しすぎることは個人はもとより組織や集団の成長の足を引っ張ることもあります。

馬より早く移動できる方法はないと言う常識に固執していたら車や電車は生まれなかったでしょう、人は空を飛べないという常識に固執していたら飛行機は生まれなかったでしょう。

「それが当たり前のこと」と言うのはこのように時として、もっと良くしようとか更に上を目指そうと言う気を起こさせないようにする面もあるのです。

今の世の中は特に変化の移り変わりが激しい時代でこの常識と言う考えに固執するのは更に危険。絶対に大丈夫だと思った明日が来ることはなく、考えたこともない不幸がやってきている人だって世の中沢山いるのですし、今の世の中で成功している人の多くは常識を覆したと言うような人が殆どです。

その為この名言は常識と言うものは頑なに守ればいいものではないのだという、攻めの姿勢を教えてくれる名言であると言えます。

まとめ

ショパンの名言5ついかがだったでしょうか?

繊細なイメージや緻密なイメージとはちょっと違ったアツイ精神根性論な一面を感じ、そうしたものの良さもあるのだと思っていただけたなら幸いです。

もちろん物事には限度がありますし、こうしたものが肌に合わない人もいるでしょうが、こうしたことで成功した人もいるということ覚えておいて欲しいと思います。

偉人 名言
【世界名言集】偉人から人生を学ぶ最高のヒントまとめ一覧 世界の偉人達の名言は、人生に悩んだ時に前に進めるヒントが沢山詰まっています。今回ご紹介するのは大きな功績を残した方たちの名言をまとめ...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの星座や生年月日を元に導き出される 『月と星の占星術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)