ライフ

【高杉晋作名言】時代の変化を強く求めた志に学ぶ5つの名言

高杉晋作

幕末の時代に奇兵隊など諸隊を創設した人物高杉晋作。長州藩の尊王攘夷の志士として活躍したことからもその片鱗は見えていますが、残した名言から考えてこの時代の偉人の誰よりも「変化」する事を強く望んでいた人物であると言える人です。

そこで今回は変わりたいと願う人たちのため、高杉晋作の変化を求める強い気持ちが込められた名言を5つご紹介させていただきます。今とは違った自分に成りたい、今とは違う時代になって欲しい、そんな風に思ったことはありませんか?

心のあり方が世界を変えると語った名言

「おもしろきこともなき世におもしろく」

この名言は高杉晋作の名言は高杉晋作の辞世の句として知られる最も多くの人に知られている名言でしょう。

この名言には実は続きがありまして、「すみなすものは心なりけり」と続きます。

つまり簡単に言うならこの名言は「心のあり方しだいで世の中は面白くも、面白くなくもなる」と言った名言であり、高杉晋作が変化することを望んでいたのは、日本のためにとか、人のためにと言うだけの事ではなく、自分の人生を面白くしようとしていたからという面も教えてくれるのです。

子供のころはともかく、大人になると「毎日が楽しい人生を送っている」と言える人なんて殆どいないと言えますが、大人になってからの方が子供のころより自由に出来る事って沢山あるのに面白くないっておかしいことだと思いませんか?ならば人生の面白さとは、何が出来るかではなく自分が面白いと思えるような心のあり方があるかどうかでしかないと言えます。

この高杉晋作の名言は毎日が楽しい人生を送るためには、面白くしたいと思う気持ちを持って行動するだけで人生と言うのは面白くなり、自分にとっての「世はおもしろく」なるのもであると気が付かせてくれる名言であると言えるのです。

学問と言うものを考えさせる名言

「少年の頃、読んだ本に「学問を成すなら世間から利口と思われる人になるな。世間から愚者と思われる人になれ。」とあったので世間から愚者と思われる人になろうと僕は願った。」

この名言は中々奥深い「学問と言うもの」を考えさせてくれる名言であり、高杉晋作が当時の人とは違った水準の学問を求めていたことを教えてくれる名言です。

この名言は簡単に言うと「子供のころから「世間の人が知らない事を知っているからこそ学問を納めている人と言うのは愚かに見えることもある」という事を知っていたので私は愚か者と思われるようになってやろうと思った」という名言です。

世界で始めての事をした人と言うのは殆どの場合異常者であるとか変人と言うレッテルを張られ、最初のころは中々理解を得られないことも多いですが、「学問を成す」という事はそういう事でもあり、普通の人と同じ事を同じようにする「利口」でいるなら「学問を成した」とはとても言えない事なのです。

ましてや当時の日本の文化は世界的に見ても独特で、科学レベルを始めとする、所謂文明レベルが低い国でしたから、尚更ただ利口であるだけでは足らないという事を高杉晋作は子供のころからどこかで感じ取っていたのではないかと思います。

その為この名言は「今の常識に囚われるだけではいけない」と言う変化する事への価値を知っていた高杉晋作の気持ちが込められた名言であり、変化は痛みなしでは行えないと教えてくれる名言でもあると言える名言です。

変化への期待の強さを感じさせる名言

「シャクトリムシのように身を屈するのも、いずれは龍のように伸びるためだ。そのためには、奴隷になっても、下僕になっても構わない。」

この名言は簡単に言うなら変化と言う素晴らしいものを起こすための準備と耐えることの重要性を語った高杉晋作の名言です。

名言の始まりで語られる「身を屈する」と言うのはシャクトリムシの動きのように単に伸びる為の縮むと言う準備を意味しているだけでなく、後半の「奴隷になっても、下僕になっても」のところのように自分の立場が悪くなるという事も意味していて、変化するためにはそうされても構わないと言う高杉晋作の意思を感じさせます。

