人間関係

初対面は10秒で決まる!初頭効果を理解する5つのポイント

初対面は数秒で決まる!初頭効果心理学5つのポイント

初頭効果と言う人の印象形成に関係する心理効果がありまして、出会った最初の10秒以内で人の第一印象を半年間も持続させることがあると言われています。
そのためこの初頭効果と言うものを理解しておくことが対人関係スキル全般の向上につながることになると言えます。

そこで今回はそんな初頭効果と言うものを分かりやすく、実感が伴う形でご紹介させていただきます。

初頭効果と言う心理効果に興味ございませんか?

初頭効果とは?

まず初頭効果というものはどんな心理効果なのかを簡単に説明させていただくと、初頭効果とは「最初にそういうもの・そういう人」だと判断した印象を人は引きずりやすいと言う現象のこと。

実に当たり前のことだと思うでしょうが重要なのはここから先で、その判断を人間は平均してなんと10秒以内には無意識のうちにしてしまうので、本当に「初頭」に働く心理効果であると言うところです。

その為当然出会って約10秒以内ですから人は容姿を覚えていることが多く、その中でも特に特徴的なところがあると、その部分だけが印象に残ってしまうわけです。

名前やどんな人だったのかを思い出せなくても、特徴的な髪色・髪型だったりすればどんな髪だった人とか、有名ブランドの服や珍しい色の服を着ていた人ならどんな服を着ていた人、と言う方が思い出せたり、顔を見れば思い出せると言うことが起こるのもこの原理が働くからであると言えます。

初めて会う人に好印象を持たれたいなら、まずは見た目を良くするのが大事であると言われるのはこれが理由と言えますね。

初頭効果を左右する「おしゃれ」と「身嗜みが整っている」

初頭効果とは出会ってすぐに印象が作られると言う効果なので見た目は凄く重要。

しかし同じ相手に良く思われるための見た目について言われる「おしゃれ」であることと「身嗜みが整っている」と言うことでは全く違うところがあると言うお話をここではさせていただきます。

「おしゃれ」の場合は特定の「もの」の印象を強く残すことができ、あえて特定の相手の目を引くポイントを作っていることが殆ど。

身体的特徴もなく、髪、化粧、アクセサリー、服の組み合わせに持ち物など、これらがどれも印象に残らない人のことは記憶に残すのが難しいと言うのは多くの人が経験していることでしょう。

その為目立つためにするわけですが、逆にどれかが目立ちすぎるとそうした「物」だけが印象に残ってしまい、「どんな人だったか」を相手に印象付けることが難しくなりますから、おしゃれで「自分」を相手に印象付けるには全体のコーディネートがしっかりと出来ることが必要不可欠になってきます。

もちろんこれを逆に利用して浅く長い付き合いをする人に対して「凄く特徴的なメガネの人」だとか「真っ赤なスーツの人」なんて「物だけ」の印象を残すと言うことする人もいます。

この反対が「身嗜みが整っている」の場合。

身嗜みの基本はその場に相応しい格好を、おかしなところがないようにして、決められた通りに着ることと言えますから、これってつまり目立たず、特徴を出さないようにすると言うことでもあり、相手の中での自分の印象形成をそれらの「物」からはさせない効果を持っています。

一番分かりやすいのは制服を着ている人。

きっちりと着ている人ほど印象に残らず、着崩していたり、汚れていたりすると凄く目立ちますし、お店で一人だけ違う服を着ているスタッフがいる時、その人は偉い人だろうと誰もがわかると言うわけですが、相手がどんな人だったのかなんてまず覚えてはいないはず。

逆にこちらの問題はそこでの印象形成が行われにくい分、言動・態度や言葉遣いなどに個性がないとそもそも何も印象に残りにくいと言うところ。

しかしその問題をクリアすれば「自分」と言うものこそを相手に印象付けやすく、「珍しい方言の人」とか「やたらと丁寧な態度の人」なんて印象だけを与える人は服が変わっても、顔を覚えていなくても、なんとなく誰であるとすぐ分かるのはこれが理由です。

なのでこれらの違いを把握して「自分が相手にどんな印象を残したいのか?」あるいは「どうやったら一番相手に印象が残せるのか?」を意識しておくことが大事です。

笑顔が初頭効果でプラスになる鍵

初頭効果により、10秒以内という限られた時間の中で人が印象を作るのは「自分が相手にどういう応じ方をするべきなのか?」と言うことを決めるためです。

その為初頭効果で好印象を勝ち取るためには表情もかなり重要。

単純な話ですがやはり相手を見て認識する時は、胸から上を見るものであり、一瞬でもその時視界の中で最も占める面積が広いのは顔であり、だからこそ私たちは名前や特徴を忘れても「相手の顔はなんとなく覚えている」とか「顔を見たら思い出す」と言うことがある訳です。

