パワースポット

高御産巣日神(タカミムスビノカミ)とは|日本神話やゆかりの神社

タカミムスビノカミについて

日本神話の高御産巣日神「タカミムスビノカミ」をご存知でしょうか?

神様の世界が出来たとされる天地開闢の後2番目に古い神様であり、実は数々の有名な神話の中でも主役にこそならないながらもちょくちょく出てきたりする神様であり、一歩踏み込んで日本神話を知りたいのなら是非知っておいて欲しい神様です。

そこで今回はそんなタカミムスビノカミについてご紹介させていただきます。

神話に出てくる神様と言う目で見た姿

タカミムスビノカミとはどんな神様なのかと言いますと、『古事記』によりますと天地開闢の時、「アメノミナカヌシ」の次に「カミムスビノカミ」と共に神様の国「高天原(タカマガハラ)」に出現したとされる神様であり知恵の神様「オモイカネ」、アマテラスの孫「ニニギノミコト」の母である「タクハタチヂヒメ」の親に当たる神様。

また天孫降臨の際には高木神(たかぎのかみ)という名で登場することから本来は自然信仰の原点である森や高い木が神格化されたものだと言われています。

このタカミムスビノカミを始めとする最初に生まれた神様「造化の三神(ぞうかのさんしん)」は、いずれも「独神(ひとりがみ)」と言う男女の性別が無い神様であり、一人で他の神様を生み出したりする事も出来る神様であり、また生産・生成の「創造」の神でもあると言う日本神話ではない他の国の神話であれば大体創造神や、最高神が持っているような性質を持っています。

一応人格と言うか「神」格とも言えるものは男性の物であるとされており、共に生まれた女性の「神」格を持つ「カミムスビノカミ」に対応するような人格を持っているとされていますが、彼らの後に生まれてくるイザナギノミコト、イザナミノミコトのような「神世七代」と呼ばれる男神や女神と言った性別のある神様とは別枠と言うちょっと変わった神様です。

また最高神アマテラスオオミカミのアドバイザーのようなことをする神様でもあり、時にアマテラスオオミカミを飛び越えて指示を出すこともある、言わば名脇役と言える神様という訳です。

祭られる神様として見た姿

タカミムスビノカミ
タカミムスビノカミも当然神社で祭られている「神道」での神様でもあります。

しかしこのタカミムスビノカミはその原点は恐らく自然信仰の中で生まれたであろう「高い木」が神格化したものですから「御神木」と言う考え方がそもそもこのタカミムスビノカミ信仰につながっておりますし、なによりイザナギノミコト・イザナミノミコト以上に古い神様であり、直接人間に関与しては来ない神様であるため主祭神として祭っている有名な神社はあまり多くはありません。

そんな中でもタカミムスビノカミを祭る神社として挙げられるのは2つ。

1つは奈良県御所市にある高天彦神社(たかまひこじんじゃ)です。

この神社一度訪れてみようとすれば分かるのですがまず立地的に凄い山の中にあり、豊か過ぎるぐらいの自然の中にある場所です。

その為決して参拝客が多いという訳ではないのですが、神仏習合の影響が少ない状態で自然信仰に近い思想が残っていると考えるのであるならば恐らくここがタカミムスビノカミを主祭神として祭っている中でも比較的古い物だと考える事ができます。

もう一社タカミムスビノカミと関わりが深いと考えられる神社が奈良県奈良市にあります「宇奈多理坐高御魂神社 (うなたりにいますたかみむすびじんじゃ)」です。

こちらの神社はタカミムズビノカミだけでなく、彼の子供に当たりますオモイカネ、アマテラスオオミカミが天岩戸に篭る「岩戸隠れ」の時に活躍するフトダマも祭られておりまして、タカミムスビノカミの司る「知恵」とか「未来予知」のような物と関りが深いような神社です。

タカミムスビノカミに関連する神社はアマテラスオオミカミだとかオオクニヌシノミコトのような神様に比べると探しにくいところはありますが、探すとなくはないと言ったレベルですのでお近くの場所を探してみるのも良いかもしれません。

神話「神武東征」

タカミムスビノカミは言ってしまうと「名脇役」ですから、この神様を主役として取り扱った神話と言うのはありません。

しかしその分実は『天地開闢』、『天の岩戸隠れ』、『国譲り』、『天孫降臨』などと言った有名どころの神話にも出て来る神様でもあり、脇役としてはかなり登場します。

そんな脇役としてタカミムスビノカミが登場する神話の中でも特に目立つのは『神武東征』と言う神話。

この神話は初代天皇「カムヤマトイワレビコ(神武天皇)」が「日向(現在の宮崎県とされている場所)」を発ち、大和を征服して「橿原宮(かしはらじんぐう)」で即位するまでを記した神話でしてこのお話の中でもタカミムズビノカミは脇役として登場します。

アマテラスオオミカミの血を引くと同時に海神の血も引いている「カムヤマトイワレビコ(神武天皇)」は先祖から受け継いだ使命を果たすため、人間の世界、葦原中国(あしはらのなかつくに)を治めるにはどうしたら良いかを兄弟で話し合い、東の地を治める必要があるという結論にいたり、船に乗って東の地へと旅立つことを決意しました。

