ライフ

人生を1歩踏み出せる!チャップリン5つの名言

人生を1歩踏み出せる!チャップリン5つの名言

知らない人を探す方が難しいとも言えるチャップリンと言う人物をご存知でしょうか?

数々の傑作コメディ映画を作り上げ、「喜劇王」の異名をもつこのチャップリン、実はユーモアの下に激しい闘争心を隠した人物です。

そんなチャールズ・チャップリンのことが分かるような名言をご存知ですか?







思想だけがあって感情がなければ、人間性は失われてしまう。

最初に紹介するチャップリンの名言はこれです。

思想だけがあって感情がなければ、人間性は失われてしまう。

一見すると彼のコメディアンとしての面からこの名言は楽しむことや感動することがメインに取られますが、そればかりではありません。

チャップリンは自らの映画の中でユーモアの陰に鋭い社会諷刺を入れたり、庶民の哀愁や怒り、涙までも描かれています。そうしたところに純粋に笑いのみを追求するこの時代の他のコメディアンとは一線を画す所があり、社会主義者としてアメリカを追われたほどの思想がチャップリンにはあった事が分かります。

その思想の原点とは平等ではない社会への批判と言う思想。チャップリンのこの名言はどれほど崇高な思想であろうと人間性を失ってしまったら達成なんて出来ないと。と考えていたであろう事が分かります。

そうしたことからこのチャップリンの名言、自分自身が思想だけでなく、その思想を持った時の感情を忘れないようにすることが、人間が何かをする上での力になるという事を教えてくれます

笑いとはすなわち反抗精神である。

次はとても直球な表現をしたこの名言を紹介します。

笑いとはすなわち反抗精神である。

この名言でチャップリンが言いたかったことはチャップリンの映画を見ると直ぐに理解できます。彼の映画がコメディーである所以は勿論、彼が主役を演じる「The Little Tramp(小さな放浪者)」が面白い事をするところにもあります。

しかしそれ以上にホームレスだが紳士としての威厳をもち、優雅な物腰と反骨精神でブルジョワと呼ばれる人々を茶化し、権力を振りかざす人たちを笑い飛ばした光景が「笑い」になることからそう評されています。

つまりチャップリンのこの名言、笑っている、あるいは笑ってやることが反抗精神の表れであり、怒ったり悲しんだりすることよりも相手に対して余程効果的な反抗の手段だと語っている事が分かります。

確かに喧嘩になりそうな時、相手の事を笑うことで始まることって多いですよね?笑っている事、笑ってやることが相手に対して反抗をすることに繋がるから「笑い」を取るのだとチャップリンはこの名言で語っています。

人に大切なのは、

次は少し長いチャップリンの名言をご紹介します。この名言はチャップリンがいかにして成功に漕ぎ着けたかを語ると同時に、人にはこうあって欲しいと語った名言だといえるでしょう。

この名言の全文はこうです。

「人に大切なのは、自信を持つことだ。私が孤児院にいたとき、腹をすかせて街をうろついて食いものをあさっていたときでも、自分では世界一の大役者ぐらいのつもりでいた。つまり勝ち気だったのだ。自信をなくしてしまったら人は終わってしまう。」

今の社会で「声の小さい日本人」として皮肉られる事があるほど自信のない成功者はいないと言えます。

この名言は成功したいと本気で願うのであれば自信を持ってどんな時でも胸を張れる行動を取ることだと教えてくれる名言です。何も持たずにスタートを切った人で成功した人に共通する自信と言うものをチャップリンも持ち続けていたことがこの名言から分かります。

私の苦痛が

続いても少々長めの名言をご紹介します。

このチャップリンの名言は彼のよく語られる完璧主義者であった面と、彼の闘争心に溢れた内面の二つを反映して生まれたものだと言えるでしょう。

そんな名言の全文は

「私の苦痛が誰かが笑うきっかけになるかもしれない。しかし、私の笑いが、誰かの苦痛のきっかけになることだけは絶対にあってはならない。」

と言うものです。

笑いこそが反抗精神とさえ言い切った彼の名言にして今度はまるでその笑いを否定するような名言ですが実際のところ少し違います。

ここでの「誰か」とは作品を見てくれる多くの人を指すもので「同じ人間」のことであり、彼が反抗精神をあらわにしていたものとは「人」ではなくて「不平等」や「不平等を生む思想」であったのです。

だからこそチャップリンは自分がしてることが誰かを苦痛にするという事はあって欲しくはないが、自分の苦痛が「不平等」や「不平等を生む思想」に対する反抗精神になることを良しとしたことがこの名言から分かります。自分の苦痛さえも武器になる、そう考えたら苦痛だって受け入れてやろうという気にはなりませんか?

人生は恐れなければとても素晴らしいものだ。

最後に次に紹介するこの名言はチャップリンが残したとされる最も有名な名言でしょう。

この名言の全文は

「人生は恐れなければとても素晴らしいものだ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。」

と言うもの。

実際問題人生を送るにはお金と言うものが必要ですが、チャップリンはこの名言で人生を素晴らしいものとするためにはお金以上に勇気と想像力が必要だと教えてくれます。

一般的にお金はほんの少しあればそれで良い。と言うような言葉でこの名言が使われている事があるようですが少し違うのです。確かにホームレスのようなどん底生活から世界有数のスーパースターまでの幅広い経済状態を知るチャップリンの言葉ですから「少しのお金」をそのままの意味で捉えてしまいそうです。

しかしそうではなくて、この名言が言いたいことは「生きるために最低限のお金さえあれば、勇気と想像力で人生を楽しめるようにだってなれる」と言う名言です。この名言は「どんな状態であろうとも生きてさえいれば変えていけるのだ」と言う彼の闘争心の高さを感じさせられます。

まとめ

チャップリンの内面にある闘争心の分かる名言5ついかがだったでしょうか?

チャップリンはその闘争心を持って戦う事をやめなかったことで成功したと言える人です。そしてその闘争心は「人」に向けたものではないと言うのも重要です。

厳しい経済状態でも諦めず私達も闘争心を忘れずに戦いチャップリンのように成功したいと思いませんか?

偉人 名言
【世界名言集】偉人から人生を学ぶ最高のヒントまとめ一覧 世界の偉人達の名言は、人生に悩んだ時に前に進めるヒントが沢山詰まっています。今回ご紹介するのは大きな功績を残した方たちの名言をまとめ...

飲むだけ簡単!! 『脂肪便がスッキリ』1ヶ月で-10kg⁉飲む腸活スゴすぎ..[PR]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)