開運

月待ちの意味や由来|十三夜・十四夜・十五夜塔など菩薩様の種類とは?

月待ち
「月待ち(つきまち)」とは、月の出を待つ信仰行事です。月は、29.5日周期のサイクルで姿を変化させていきます。旧暦9月13日の十三夜、十四夜、十五夜など、特定の月齢の夜に集まります。月の出を待つから、月待ちと言われます。月待ちの意味や由来、十三夜塔・十四夜塔・十五夜塔、菩薩様の種類などについてもご紹介します。







月待ちとは?

月待ちは特定の「月齢」の夜に集い、飲食を共にして月が出るのを待つ行事です。「月齢」とは、月の満ち欠けの状態を知るための目安になる数字です。新月から何日経過したかを示したものです。新月は月齢0日目、十三夜は月齢12日目、十五夜は月齢15日目にあたり満月になります。月の満ち欠けの流れを味わいます。

月待ちの「待ち」は月を「祀る」という意味になります。三日月、十三夜、十六夜、十七夜、十九夜、二十二夜、二十三夜、二十六夜などの月待ちがあります。月待ちは、江戸時代中期から後期にかけて多く行われていました。

月待ち信仰について

月待ち信仰とは、民間信仰で決まった月齢の夜に集まり、月の出を拝みます。二十三夜行は、月待ち信仰の中でも大切にされています。

月待塔の意味や菩薩様

月待塔(つきまちとう)とは、供養の記念として建てられたものです。月待ち信仰塔(つきまちしんことう)とも呼ばれます。特定の月齢の夜に集まりますが、お経を唱え月を拝み、悪霊を追い払うという宗教行事です。それぞれの月待塔についてご紹介します。

十三夜塔

旧暦9月13日の十三夜に行う、月待ちの記念として造立した塔のことです。十三夜は虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)が本尊として祀られています。十三夜は、栗や豆が収穫できる時期ということで、別名「豆名月(まめめいげつ)」「栗名月(くりめいげつ)」「後(のち)の月」と呼ばれています。お供えとして、栗や豆を神棚などにお供えすることから命名されています。

十五夜塔

旧暦8月15日の十五夜に行う、月待ちの記念に造立された塔です。十五夜は大日如来(だいにちにょらい) 、観音菩薩(かんのんぼさつ)を本尊として祀っています。十五夜は「中秋の名月」と呼ばれ、お月見団子をお供えしてお月見をする風習が生まれました。お月見団子は、豊作祈願と収穫への感謝をする意味があります。

十六夜塔

旧暦16日の月待ちの記念として、造立された塔です。阿弥陀如来(あみだにょらい)や地蔵菩薩(じぞうぼさつ)などを本尊として祀っています。満月を過ぎたことから「既望(きぼう)」とも呼ばれています。

十七夜塔

旧暦8月17日の十七夜に行う、月待ちの記念として造立された塔です。観音様を本尊として祀っています。如意輪観音(にょいりんかんのん)が本尊として祀られています。「立待月(たちまちづき)」と呼ばれ、月が出るまで立って待つという意味があります。

十八夜塔

正月、5月、9月、11月の旧暦18日に餅をついて月に供える記念として造立された塔です。如意輪観音(にょいりんかんのん)を本尊として祀っています。「居待月(いまちづき)」とも呼ばれますが、立って待つには長すぎるので、じっくり座って待つという意味があります。

十九夜塔

旧暦19日の月待ちの記念として造立された塔です。如意輪観音を本尊として祀っています。十九夜は「寝待月(ねまちづき)」と呼ばれ、月が出るのが遅いので横になって寝て待つという意味があります。

二十夜塔

旧暦20日の月待ちの記念として造立された塔です。聖観音(しょうかんのん)、如意輪観音を本尊として祀っています。

二十一夜塔

旧暦21日の月待ちの記念として造立された塔です。如意輪観音を本尊として祀っています。

二十二夜塔

旧暦22日の月待ちの記念として造立された塔です。如意輪観音を本尊として祀っています。

二十三夜塔

旧暦23日の月待ちの記念として造立された塔です。二十三夜は勢至菩薩(せいしぼさつ)を本尊として祀っています。勢至菩薩は智慧(ちえ)の光をもち、あらゆるものを照らし、すべての苦しみを離れ、衆生に限りない力を得させると言われています。月は勢至菩薩の化身であると信じられていたので、二十三夜塔が最も一般的で全国に広まりました。二十三夜は、満月から新月に向かう「下弦の月(かげんのつき)」です。

二十六夜塔

旧暦26日の月待ちの記念として造立された塔です。月待ちを行うのは正月26日、7月26日、毎月26日など、地方によって異なります。愛染明王(あいぜんみょうおう)を本尊として祀っています。二十六夜は「有明の月(ありあけのつき)」と呼ばれ、夜明けの空に昇る月という意味です。逆三日月になります。

まとめ

月は古代から信仰の対象ですが、江戸時代中期から月の出を待って、これを拝むという月待ちが広がりました。「中秋の名月」とも呼ばれる十五夜は、その年の収穫などに感謝をするという伝統行事でもあります。月のパワーを感じながら、ゆっくりと過ごすのも良いかもしれません。




ABOUT ME
Written by 天愛来(ティアラ)
23年以上の経験と知識を活かし『カウンセリング&セミナー講師』にて活動中。風水・ヌメロロジー・心理学・ヒプノセラピー・霊気など資格取得。スピリチュアル分野である西洋占星術・アロマテラピー・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタルヒーリングで心豊かになれるようにさまざまなアプローチを通して気付き&癒し、知識を提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)