また本能的にも顔を見ると人間同士で相手への応じ方を決めるための最も重要な要素である相手の感情が分かるため、一瞬でも無意識のうちに人は相手の顔を視界に入れようとするのです。

そしてその顔を見た時、完全に無表情の相手には普通の人は怖いと思いあまり良い印象を抱けませんし、むすっとしていたら時にはこちらも不機嫌になる人もいるでしょうが、相手が笑顔であると友好的な応じ方を選択しやすくなるのです。

この笑顔が敵意がないと言うことを示すものであるという風に理解できるのは、赤ちゃんが本能で笑うように私たち人間が遺伝子レベルで理解していることで、殆どの人の印象形成にプラスに働く効果を持っているのです。

その為初頭効果における表情の重要性、特に笑顔がプラスに働く効果を持つと言うことは是非覚えておいて欲しいと思います。

もちろん時と場合によってその表情が相応しいとか、その表情こそ好ましいと思うなどの違いがあるので、いつも笑顔でいろと言うことでないことも念のためお伝えさせていただきます。

初対面は出来るだけ実際に会う方が良い

現代社会においては始めましての挨拶を相手の顔どころか声も聞かずにすることだって多いでしょうが、初頭効果というものの存在を考えるとこれはあんまりお互いのために良くありません。

それと言うのもただでさえ短時間で印象が形成されると言うのに、情報が少なくなればそれを補完するために脳内での補完が行われ、スタートの段階でかなりの思い込みにより相手の印象を作り上げしまう所があるからです。

実はお互いが思っていたような人でないとなってくると、すれ違いや誤解も多く生じることになるでしょうし、何より私たちの意思疎通というものは言語そのもの以外のところでこそ表現されていることが多く、この思い込みで作った相手の印象と接することが多くなるとお互いが「自分の脳内にいる相手」と会話をする状態になる可能性があるからです。

更にこの「脳内にいる相手」とのやり取りをし続けると、自分の中での今後人物の印象を作るためのデータも「自分好みの相手」に偏りやすくなり、初対面で顔を合わせた人物の印象を永続的に正しく捉えることが出来なくなる可能性もあるのです。

その為出来るだけ意識して初対面の人とは実際に会って始めましてをすることをオススメします。

初頭効果は自分が与えたい印象が与えられるとは限らない点に注意

初頭効果について誤解されやすいことなのですが、どれほどしっかりと相手に与えたい印象を意識していたとしても、自分が相手に与えたい印象を必ずしも与えられるとは限らないと言う点があります。

なぜかと言うと初頭効果というものは基本的に「相手に対してどういう風に対応すべきか?」を決めるために起きるものであり、相手の人生経験や知識に基づく総合的な本人的には「直感」や「なんとなく」と言うもので相手のことを決めるものであるからです。

その為相手がどういう言動や態度をすることを、どんな人物であると結びつけて判断するかの傾向までを把握しておかなければ、自分の意図しているのとは違う印象を相手に対して与えてしまうことも十分ありえます。

例えば仲良くなろうとしてフランクに声をかけたつもりが、相手にとっては馴れ馴れしい人だと言う印象を持たれたりして逆効果になることなんかは良くある話です。

その為もしどうしても初頭効果での相手の印象を自分の意図しているものにしたいというのであれば、相手がどんな人物のことをどう評価する傾向があるのかを出来るだけ知っておくことが必要です。

まとめ

初頭効果を理解する5つのポイントいかがだったでしょうか?

言われてみると当たり前のことが沢山あったかと思いますが、こうして説明されてみるとまた違った印象を受ける所もあったかと思います。

普段意識せずともなんとなくしているこうしたことでも、意外と理解しているのとそうでないのとでは違った結果になることがあるので、頭の片隅にでも置いておいて欲しいと思います。

心理学 種類
心理や心理テスト一覧まとめ|すぐ活用できて人生が好転する! 心理学とは人間の心や行動について学ぶもの。わかりやすく説明すると人はどう考えて、どのように感じて行動を起こすのかというのを科学的にあ...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの星座や生年月日を元に導き出される 『月と星の占星術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!