開運

【疲れない考え方】で楽に生きる!8つのパターンと開運アドバイス

疲れない,考え方
考え過ぎる傾向がある人は、ストレスを抱えやすくなり人よりも疲れてしまうことが多くあります。考え過ぎるのも自分が納得するまで考えるという場合と、他人の目を気にし過ぎて考え過ぎるなどさまざまな理由があります。疲れない考え方で楽に生きる!8つのパターンと開運アドバイスについてご紹介します。







未来や過去の疲れ

過去のことに囚われ過ぎたり、未来のことを考えて不安や心配になったりすると精神的に疲れてしまいます。過去は過去と割り切ることも時には大切。すんだことは変えられませんが、捉え方は変えることができます。否定的な思いを引きずるのではなく、ポジティブな側面に目を向けてみましょう。また、やってきていない未来に不安を抱いても、現実ではないということに気付きましょう。未来のポジティブな質に目を向けていきましょう。

完璧主義の疲れ

完璧主義者は責任感が強く、常にベストな状態を求める傾向があります。自信をもっていて自意識過剰な一面もあります。どれだけ完璧主義な人でもミスをすることはあります。また完璧主義な人ほどミスをすることが受け入れられず、許せません。完璧主義の人はポジティブな質ではなく、ネガティブな質に目がいきがちです。90%うまくいっていても、10%の過ちがあると許せなくなってしまうでしょう。

どんな状況でも、中途半端や妥協が許せないことから、融通が利かない一面があります。また他人にも完璧を求め過ぎてしまう傾向があり、人間関係で歪みがでてくる可能性もあります。失敗すること、ミスをすることを受け入れて許していきましょう。「まっ、いいか」と思うことで、気持ちも少し緩んでくるでしょう。

常に考えてしまう疲れ

グルグルと同じことばかり考え過ぎてしまう傾向の人は、思考し過ぎて疲れてしまいます。また、失敗することを極端に嫌がる人は、考え過ぎてしまう傾向があります。一度でうまくいきたいという思いが強く、失敗することを受け入れられません。失敗しても、軌道修正してやり直すことを想定できるといいのかもしれません。考え過ぎる時は、一度環境を変えてリフレッシュしてみましょう。

優柔不断の疲れ

行動する前にいろいろと考え過ぎてしまいなかなか決められない人、自分の答えに自信がない人は優柔不断になりがちです。気持ちが動き迷いやすいので、エネルギーの無駄遣いになり疲れてしまうでしょう。直感で行動できるように、直感を信頼してみましょう。

人と比べる疲れ

周囲の人の評価を気にしたり、人と比べたりする傾向がある人は、物事に集中できずに周囲の目線を常に気にしている状態です。本来使わなくてもよい余計なエネルギーを使っているので疲れてしまうでしょう。どのようにすれば評価されるのか、自分がよく思われるにはどう立ち振る舞うといいのか・・・などの他人目線になってしまいます。

嫌なことをやる疲れ

「嫌だ」と思いながらやっていると、ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいる状態。嫌だと思う原因と向き合ってみましょう。人間関係にストレスを感じているのか?やりがいを感じなくなったのか?頑張っても結果に結びついていないと感じて嫌になってきているのか?などさまざまな理由があるでしょう。人は嫌々やると疲れを感じることが多くなるので、嫌と思うことの原因と向き合い、根本的な解決をしていきましょう。

人間関係の疲れ

人間関係の疲れによって退職したり、離婚したり、決別したりするくらい人との関係でのストレスを抱えると疲れてしまいます。人との関係で疲れている原因と向き合ってみましょう。友人関係や恋人など毎日会わなくてすむ人間関係は、比較的簡単に解消できる関係でもあります。疲れたなと感じたら、少し距離を置いてみるのもよいでしょう。

ただ、職場などの人間関係では関わりたくなくても関わらないと仕事が進められません。大好きな仕事でも人間関係に疲れると、仕事をやめたいと考えることもあるでしょう。人間関係でストレスが多くなってきたら、よい環境にいくことを考えてもいいかもしれません。

また家族内の人間関係は、同じ住まいにいると関わることが多くなります。とことん自分自身と向き合って、どういうことに疲れているのかをノートに書きだしてみましょう。自分の反応パターンに気付いていくことも大切です。

相手のネガティブな感情を受け取って疲れていることもあります。ネガティブな言葉ばかり言う人や、不平不満、嫌味、皮肉などを言う人はストレスを抱えていて発散していることが多くあります。影響を受けないためにも、距離を置きましょう。

期待する疲れ

期待が大きければ大きいほど、期待から外れると残念な気持ちが強くなります。未来に対して期待して頑張るのは前向きな期待ですが、他人に対して必要以上に期待し過ぎると、裏切られたときのダメージも大きくなります。期待は待ちの状態になります。期待した通りに事が運ばないと、イライラしたり、悲しくなったりとネガティブな感情が渦巻き疲れてしまうでしょう。また期待した相手に辛い思いをさせる可能性があります。期待する気持ちを手放していきましょう。

まとめ

どんなことも行き過ぎるとストレスを感じてしまいます。また長年の癖でストレスを感じているかどうか分からない人もいるでしょう。人生を楽しく幸せに生きるためにも、自分の癖に気付き、ストレスを感じることが多くなっているのであれば環境を見直してみましょう。

ABOUT ME
Written By 天愛来(ティアラ)
23年以上の経験と知識を活かし『カウンセリング&セミナー講師』にて活動中。風水・ヌメロロジー・心理学・ヒプノセラピー・霊気など資格取得。スピリチュアル分野である西洋占星術・アロマテラピー・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタルヒーリングで心豊かになれるようにさまざまなアプローチを通して気付き&癒し、知識を提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)