しばらくは快進撃が続きますが、闘いの中で率いた兵はもちろんの事、浪速国の白肩津(現在の大阪あたり)ではナガスネヒコと言う強い豪族との戦いでなんと兄を失うことにもなってしまいます。

兄は最後に「我々は日の神の御子だから、日に向かって(東を向いて)戦うのは良くなかったのだ。廻り込んで日を背にして(西を向いて)戦うべきだ」と助言を残し、その助言に従って西から攻めるようにしてみると「金鵄(キンシ)」金色の鳶がカムヤマトイワレビコの持つ弓の上端に飛来してとまり、金色のまばゆい光を発して敵兵の目をくらまして戦意を削いで勝利をもたらしました。

この鳶、実は後の「八咫烏(やたがらす)」と同じようにタカミムスビノカミが使わした物だと言われています。

しかし何より一番の難所は熊野(和歌山県南部と三重県南部あたりの土地)でした。

この土地に入った時、カムヤマトイワレビコを始め彼が率いていた兵士たちはこの土地のあらぶる神の力で皆気を失ってしまったのです。

しかしこの時、熊野の「タカクラジ」が、一振りの太刀をカムヤマトイワレビコの下へと持ってくると彼はすぐに目が覚めその太刀「布都御魂剣(ふつみたまのつるぎ)」を使いあらぶる神を鎮めました。

カムヤマトイワレビコがタカクラジにこの剣はどういうものなのかを尋ねるとタカクラジは言いました。

夢の中でアマテラスオオミカミとタカミムスビノカミが現れ二柱がタケミカヅチを呼んで、

「葦原中国は騒然としており、私の御子が悩んでいる。お前は葦原中国を平定させたのだから、再び天を降りなさい」

と命じ、タケミカヅチはそれに対して「平定に使った太刀を降ろしましょう」と答え、タカクラジの倉に太刀を落とし、自分が運ぶように命じられ、目が覚めて自分の倉を見ると本当に太刀があったので、こうして運んだと言います。

しかしこの剣だけではまだ充分ではないと判断したタカミムスビはカムヤマトイワレビコを導くための案内役として脚が三本ある「八咫烏(やたがらす)」をカムヤマトイワレビコに遣わし、熊野から大和までの案内役を勤めさせ、カムヤマトイワレビコは何とか人間の世界を平定することができました。

この神話の中ではタカミムスビノカミが最低でも2回、金の鳶も含めると3回のサポートをしてくれる神様として描かれています。

他の神話でもそうなのですが、タカミムスビノカミは自分が何かをするよりもこうして別の誰かを助ける事に力を使う姿が描かれます。

モデルは恐らく卑弥呼の弟

タカミムスビノカミは古くからいる神様であり、最高神アマテラスオオミカミに頼りにされていたり、多くの神話に登場している事から偉い神様であると言うのはなんとなく分かるのですが、どうにも目立たないような印象を与える神様である事も言えるのです。

しかしそうしたタカミムスビノカミの姿から恐らくこの神様が邪馬台国の卑弥呼の弟をモデルにして作られているのではないかという事が考えられます。

日本人でも知らない人が多いかもしれませんが、卑弥呼には実は弟がいまして、名前すら残っていないのですがどうもこの弟が実はものすごく優秀であり、卑弥呼の信頼を一身に受けた人物でもあるようなのです。

具体的には「魏志倭人伝」の記述で「卑弥呼には夫もいないが弟がいた。卑弥呼は基本自分には弟しか近づけず、自室に引きこもり食事もこの弟と以外はとらず、自分はあまり外に出ず政治は弟を通して仕切った」と言うような記述があるのです。

しかもなんだかこの卑弥呼の印象『岩戸隠れ』したアマテラスオオミカミ様に似ていませんか?

これ考えてみるとアマテラスオオミカミが困った時に頼る時の定番の相手で、自分はあまり表に出ないタカミムスビノカミの姿もこの弟の姿と似ていると言えます。

ちょっと立場や関係性はぼやかしてこそいますが最高指導者が女性であるという事に加え、その女性を立てしっかりとサポートする人物像から恐らくタカミムスビノカミはこの卑弥呼の弟こそをモデルに作られているのではないかという事が考えられ、彼の存在は時に女性が最高権力者になった時にはその方を支え、影に徹する人物の必要性を示しているように思います。

まとめ

タカミムスビノカミについての事をご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

日本神話もこの神様の事について語れるようになって来たならもうちょっと知ってると言ったレベルを超えてくる所で中級者と言った所。

神話の中の登場人物の中にはこんな風にして実はモデルだろうと思われる人物がいる事もありますし、神話の内容を考えてみると実は歴史が分かることも多いですからそこから歴史への興味が生まれることもあります。

まして日本神話に関しては『歴史書』扱いされている所もありますので是非日本神話だけでなく、登場する神様についても知っていただきたいと思います。

神様 まとめ
神様や神話に関するまとめ 日本全国の神様や世界の神様に関する記事をまとめてみました。 ...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!