パワースポット

【戸畑祇園大山笠】ユネスコにも登録されたお祭りに行ってきました!

戸畑祇園大笠山

福岡県北九州市戸畑区の戸畑祇園大山笠行事(とばたぎおんおおやまがさぎょうじ)は、2016年12月、全国33の「山・鉾・屋台行事」の一つとして、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。また、博多祇園山笠(同じく、ユネスコ無形文化遺産に登録)、小倉祇園太鼓とともに、福岡県夏の三大祭りの一つにも数えられています。

214年の歴史を持つ戸畑祇園大山笠の最大の特色は、大観衆の目の前で昼と夜の姿をあざやかに変えていくところにあります。戸畑祇園大山笠とはどのようなお祭りなのでしょうか。お祭りの特色や見どころについてご紹介します。




戸畑祇園大山笠競演とは

戸畑祇園大山笠・明るくした写真
    戸畑祇園大山笠競演は、7月の第4土曜日

  • 飛幡八幡宮(とびはたはちまんぐう)から東大山笠西大山笠
  • 中原八幡宮(なかばるはちまんぐう)から中原大山笠
  • 菅原神社から天籟寺大山笠(てんらいじおおやまがさ)の4基が出されます。

さらに、それぞれの地区の中学生が担ぐ一回り小さい小若山笠(こわかやまがさ)が4基出され、合計8基の山笠が一同に会して行われます。

その見せ場の一つ目は、昼の幟山笠(のぼりやまがさ)から、12段309個の提灯をつけたピラミッド型の夜の大山笠に変身させるのを競うところです。
戸畑祇園・幟大山笠編集

観衆の目の前で山笠の姿を変えていくというのは、他のお祭りにはありません。

幟山笠(のぼりやまがさ)について

戸畑祇園・幟山笠1-001
昼の幟山笠は、伝統的な工芸技術で装飾された、格調高く優美な姿です。高さ1.8メートルの台上に、約2メートル四方の匂欄付の台座を据えて、その中央にご分霊を納めた祠が置かれます。その周囲に紅白のラシャの布地に黒のビロードの縁取りをした12本の幟が立てられます。
こちらの写真は、戸畑祇園大山笠振興会副会長の自見榮祐さまからご提供いただきました。

そして、正面に白の奉書紙で作った菊花の「前花」が上下に各1対

戸畑祇園・幟山笠正面・前花・パンフレットより7251出典:「戸畑祇園大山笠」(戸畑区役所総務企画課発行 2017年度パンフレット)

後ろには「見送り」という直径約1.5メートルの円型の台に、鷲・布袋・虎・獅子と、それぞれ山笠ごとに異なる刺繍が施された幕を取り付けたものが飾られます。台枠の組み立ては釘やボルトを1本も使わず、山から採ってきた藤葛で締めます。

戸畑祇園・幟山笠の「見送り」4種・パンフレットより7250出典:「戸畑祇園大山笠」(戸畑区役所総務企画課発行 2017年度パンフレット)

黒漆塗りに彫刻が施された匂欄や

戸畑祇園・幟山笠・匂欄・パンフレットより7253出典:「戸畑祇園大山笠」(戸畑区役所総務企画課発行 2017年度パンフレット)

赤いラシャの布地に勇壮な武者絵などが金糸銀糸で刺繍された水引幕・前掛幕・切幕などの幕類が伝統を感じさせます。

戸畑祇園・幟山笠の幕類・パンフレットより7254出典:「戸畑祇園大山笠」(戸畑区役所総務企画課発行 2017年度パンフレット)

さらに、数百本の「てまりこ」が台上に並べられます。「てまりこ」は、赤・白・黄・緑の奉書紙や染紙で球形に作ったものを竹の先に付けて、紅白の幣を垂らしたものです。

戸畑祇園・幟山笠のてまりこ・パンフレットより7256出典:「戸畑祇園大山笠」(戸畑区役所総務企画課発行 2017年度パンフレット)

ご祝儀のお礼として氏子に渡され、もらった人は魔除けとして家の中に飾ります。また、各山笠とも多くの御幣を並べ、山笠行事が終わると、関係者に渡します。

戸畑祇園・幟山笠の御幣・パンフレットより7257出典:「戸畑祇園大山笠」(戸畑区役所総務企画課発行 2017年度パンフレット)

山笠本来の姿といわれる幟山笠は、このように格調高く優美な姿なのです。

戸畑祇園大山笠・パンフレット(戸畑区役所総務企画課発行)7259出典:「戸畑祇園大山笠」(戸畑区役所総務企画課発行 2017年度パンフレット)

戸畑祇園大山笠競演の様子

2017年7月22日(土)午後6時から、戸畑区役所前の浅生1号公園で、ユネスコ無形文化遺産に登録が叶って初めての競演会が行われました。中央の特設ステージ前で、伊勢神宮、出雲大社、宇佐神宮から御祝いの演目が披露され、開会式の後、幟山笠が運行されました。

