友達が少ないと思った時に読みたい自分らしくなれる5つのポイント

友達が少ないと思った時に読みたい自分らしくなれる5つのポイント

自分には友達が少ない。そういう思いを抱いたことはありませんか?誰かと会話したときや何らかの作品に触れたときふと自分の事を見返したとき、普段は何でもない事なのに急に気になることが人にはあります。そうした急に気になることの一つに人間関係についての事で自分には友達が少ないのでは?と思ったことはありませんか?


スポンサーリンク


友達が少ないと思ったときに考えて欲しい5つのポイント

友達と言うものの定義は誰が決めますか?その数が多い少ないは誰が決めることですか?その答えは自分以外ではありえません。人間関係の根幹でもある友達を決める基準も、多い少ないを判断する基準も結局は自分次第なのです。今回はそんな友達が少ないと思ったときに考えて欲しい5つのポイントを紹介します。

①あなたにとっての友達の定義

最初に友達が少ないと思った時に考えてみて欲しいポイントはこれです。あなたにとって友達とはどういう人を指しますか?例えばある人は職場の同僚やクラスメートを友達だと表現します。そんな基準を友達としている人の友達が少ないはずはありません。しかしまたある人は自分がどんな苦労をしてでも力になってあげたい人こそ友達だ。としていたとします。この場合友達が少なくないという人の方がおかしいでしょう。上司や部下のように社会的に定義がはっきりしたものでもなく、妻や親、子供のように法律や血のつながりなどの確固たる証を必要とするものでもないのが友達と言う関係であり、その定義と言うものは人それぞれです。多い少ないを考える前にまず自分にとって友達と言うのはどういう人を指しているのかを考えてみて下さい。

②少ないとは何を基準にした判断なのか?

次はそもそも友達が少ないという事の「少ない」とした基準について考えてみて下さい。少ないとは一体何と比べた結果なのでしょうか?漫画やアニメの主人公?あるいはとても交友関係が広いとされる芸能人?知り合いの友人が多いと言われている人?しかし何かと比べて多い少ないという事が言えるのは明確な基準があるか、明確な目標に対する必要性での判断が出来るときのみになります。そもそも友達の定義が人によって変わるのですから明確な友達が多い少ないの基準などあるはずがありません。明確な目標に対する必要性と考えた場合確かにパーティーを開こうとしたときに一人二人では淋しいかもしれませんし、企業を友達と呼べる人たちだけで立ち上げようとしたら20人でも少ないでしょう。そう考えたらあなたが友達が少ないと思った時は何か明確な目標がある時だったでしょうか?友達がいないではなく「少ない」という事は一人はいると言うことでもあります。そんな既にいる自分の友達の人数が一体何をするのに置いて少ないと思ったのか考えてみて下さい。


スポンサーリンク


③そう考えているのは自分だけではないか?

何か問題が起こったときに助けを求め力になってくれる人は驚くほどに少なかった。自分だけが友達が多いと思っていた。という事を聞いた事はあると思いますが、その逆だってありえるのです。友達としての基準が「連絡先を知っているのは当たり前、そこそこ顔を合わせて仲良く会話してもまだ知り合い。お互いに自分からあってたまには話がしたいと思わなければ友達ではない」としていたとしたら中々友達が少なくなるのは当たり前でしょう。しかしもっと初期の段階、例えば「連絡先を知っていたら友達」と言う人からしたらあなたからしたら友達でなくても相手からしたらあなたは友達なのです。「仲良く会話する事があるぐらい」となってきたら結構な人がその人を友達だと思うものです。あなたが「友達が少ない」と思ったとしても第三者や相手からしたら全くそうは思われていないかもしれませんよ?

④友達が少ないのは悪い事なのか?

友達が自分には少ないと思った時は大体ネガティブな気持ちになっている事が多いです。社交性の問題、コミュニケーション能力の問題、世間体の問題など確かに友達が少ないという事は社会で生きる上で必要な能力が足りていないと判断されることもあります。しかしそうした能力が本当にないイコール友達が少ないと言う結論は乱暴すぎます。社交性に長け、コミュニケーション能力が高くとも「知り合いや顔見知りは多いが、友達が少ない」と言う人だって決して少なくはありませんし、誰に何を言われたからと自分にとって必要であると思えた人だけが友達としているのであればそれの何が問題なのでしょう?客観的に人に友達が多いかどうかを判断できるのは言ってしまえば自分の事を理解できるだけの人。適当に友達少ないんじゃない?友達が少ないなんて寂しいことだ。なんて言ってくる友達でもない人から何を言われたところでそれを気にする必要なんてはっきり言って全くないです。

⑤友達の数は人生の幸せに影響を与えない

最後に考えて欲しいことはこれ。友達の数が多いかどうかは人間の人生に影響を与えることかもしれませんが幸せかどうかに影響を与えることではありません。友達が多くとも結構な年齢まで独身であり悲しい思いをする人も、友達の多さによる交友関係の維持で家庭が崩壊した人もいます。あなたが最もしたいこと、又は幸せだと思えることに多くの友達は必要ですか?日本人はどうにも「皆がそうだから、皆が言うから」という事に拘り過ぎる所があります。友達が少なかろうと遠くにいて、普段顔を合わせることがなくとも連絡をとったり合ったりする友達が一人いたら幸せではありませんか?もし仮に友達がいなくとも自分を支えてくれる家族がいたら幸せではありませんか?もしかしたら知り合い程度の付き合いをする人が多いほうが気が楽だったりしませんか?友達が少ないと思ったとしてもそれが自分らしい幸せに関係なければどうでも良いことかもしれませんよ?


友達が少ないのは良くない事だと半ば日本人は洗脳されている訳ですがこうして考えてみると自分にとっての友達のあり方、自分が求める幸せの形を考えてみると意外と友達の多い少ないはたいした事ではないのです。ふと不安に駆られたときは自分にとって何が大切か考えてみて下さいませ。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い 廃墟

    2017.10.18

  2. 夢占い ギャンブル
  3. 夢占い はしご
  4. エンジェルナンバー 222
  5. 寝ながら 瞑想

スポンサーリンク