またシャクトリムシと龍と言うものを比べるように対比させているところが、高杉晋作がシャクトリムシという今の現状を準備し耐えることで、龍のような変化した後の素晴らしい状態に成れるという期待を持っていたことを感じさせます。

その為この名言は、「変化した後に多大な期待が持てるのであればどんな苦難も耐えてやれるのだ」という事を教えてくれる名言であると言えるのです。

マイナスな言葉を使わない名言

「苦しいという言葉だけはどんなことがあっても言わないでおこうじゃないか。」

この名言は高杉晋作の持っていた変化へのプラスのイメージがとても強い者であった事を感じさせる名言。

この名言は苦しいとは絶対に言ってはいけないと言う名言ではなく、「苦しいと思わないようにしよう」と言う名言であり、苦しい今の状況ではなく、それが終わった後の良くなる変化に目を向けようといった名言でもあり、こうしたマイナスの面に目を向けてしまうとうまく行かないことが多いという考え方が込められている名言です。

高杉晋作はこの他にも「人間、窮地におちいるのはよい。意外な方角に活路が見出せるからだ。しかし、死地におちいれば、それでおしまいだ。だから、おれは困ったの一言は吐かない。」と言う名言も残すなど、マイナスなイメージのある言葉を協力使わないようにしている人物でした。

コレはなぜかと言うとこうしたマイナスのイメージが先行することが変化することを恐れる傾向を作ることを知っていたからです。

変わることが良いことだとは分かっていても、やはりどうしてもそれに伴う代償で躊躇しがちなところがあるモノ。

この高杉晋作の名言はそうした変化することを躊躇をしないようにするためのコツ、マイナスの言葉を使わないようにするという事を教えてくれる名言です

まずする事だ!と語った名言

「戦いは一日早ければ一日の利益がある。まず飛びだすことだ。思案はそれからでいい。」

この名言は高杉晋作の何かをするために必要なのは考える事ではなく、まずやることだと言う考え方をありのままに伝える名言。

この名言で言う戦いとは言ってしまえば生きるという戦いの事で、生き残るためにはあれこれ思い悩んだり考えたりしている間に先にやった人の方が有利になるのだから、そうならないように自分も考えるよりもまず何でもやってみるほうが良いという考え方を高杉晋作は持っていた事を教えてくれます。

実に当たり前の事なのですが、今の世の中にはどうしても疑ってかからないといけないようなことも沢山あり、そんな事はないという人も多いでしょう。

しかしこの名言は考えなしに飛びつくことを勧めているわけではなく、中途半端に保留してあれこれ悩んでいたり考え込むのではなく、疑うべきことはきちんと調べたり、いっそのこと全て忘れてしまう「直ぐやる」という事を勧めている名言なのです。

思い悩んだ時間が長ければ長いほど「しっかり考えたから大丈夫」と言う根拠のない自信を持ち失敗する人と言うのは案外多く、正に下手な考え休むに似たりといったことって経験したことありませんか?恥ずかしい話私はこの名言を解説されたとき思い当たる節が沢山ありました。

こうした直ぐに変化を起こす事が利益を生む行為であると、この高杉晋作の名言は教えてくれて、正に直ぐにそうした変化をしていこうと思わせてくれる名言であると言えます。

まとめ

高杉晋作の名言5ついかがだったでしょうか?

幕末から登場してくる偉人たちの中でも一際変化と言うものに強いこだわりとしっかりした考え方を持っていたことが分かっていただけたかと思います。

こうした変化を望む気持ちは今の時代の私達日本人に最も欠けやすい気持ちであり、少しでも多くの人にこうした変化に拘った名言に触れることで変化を望む気持ちを忘れないようにし、一人でも多くの人の「おもしろきこともなき世がおもしろく」なることを筆者も願います。

偉人 名言
【世界名言集】偉人から人生を学ぶ最高のヒントまとめ一覧 世界の偉人達の名言は、人生に悩んだ時に前に進めるヒントが沢山詰まっています。今回ご紹介するのは大きな功績を残した方たちの名言をまとめ...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたのオーラや生年月日をもとに導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!