スピリチュアル

【チャクラの色】の意味とは?場所や役割を知って開運しよう!

チャクラ,色
インドの伝統的な考え方であるチャクラは、サンスクリット語で「車輪」という意味を持つエネルギーセンサーのことです。人間には基底部から登頂部まで7つのチャクラが備わっていて、体全体を帯状に包み込んでいます。

チャクラにはそれぞれに対応する色があります。健康を保つためには自分の足りない色を活性化し、過剰な色を加減することが大切です。

この記事では【チャクラの色】について詳しく解説するので、体のバランスが崩れた時の参考にしてみてください。







チャクラとは

チャクラとはインドの伝統的な考え方で、ヨガの哲学としても知られています。

人の体にはエネルギーセンサーであるチャクラがあり、それぞれが車輪のように上手く回ることで心身ともに健康な状態であるという思想です。チャクラは基底部から頭頂部まで7つあり、それぞれに役割を持っています。またチャクラには対応する色があるのも特徴です。自分の活性化していないチャクラの色を活用することで、心身ともに健康を取り戻すことができるでしょう。

チャクラの色の意味について

【第1チャクラ】

第1チャクラは足や生殖器がある基底部に位置し、グラウンディング(地に足をつける)のエネルギーを表しています。第1チャクラを活性化することで、生きるための基盤を作ることができるのです。

第1チャクラに対応する色は赤です。赤は生命力や行動力を意味しています。肉体を使い、自分の意思でお金を稼ぎ、生きるための基盤を作ることができるでしょう。生殖器の色でもあり、欲求にも関わります。赤のエネルギーを使うことで家族を作り、生活の基礎をしっかりと築くことができるようになるのです。

【第2チャクラ】

第2チャクラは下腹部に位置し、人との交流を意味しています。第2チャクラを活性化することで人と関わり、力強く前向きに行動をすることができるでしょう。

第2チャクラに対応する色はオレンジです。オレンジは社交性や前向きな気持ちを表しています。多くの人との関わりを通して楽しみを見つけ、人と共存する大切さを知ることになるのです。自分の度量を知り、向上心を持って生きていくことができます。また多くの人との関わりの中で幸福感を感じることができるようにもなります。

【第3チャクラ】

第3チャクラは胃やみぞおちのあたりに位置します。自分の芯をしっかりと持つことを意味するチャクラです。第3チャクラを活性化させることで個性を持ち、自分をアピールすることができるようになります。

第3チャクラに対応する色は黄色です。黄色は個人や知識を意味しています。自分の芯を持ち、個性を出すことで輝くことができるようになるでしょう。自分と他人の違いを知ってお互いを尊重し、認め合うことができるのです。神経の色でもあるのでアイデアを生み出し、クリエイティブな能力を発揮することもできます。

【第4チャクラ】

第4チャクラは肺や心臓のあたりに位置し、ハートを表すチャクラです。相手に思いやりを持ち、調和することを意味しています。大きく深呼吸をすることでリラックスして、ありのままの自分で生きられるようにもなるでしょう。

第4チャクラに対応する色は緑です。緑はバランスや協調、調和を意味します。人とのバランスを保ち、思いやりを持って接することができるように助けてくれます。またリラックスや癒しを感じる色でもあります。リラックスすることでストレスを解消し、ありのままの自分を大切にすることもできるでしょう。

【第5チャクラ】

第5チャクラはのどの部分に位置しています。声に出して自分の考えを伝え、相手とコミュニケーションをとることを意味しています。話すことに関係のある場所です。言いたいことが言えない人は、第5チャクラが活性化していない可能性があります。

第5チャクラに対応する色は青です。青は信頼やコミュニケーションを意味し、相手と理解し合うことを表します。平和や自由を大切にし、穏やかな気持ちで人と接することに役立つ色です。また自分の内側に向かう色でもあります。自分自身の内面を掘り下げることで、精神的に成長をすることができるようになるでしょう。

【第6チャクラ】

第6チャクラは眉間や額に位置します。第三の目とも呼ばれる松果体がある場所です。自分の直感を信じ、自分の存在価値を追求していくことを意味しています。

第6チャクラに対応する色はロイヤルブルーです。第6感を使い、インスピレーションを働かせる手助けをします。自分自身の内側について深く考え、生きていく意味を見つけることができるでしょう。潜在能力に気が付いたり、集中力を増してくれたりする色でもあります。内側に入り込みすぎると孤独を感じることにもなるので気をつけましょう。

【第7チャクラ】

第7チャクラは頭頂部に位置します。精神的に成長をし、生きる目標を達成することに関わる場所です。第1チャクラから第6チャクラの成長を経て、最終地点に立つことも意味しています。

第7チャクラに対応する色は紫です。精神的に成長をし、人に奉仕の心を持つことができます。陰陽のバランスが整った包括的な思考をすることもできるでしょう。見えない世界を受け入れることができる、心の豊かさも持てるようになります。想像力や感性を高めるので、芸術的な才能を発揮することにも役立ちます。

まとめ

古くからの教えであるチャクラを知ることは、人生を豊かに生きていくための知恵です。

自分の活性化していないチャクラや、過剰になっているチャクラの色を活用し、心身ともに健康で充実した人生を送るようにしましょう。自分の存在意義を見つけ、夢を実現することにもつながります。

▶︎【人にまつわるスピリチュアル】癒しで幸せを感じるヒント一覧はこちら

ABOUT ME
Written by 【LOTUS COLOR】鈴木 里彩
【カラーセラピスト、数秘セラピスト】『個性を活かして自分らしく』をテーマに、カラーセラピーや数秘とカラーを組み合わせた数秘カラー診断セッションをしています。多数のイベント出店や結婚相談所や企業、親子向けの色彩講座も行っています。 https://lotuscolor.amebaownd.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)