そして、夕陽が沈んで辺りが暗くなり始めた午後7時ごろいよいよ競演開始です。三角形の競演会場を囲むように4基の幟山笠が位置につきました。小若山笠は競演会場脇の道路で行うようです。格調高く優美な幟山笠から飾り物をすべて取り外し、台座の上に高さ4メートルの4本の柱が固定され、司会者の発声とともに競演がスタートしました。

最初に、固定された柱の上に、5段57個の提灯をつけた高さ約3メートルの角錐型の先端部を一気に担ぎ上げる「五段上げ」を行います。
提灯大山笠の組み立て競演㈰・4本の柱が立てられたところ

提灯大山笠の組み立て競演㈪・「五段上げ」開始0032

長い棒を使って何人かで上げるのです。台座の柱に乗っている人も、長い棒で「五段の提灯先端部」を持ち上げる人も、観衆も息を呑む瞬間です。提灯にはろうそくの火がともっています。傾けば提灯に火が燃え移ります。持ち上げる人々の息が合わなければたちまち角錐型の先端部はひっくり返ってしまいます。
提灯大山笠組み立て競演㈫・「五段上げ」したところ0034

柱の上で受け取る人もバランスをくずせば山笠から落ちてしまいます。手に汗を握る瞬間です。

提灯大山笠の組み立て競演㈬・六段以下が付けられていくところ0036

無事に先端部が取り付けられると、6段目、7段目というように順次12段目まで手際よくみるみるうちに提灯が取り付けられていきます。

提灯大山笠の組み立て競演㈭・七段以下が付けられていくところ0038

十段目が取り付けられ、あともう一息です。
提灯大山笠の組み立て競演㈮・十段目が取り付けられ、あともう一息0041

あちこちで「わぁー!」と歓声が上がり、拍手がわき起こりました。どの山笠が一番早く変身したのか私にはわかりませんでした。それくらいわずかの差だったと思います。8基の提灯山笠が完成しました。夜の闇にピラミッド型の提灯山笠が煌々としています。
提灯大山笠の組み立て競演㈯・12段提灯取り付け完成!0046

再び司会者の発声で、山笠が動き出しました。

動き始めた提灯大山笠0061

大山笠は、高さ10メートル、重さ2.5トンもあります。それを車も付けずに、約80人のかきこ(担ぎ手)で小走りに、三角形の会場をぐるぐる何周も回るのです。これが二つめの見せ場です。

走る提灯大山笠0055

台座の上では囃子方が鉦や太鼓で「おおたろう囃子」を奏でます。そのリズムに合わせて、かきこの男達の「ヨイトサ、ヨイトサ」のかけ声が響きます。その光景は、美しく、勇壮でした。
私は、かきこたちの小走りの足の運びに惹かれました。密集状態でよくあれだけ足並みをそろえられるものだなあと何度も感心しました。一人でもつまずいたり、ころんだりしたら山笠全体のバランスが崩れます。ハラハラドキドキしながら観ていました。

大人たちが担ぐ大山笠に混じって、少し小さめの山笠が通りました。中学生たちだけで担ぐ小若山笠です。

走る小若山笠0058

懸命に担いで、小走りに通っていく姿はなんとも初々しく、胸が熱くなりました。山笠の伝統を伝える世話役さんたちと自治会やPTAが協力して、放課後や休日に練習を重ねてこの日に臨むそうです。
それぞれの地域の大山笠にお供して3日間のお祭り行事に参加するそうです。こうして後継者を育てていくのですね。

そして、三つ目の見せ場、クライマックスは、大山笠4基による自由競争です。それまでは順番通りに回っていたのですが、自由競争では、前の山笠を追い抜いてもいいのです。ですから当然スピードを上げて回ります。しかし、バランスが少しでもくずれると山笠が傾きます。それを立て直している間に、後ろの山笠が追い抜こうとします。横に2基の大山笠が並びました。傾く山笠に「ガンバレ!ガンバレ!」と観覧席から声援が上がります。追い抜こうとする山笠にも「ガンバレ!ガンバレ!」と声が上がります。それぞれの地域から出ていますから応援する山笠があるのでしょう。かきこはもちろん必死です。観衆も大興奮です。
提灯の中はろうそくの火ですから提灯に燃え移ることもあります。その時は、山方が燃える提灯をたたき落として消すのです。危険と隣り合わせのなんとも熱く、豪快なお祭りです。

戸畑祇園大山笠の歴史

飛幡八幡宮(東大山笠・西大山笠の御宿)・社殿0116

戸畑祇園大山笠が始まったのは、江戸時代後期の享和3年(1803年)といいます。214年前になりますね。その前年、村内に疫病がはやり、人々が苦しんでいたので、有志が相談して、飛幡八幡宮の御祭神の一つである須賀大神に疫病退散、平癒大祈願をかけました。すると疫病が治まったので、翌年7月に山笠を作り、村人も協力して祝ったと飛幡八幡宮の記録にあるそうです。

須賀大神は、神話の須佐之男命(すさのおのみこと)のことです。仏教の祇園精舎の守護神である牛頭天王(ごずてんのう)と習合し、疫病退散・厄除けの神として民衆の信仰を集めました。

まだ人口も少ない戸畑の村で、大規模な提灯山笠と豪華な幟山笠を作って、疫病平癒を叶えてくれた須賀大神に感謝したのです。

戸畑祇園・幟山笠の幟・パンフレットより7255出典:「戸畑祇園大山笠」(戸畑区役所総務企画課発行 2017年度パンフレット)

日清戦争(1894年〜1895年)以後の10年間と、日中戦争・太平洋戦争(1937年〜1945年)が終わるまでは中止されましたが、1947年から再開されました。
1954年に、東大山笠・西大山笠・天籟寺大山笠の3基で、第1回大山笠競演会が行われ、1956年には中原大山笠も参加して今日のように4基が競う競演会となりました。
1953年から将来の文化財指定を目指して、教育委員会を中心に、歴史や資料調査が始まります。1957年には大山笠の行事が福岡県無形文化財に、匂欄・水引・切幕・見送り一式が福岡県有形民俗文化財に指定されました。1980年には戸畑祇園大山笠行事が国の重要無形民俗文化財に指定されました。そして、2016年、全国33の「山・鉾・屋台行事」の一つとして、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。63年越しの悲願がついに叶ったのです。

祭りの準備と戸畑祇園大山笠一連の行事について

西大山笠

祭りの準備は、6月中旬〜7月初旬にかけて、山笠の御宿となる飛幡八幡宮・恵美須神社(祭りの時だけ西大山笠の作業場となります)・中原八幡宮・菅原神社でそれぞれ「宿開き」が行われ、神官によるお祓いの後、当年の役員紹介が発表されると、いよいよ本格的に始まります。

こちらは菅原神社です。

菅原神社(天籟寺大山笠の御宿)・三の鳥居より社殿を望む0090

祭りに使われる道具一式を出し、点検修理などが行われます。そして、山笠台の組み立てに使う藤葛を山で採取し、数本束ねて締める「もじねり」を行います。

戸畑祇園・もじねり・パンフレットより7262出典:「戸畑祇園大山笠」(戸畑区役所総務企画課発行 2017年度パンフレット)

祭り巡行に先立ち、道筋を祓い清めて回る「獅子舞」が、それぞれの地区で行われます。その他、幟山笠の飾りに使う「てまりこ」や御幣、「前花」の菊花などの準備が進められます。

戸畑祇園・獅子舞・パンフレットより7263出典:「戸畑祇園大山笠」(戸畑区役所総務企画課発行 2017年度パンフレット)

戸畑祇園大山笠一連の行事は、7月第4土曜日を挟んだ3日間にわたって行われます。初日の7月21日(金)夕刻、大山笠に御霊移しのために宮入りする「大上り」を行ったり、前夜祭として、神事の後、地域を運行したりします。それぞれの山笠によって異なります。

競演会がある中日の7月22日(土)は、幟山笠の飾り付け、神社より山笠への御霊移しの神事、お汐井汲みの場で神官より幟山笠や関係者にお汐井をかけてお祓いをする「お汐井汲み」の行事などが行われます。

戸畑祇園・お汐井汲み・パンフレットより7258出典:「戸畑祇園大山笠」(戸畑区役所総務企画課発行 2017年度パンフレット)

その後競演会場で演じます。競演会を終えた後、それぞれの御宿に戻ります。

最終日の7月23日(日)は、各地区で幟山笠を運行したり、夜は提灯大山笠と提灯小若山笠と競演したりした後、かきこの肩についた狐を落とす「狐落とし行事」を行って終了となります。この日もそれぞれの地区で異なる行事を行います。
午後10時30ごろ、神社に向かう上り坂を、かきこたちが最後の力をふりしぼって提灯大山笠を担ぐ「大上り」は圧巻だといいます。

この他、小学生以下の子どもたちが街中を曳いて回る幟山や人形飾り山もあるそうです。お祭りの雰囲気を盛り上げるのに重要なお囃子の担い手を育成するために、小学生の子どもたちによる「戸畑祇園ばやし研究競演会」が1週間前に行われ、子どもたちは「おおたろう囃子」を披露します。

このように戸畑祇園大山笠は、子どもから大人まで、地域の人々が協力し、7月下旬の競演会をはさむ3日間のために、1年がかりで準備し、次代の担い手をしっかりと育てているお祭りといえるでしょう。

まとめ

「戸畑祇園大山笠はユネスコにも登録されたお祭り!」はいかがでしたでしょうか。
私は、競演会の当日、友人と午後6時ごろに競演会場に着きました。戸畑区役所の敷地に階段状の観覧席が設けられ、特設ステージの横にはイス席が設けられていました。それら有料席のほかに、道路沿いに早くも多くの人々がシートなどを敷いて競演が始まるのを待っていました。

競演会終了後もあちこちで、それぞれの御宿に戻りながら提灯大山笠を担いで練り歩き、「ヨイトサ、ヨイトサ」のかけ声が響いていました。

驚きはそれだけではありませんでした。翌日、知人に、天籟寺大山笠の御宿である菅原神社に案内していただきました。なんとその途中で、天籟寺の幟山笠と行き会ったのです。競演会当日だけでも、36度の酷暑の中、関係者は早朝から一日中行事を行い、競演会の2時間余りに全エネルギーを出していらっしゃいました。それなのに、その翌日も朝から地域を練り歩いていらっしゃいます。これほどのエネルギーはどこからくるのだろうかとあっけに取られました。

祭りとは、神様の日頃のご守護に対し、神様を慰撫し、感謝の気持ちを表す行事であろうと思います。しかし、また、地域の人々にとっては、全エネルギーを捧げることによって、新たなエネルギーを授けていただける、それが祭りなのではないかという思いを強くした戸畑祇園大山笠のお祭りでした。
メインイベントの競演会を中心にして、その前後に行われる一連の行事がユネスコ無形文化遺産登録に認められたのも当然だとうなずけました。

戸畑祇園大山笠・記念の扇表裏
こちらは、ユネスコ登録記念に、戸畑祇園大山笠振興会が作成された扇です。お祭りの当日2000円で販売されていました。地域の皆さんの喜びが伝わってきます。

2017年度は終わりましたが、来年パワーをいただきに訪れてはいかがでしょうか。

香椎宮
福岡のパワースポットは強力!おすすめ5つの神社 神様が生まれた場所がある九州、その中でも賑わう都市が福岡です。 観光スポットとしても有名な福岡は、神社もたくさんあるんですよ。...
全国おすすめスポット
【全国おすすめスポット】国内の絶景や素晴らしい場所まとめ一覧 日本全国には有名な観光名所だけでなく、ひっそりと佇む絶景や癒される素敵なおすすめスポットがたくさんありますのでまとめてみまし...
復縁
『半年間、音信不通だった彼が…』ブロック解除→運命の復縁!37歳独身・崖っぷちの私にまさかの復縁? 長年付き合った彼と 30代後半で痛恨のお別れ。 「なんで、聞き分けの良い振りをしちゃったんだろう・・・」 まだこん...

飲むだけ簡単!! 『脂肪便がスッキリ』1ヶ月で-10kg⁉飲む腸活スゴすぎ..[PR]

《的中率97%!神秘のタロット診断 無料体験企画》

タロット占い+誕生日と血液型から導き出される
『神秘のタロット診断』をご存知ですか?

直感で選んだタロットカードから、あなたに待ち受ける
運命を的確に鑑定できる全く新しいタロット占いです。

今回は特別にプロ鑑定師からの1000文字を超える
細かい鑑定結果メッセージも全員無料でお送り致します。

97%の的中率!運命を知りたい・変えたい方は
特別企画『初回無料体験』を是非お試しください!

ABOUT ME
Written by ゆうこ
Written by ゆうこ
卯年、山羊座。元国語教師。趣味は、温泉旅行や食べること。百人一首競技かるたは選手&読手A級。お寺や神社に立つと、幾度もの興亡が繰り返され、再建・再生され、長年月維持し、受け継いできた無数の無名の人々がいたことを思わずにいられません。そういう人々の思いを少しでも伝えられたらと思っています。 共著書:『新渡戸稲造の至言』(新渡戸基金発行)

POSTED COMMENT

  1. アバター 鈴木政雄 より:

    九州でこのような大きな祭りがあり、しかもユネスコに登録されているとは知りませんでした。
    提灯、のぼり等で大きなだしすごい迫力でしょうね、写真でも想像できます。又学生たちも参加しているとはすばらしいですね、次世代に繋がっていくでしょう。いろいろな情報もあり良い記事でした。有難う

    • spbreath spbreath より:

      ご訪問ありがとうございます。本当にこのお祭りはユニークで美しく、勇ましいお祭りです。中学生だけで担ぐ山笠はなんとも初々しく、胸がキュンとなりました。高校生以上は大人と一緒に担ぐようです。来年も7月第4土曜日が競演会だと思いますので、是非お出かけください。一見の価値がありますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)